« 発育 | トップページ | 毎日菜果の野菜豆 »

サクラと焼きもち

20110410102208 20110410103737京都府議、京都市議の選挙に投票するため上賀茂小学校に行ったら、小学校のサクラがとっても綺麗に咲いていました。
小学校とサクラ、どうしてこんなに似合うのでしょう?

気分よくそのままチャリで、上賀茂神社の近くの神馬堂へ。
サクラ効果で、今日も神馬堂は大忙し。

右の写真は、神馬堂で30分ほど並んで待つ間に撮りました。
本日知り得た神馬堂情報です。
・神馬堂は創業から、およそ140年くらいたっているようです。
・写真の鉄板で焼きもちを焼いておられます。
・1回に45個の焼きもちが焼き上がります。
・包装してくださるご婦人2人は、お餅にさわり中包装をする人、お金をさわる&外包装をする人に、役割分担がきっちり分かれています。
・5個買うと馬の包装紙で包んでいただけますが、3個は白い紙袋です。

待っている間に、大阪から来たご婦人と、三重から来た女性と話しをしました。京都2年生の私に、京都のことをいろいろ訊ねられ、わかる範囲でお答えしました。京都のインフォメーションができるようになった自分を、うれしく思います。

神馬堂の焼きもちは、賀茂川沿いのサクラの樹の下で頬張りました。
・あんこは湿りある粒あん。
・おそらく豆:砂糖の分量比は1:1.1〜1.2くらいの甘さだと思います。
・お餅についた“うっすら焦げ色”は、あの鉄板で時間をかけて焼いた焼き色です。
・「本日中にお召し上がりください」の焼きもちは、焼きたてを頬張ると、まだ少し温いです。
・焼きもち1個120円なり。
・上賀茂神社の駐車場のところなどで売っている「焼きもち」と、「神馬堂の焼きもち」は別ものです。

*私は、「ふたばの豆もち」と同じくらい「神馬堂の焼きもち」が好きです。

サクラが満開。今年もまた、京都でサクラを見ていることが感慨深いです。

« 発育 | トップページ | 毎日菜果の野菜豆 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんばんは。

蕗の薹の味噌和え、おいしそうですねぇ〜。
蕗の薹の天ぷらも大好きです。

たらの芽も好きです。春はいっぱいおいしいものがありますね。

京都の春の訪れを桜で感じているのどかさん。超羨ましいです。
やっと、雪が溶けて蕗の薹が顔を出し始めています。
さあ、蕗の薹の味噌和えを作らねば・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/39558567

この記事へのトラックバック一覧です: サクラと焼きもち:

« 発育 | トップページ | 毎日菜果の野菜豆 »