« 明日の準備 | トップページ | ホームランベーカリーの「あげパン・きなこ」 »

桜ごはん

京都・桜の最盛期につき、本日15日は「さくら豆」と「さくらの花の塩漬け」を使ったお赤飯を炊きました。

Dscn9909_212158 Dscn9913 さくら豆80gを1晩水浸けしました。

1粒つまんでみると、意外と早く煮えそうな感じです。
豆は「かた茹で」にしました。

Dscn9916 Dscn9921 もち米2カップに、さくら豆の煮汁を2カップ入れました(写真左)。
その後、水切りしておいたさくら豆と塩小さじ3/4程度を加えて軽く混ぜます。

土鍋を火にかけ、沸騰したら弱火にして12分。火を止めて10分蒸らします。

すると・・・、右の写真のように炊き上がりました。豆の色は乾物→水浸け→水煮→炊き上がり と薄くなっていきます。
炊き上がった時の豆は、うっすら「さくら色」? さくらの花の塩漬けをのせて

Dscn9922
じゃ〜ん。 出来上りです。
札幌の伊藤美由紀さ〜ん、私も真似して炊きました〜 o(*^▽^*)o

まるで、さくら餅を食べているようなにおい‥‥。目をつぶったら、アンコの入っていないさくら餅 (゚▽゚*) インゲン豆の仲間のさくら豆は、ホクホクとやさしい味わいです。

Dscn9933 Dscn9938 桜ごはんには、賀茂ねぎとベーコン、じゃがいもの汁ものを添えました。

このじゃがいもは、北海道・村上農場の「雪下熟成インカの目ざめ」です。ホクホク栗みたいにおいしくて、「豆とじゃがいもは北海道産だ!」と思ったら、うれしくなりました。

桜ごはん、ふつうのお赤飯でも◎だと思います。黒ごましお代わりに、塩を洗い落とした桜の花をのせてみてはいかがでしょう?

« 明日の準備 | トップページ | ホームランベーカリーの「あげパン・きなこ」 »

赤飯運動」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分さん、こんばんは。

近くの桜が今日は雨でずいぶん散ってしまいました。

大阪や奈良には竜巻注意報が出ていたようですし‥‥ 京都の観光地のお寺や神社の屋根が持っていかれたら大変だぁ〜! と心配していました。

桜は良いですね。
あぁ、もう(やっと)1年が過ぎた、と認識させてくれます。ありがたい花です。

伊藤さんのカードで見たのとは、また違った美味しさが出て良いですね。
桜、桜・・・いつなったら咲くことか・・今月末は毎年、雪が30cmは降るので、苗植えは5月連休後です。
村上農場のインカのめざめも美味しそう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/39626140

この記事へのトラックバック一覧です: 桜ごはん:

« 明日の準備 | トップページ | ホームランベーカリーの「あげパン・きなこ」 »