« とうふパン | トップページ | 能登大納言小豆 »

萬久の舟、プリン

まめや 金澤 萬久」さん、金沢に行く機会があれば店を訪ねてみたいと思っていました。

カフェと接客してくださった女性スタッフの方がとてもステキだったので、興味あるお菓子をいくつか試し買いしました。

Dscn0458_232822 Dscn0480_2 萬久の舟

金沢本店入口の窓の形をイメージしたというダクワーズ。

味は全部で5種類あります。1つ158円

Dscn0478_2
写真左から「黒舟」胡麻生地・胡麻クリーム  「銀舟」生姜生地・白餡  「抹茶舟」抹茶生地・抹茶クリーム  「金舟」シナモン生地・黒糖クリーム  「紅舟」唐辛子生地・醤油クリーム  いずれも、能登大納言小豆が入っています。

今日のところは、黒舟と銀舟をいただきました。

Dscn0518_3
黒舟は黒ごまの風味が活きていてサクッとおいしいです。能登大納言が胡麻クリームとよく合いますね。
銀舟は好きな味です。上質な生姜湯のような味わいとでも申しましょうか。白餡に大納言を合わせるアンコ×小豆の組み合わせは、たぶん和菓子経験のあられる職人さんのアイデアかと思います。

紅舟、金舟も気になるなぁ‥‥

Dscn0481
豆乳プリン(きな粉付き)368円

Dscn0520
店員さんが「きな粉をたっぷりかけてお召し上がりくださいね」と言ってくださいました。金沢らしさを出したくて、私は手持ちの金箔を飾りました。写真でわかりますか?

プリンやきな粉には、井村さんや末政さんの大豆が使われているそうです。

豆乳のプリンは卵プリンのようなコクはなく、豆乳らしいさっぱりした豆の甘さのプリンでした。
きな粉に砂糖と塩で甘さを立たせ大豆の味も濃く感じました。粒感のある砂糖を使われているのは、豆乳プリンのすっきりした感じをカバーするためでしょうか。とても美味しいきな粉が、プリンの味わいを消しにかかっているようで、ちょっともったいない気がします。

けど、ふつうの人は、私みたいな生意気なことは考えないでしょう。おいしいプリンですよ。

明日は、能登大納言小豆をじっくり味わってみようと思います。

« とうふパン | トップページ | 能登大納言小豆 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

湯たんぽさん、こんばんは。

金沢の鮨屋で昼から夜まで居座る‥‥いいなぁ〜。そんな旅の楽しみ方ができる大人に、私もなりたい。

金沢は1日で回れるだけ回った気がします。21世紀美術館や兼六園、良かったですよ。

次に金沢に行くときは、私も鮨屋に行けますように‥‥

 金沢は静かな街並みや魚や和菓子が美味しいので、仙台と共に私の大好きな街です。鮨屋も多く、御値段もリーズナブルですので是非金沢の海の幸も堪能してきてください。私は昼間に寿司屋に入ると夜まで居座ることがしばしばでしたので、くれぐれも御注意を!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/39953549

この記事へのトラックバック一覧です: 萬久の舟、プリン:

« とうふパン | トップページ | 能登大納言小豆 »