« SOYSH | トップページ | 納豆餅と萬久カフェ »

「大豆飴」と「もろみの音」と花嫁のれん展

世の大型連休も今日が最終日。私は2年越しの願いを叶えるべく、石川県七尾市に行ってきました。

主たる目的は、年に1度(今年は4/29〜5/8)だけ七尾の一本杉通りで開催されている「花嫁のれん展」を観るためです。私が訪れた日、七尾は「青柏祭のデカ山」で盛り上がっていました。

Dscn0362
七尾でも、豆関係のいろいろをリサーチしました。

今年の花嫁のれん展ポスターにも使われたのれんのあるお菓子屋「花月」さんでは、大豆飴(まめあめ)を買い求めました。

Dscn0381_2

Dscn0477_3

Dscn0487_2

Dscn0486緑の箱には、緑色の平べったい大豆飴が6枚入っていました。

食べると、きな粉のような味がします。
名前には飴と付いていますが、やわらかいです。

「MAMEAME」と書かれた下の箱には、茶色く細長い大豆飴が4本入っていました。やわらかくて直に持つと手にくっ付きます。はったい粉のお菓子と似たような味に感じました。砕いた大豆のザラザラとする舌ざわりがおもしろいです。
茶色い大豆飴は、前田利家が豊臣秀吉に献上したものの復刻版だそうです。ということは、400年くらい続く豆菓子なのですね!!

どちらもポータブル箱入りで250円でした。


Dscn0374
この花嫁のれんが掛けられていた鳥居醤油店では「もろみの音」というジェラートが販売されていました。ひとつ、確か250円だったような‥‥

Img_1137_2
お醤油屋さんのジェラート、口の中にふわ〜っと広がるもろみの風味が何とも言えず美味しかったです。

Img_1318_3 「明治堂」というパン屋さんでは、七尾名物の能登大納言と中島菜を使ったパンを発見。帰りに買おうと思って再度立ち寄ったときは、もう売切れていて‥‥ 残念。

Dscn0343_2 明治堂さんの入口に能登大納言のうんちくが貼られていた中に「母乳の分泌増進などに効果がある〜」と書かれていました。

へぇ〜 (゚▽゚*) 小豆の新たな効能を発見し、うれしかったです。

せっかくなので、ほかの花嫁のれんもいくつか載せておきます。

Dscn0345_3

Dscn0352_2

Dscn0390

Dscn0395

Dscn0400_2

「花嫁のれん展」、来年もまた行けたらいいなぁ‥‥ (o^-^o)

Img_1100

 

« SOYSH | トップページ | 納豆餅と萬久カフェ »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんばんは。

石川県七尾市一本杉通り、よいところでした。
きもの好きの皆さんは、花嫁のれんに感動すること間違いなし。実物をぜひ、ナマでご覧いただきたいです。

石川県に行った気分になりました。
花嫁のれん、素敵ですね。
最後にのどかさんが写って居るのが何とも言えなく良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/39910780

この記事へのトラックバック一覧です: 「大豆飴」と「もろみの音」と花嫁のれん展:

« SOYSH | トップページ | 納豆餅と萬久カフェ »