« 中信美術館にて | トップページ | 上賀茂の畑 »

大手亡の白あん

Dscn9564_2 本日、3月1日は赤飯の日。

昨日から意識してたけどタイミングを逸し、お昼に炊飯器用に仕込んで、晩ごはんに登場。

いただき物のもち米と父の「ささげ」で作りました。炊飯器バージョンは水浸け時間を長くするより、炊く30分前とかに仕込んだほうがおいしいように思います。
皆さんは、いかがでしょう?

本当は最近入手した在来種の「さくら豆」を使って、土鍋で炊いてみたいです。時間に余裕がないと、ムズカシイですね。

***

某甘味店で購入した回転饅頭・白あんがおいしくなかったので、自分好みの白あんを炊こうと思い立ちました。

Dscn9544 Dscn9545 Dscn9556 業務用のあんこにも使われるという北海道産の「大手亡」豆を使用。

安価で使い道の多いアメリカ産「グレートノーザン」や「バタービーンズ」の代わりにも使える豆だそうです。

ふつうに水浸けして、時間をかけてやわらかめに炊きました。

Dscn9557 Dscn9563 あんこが締まり過ぎないように、ユルユルで火を止め、出来上り状態は私好みの「湿りある白あん」が完成。

*私の好きな回転饅頭のアンコは、福岡市にある「蜂楽饅頭」の白あんです。

が、口にしてみると、大手亡の皮がしっかり残っていて、どうにもモタつく感じです。もしかすると「小豆の粒あん(小倉あん)はキライ。こし餡しか食べない」という人は、大手亡の白あんに私が抱く「舌ざわりの微妙な違和感」を感じているのかもしれないなと思いました。

大手亡は、こし餡にしたほうが良い豆なのかもしれません。
太めの粒あんを望むなら、「手亡豆」や「雪手亡」のほうが良いのかも? そう思って、以前の豆なブログ試作記事を読み返すと、2年前の2月は「大手亡でおいしくできた」と書いている‥‥ 平成22年産は皮がかたかったのかなぁ?


一豆三味 〜 ひとまめさんあじ

常日頃、私が思っていることです。ひとつの豆で3つ(以上)の料理やお菓子をつくろう、という意味。

この大手亡は白あんではなく、別の料理に使おうと思います。

と、こんなことを考えるようになったのも「豆なブログ」を書き続けてきたから。2008年2月26日に書き始めた「豆なブログ」は、ふと気がつけば4年生になっていました。

« 中信美術館にて | トップページ | 上賀茂の畑 »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんばんは。

山田家の畑で作る豆、おいしいでしょうね〜 (゚▽゚*)

どんな豆が食べたいかと訊かれると、いろんな豆が浮かんできて、しぼるのがむずかしいですね。

以前、作ったことがあるとおっしゃっていた「ひよこ豆」なんていかがですか?

かなさん、こんばんは。

一豆三味をわかってくださって、うれしいです。

今日は「ねぎとイカの塩とろみ炒め」「鶏つみれ汁」「ほうれん草の白和え」を作りました。しあわせ〜♪

はる さま、こんばんは。

あんこのプロフェッショナルからの貴重なご意見、ありがたくてもったいなくて、ははぁ〜とひれ伏したくなります。

毎日、米を研いでご飯を炊く。
月に2〜4回、赤飯を炊く。
それくらいの回数やっていると、自然に感覚が身に付いてきたように、アンコも頻度を増やすと、もっと上手にたけるようになるのでしょうか?

自分で作るより、買うほうが数段おいしいのはわかっていて、それでも作ってみたくなるのは、ただの物好きか、よほどのアンコ好きか‥‥ 果たして私はどっちでしょう??

レンズ豆あんこと、ずんだ餡も炊いてみたいです。

白あん、美味しそう!!
今年は、山田家の畑を借りることにしました。何を植えようかなぁ?
のどかさんは、何が食べたいですか?
お好きな豆を植えてあげますよ~。

「一豆三味」素敵な言葉ですね。いいですね♪
私も、のどかさんに習って、いろいろ試行錯誤しながらやってみます!

のどかさん、こんばんは。

大手亡を粒あんにされたんですね。
手亡豆は小豆に比べると数段皮がかたいので、
食べた時、口の中に皮が残る感じがしますね。
皮が柔らかくなるまでたくと、豆としてはたき過ぎになるので、難しいのです。
つぶあんで食べる場合、ある程度皮がかたいのは仕方ない豆だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/39067871

この記事へのトラックバック一覧です: 大手亡の白あん:

« 中信美術館にて | トップページ | 上賀茂の畑 »