« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

黒豆ごはん

「豆を食べたい」と思ったとき、気軽にできるのがコレ。

Dscn9748 Dscn9749 黒豆をフライパンで焦げないように炒って、皮がパチッと弾けるくらいで火を止め、お米といっしょに炊きます。

いつもの分量に水加減したお米と、1合につき大さじ3杯の黒豆、豆と同量の水、塩小さじ1/4、醤油小さじ1/2程度を加えて炊きます。

すると、黒豆ごはんの完成です。私は炊飯器を使って炊いています。
黒豆の代わりに、大豆でももちろんおいしくできます。炊く前に炒るのが秘訣です。

Dscn9751_2
おむすびにする時は、塩を多めにしてもおいしいですよ。

豆が入ることにより、御飯を通常よりよく噛んで食べているように思います。

黒豆のポリフェノールがうんぬん、と言うより、炊き上がったときの豆くさいふわ〜っと芳ばしいあの香りが好きで炊いています。

冷めてもおいしい黒豆ごはん。お花見用にも喜ばれそう‥‥

みるみる

Dscn9737 Dscn9740

3月13日に蒔いた「うすいえんどう」が、日に日に育っています。

もう、こ〜んなになって、そろそろ植え替えねば‥‥ の段階になってきたように思います。

うすいえんどう、鉢植えでどこまで育つのでしょう?

私のイメージは‥‥

Dscn4087_2

これです。伸びゆく蔓を上がっていくその人は‥‥

Dscn4086

Are you ジャック?  ふふふ。これを作ったのは、おそらく‥‥

Dscn4078
ビーンズ邸の豆子ちゃん、あなたでしょう ? (*^-^*)

マメラボの豆も、ビーンズ邸の豆の木みたいに大空めがけて育っていくといいな。そろそろ、植木鉢と土を買ってこよう‥‥

豆ごはん

Dscn9726昨日のお昼間に水浸けしておいた豆を、夜中にタイマーセットして、今朝は豆ごはんを炊きました。

金時豆、中長うずら、大豆、小豆、パンダ豆、‥‥おそらく6〜7種類くらいの豆が混じっています。

この豆は、ふふふ。
去年、農場体験でお世話になった北海道・十勝の村上農場で拾ったもの。あ、拾ったと言っても、暗黙の了解は得てる(と勝手に思っている)のでご安心を。
機械掃除のときとか、畑に落ちていたのとかを「もったいな〜い」と、ポケットに入れて気がついたら、手のひらにひとつかみくらいなっていました。

Dscn9729
村上農場の豆で炊いた 豆ごはん。

豆はいいのぅ〜。
ふっくら、ほんわかやわくって、大豆は出来立ての豆乳みたいなやさしい甘さ。金時豆はホクホクふかしたばかりのお芋さんみたい。中長うずらは、金時豆より豆のうま味が強くって、小豆は砂糖なしでも甘味を感じます。

ふつうに水加減したお米2合と、昨年秋に収穫された新豆を水浸けしたもの、そこに塩を小さじ半分入れて炊きました。

いろんな個性がひとつになって、仲よく光り輝いています。豆ごはんのように、ほんわかと温かい人になりたいな (゚▽゚*)

季節はめぐる

Dscn9720

2日前に芽を出した「うすいえんどう」が、すくすく育っています。3つだった芽は6つになり、7つ目と思しき芽のようなものも見え始めました。すこぶる発芽率のいい優秀なタネです。

“希望のタネ” に祈りが通じました。
地震後に連絡がつかなくなっていた岩手県大船渡市の友人から、本日電話がありました。「可奈さん!」「可奈さん、可奈さん、可奈さぁ〜ん‥‥‥」。会社は大変なことになってしまったけど、友人は無事とのこと。

ブログに書いたことで、ご心配をおかけした皆さん、すみませんでした。被災地では問題が山積みのようです。これから、自分にできることを応援しつづけていきたいと改めて思いました。

計画停電と放射能のことで、東京も大変なようです。1日も早く、おだやかな日々が戻ることを願います。

20110321153929_2 20110321154743 友人から連絡があり、ほっとした気持ちを落ち着けようと外に出たら‥‥

上賀茂の畑の豆も、すくすくと蔓を伸ばしていました。
賀茂川沿いの桜並木も、春の準備を始めています。今年はどんな花をつけるのでしょう?

皆さまの周りが、おだやかでありますようにと祈ります。

横澤可奈さん、無事でいてくれてありがとう。一緒に心配してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

発芽

Dscn9712

今朝、気がついたらほら、土の表面に3粒、「うすいえんどう」が芽を出しかけていました。かわいいでしょう (゚▽゚*)

何粒 植えたんだったっけ? と思って数日前の豆なブログを見返すと、7粒のタネを蒔いていました。

明日になったら、もっと芽が出てるかも‥‥? 発芽までの日数は5〜8日と書かれていたから、ちゃんと予定通りに発育しております。私の “希望のタネ” は芽を出してくれました。


朝の光りの90%は、希望でできている

好きな言葉です。
いま、こんなことを言われると「頭にくる」「ムカつく」と思われるくらい、打ちひしがれている方もいらっしゃることと思います。でも、私は立ち上がれないくらいしんどかったとき、ノイローゼになるくらい哀しかったとき、この言葉を支えにしてきました。
誰の周りにも、同じように朝がきます。朝の光りに、少しでも希望を見出せるようになる日を願っています。

豆を煮る

Dscn9699今日はとっても寒いです。3月も後半に入っているというのに、先ほど京都では粉雪が舞っていました。

この前、京野菜検定講習会に参加したら、「碓井エンドウを使った豆御飯」をごちそうになりました。
昨年の今ごろは「ピースごはんは春の使者」とか言いながら、自分でも豆ごはんを炊いていたよな‥‥ と思い出しました。

余震とは思えない大規模な揺れや、津波被害のその後、原発の問題などに加え、トイレットペーパーや保存のきく食料が売場から姿を消しかかっています。この状態が進めば、自然災害に続く人災もこわいです。

平常心を取り戻す‥‥ 私の心が落ち着くのは、やっぱり豆を煮ることです。ひと晩水浸けして、コトコトと豆を煮る。おかずにしようか、スープにしようか、それとも甘くしようか、そんなことを考える時間は心おだやかでいられます。

Dscn9702 だいたいいつも1/2カップずつくらい水煮にします。これでも、一人で食べるにはけっこうなボリュームです。

「明日の出張料理に使おう」とか考えながら、水戻し中。

Dscn9704 Dscn9700目に入った大手亡豆と紫花豆を水に浸して、明日のレシピを考えると致しましょう。

はる さま、いまも毎朝、あんトーストを食べていますよね?
めぐりんさん、いまも雑穀の料理をしていますよね?
辻本の親分、いまも山田家の食卓でゴハンを食べていますよね?

みんなの生活がコトもなく平穏に続いていきますようにと願いながら、本当の春を待ちわびています。

うすいえんどう

Dscn9677出町柳の100円ショップで買って、適温になるのを待っていた栽培セット。温かく陽のさす部屋で、まだちょっと早いかも? と思いながら、タネを蒔きました。

発芽適温は15〜20℃だそうです。
発芽までの日数は、えんどうまめですと5〜8日。ミントは10〜14日と書かれています。これって、適温の場合でしょうから、もうちょっと長くかかるかも‥‥

Dscn9680 Dscn9679

えんどうまめのタネは、大豆と似てますね。ミントのタネは、芥子粒みたいに黒くて小ちゃい粒ツブです。

Dscn9681ココポットに培養土を入れ、水をたっぷりかけます。
2cmほどの穴を掘って、タネを蒔きます。
土をかけて、もう一度水をかけます。

発芽するまでは明るく風通しの良い場所で育てるのが良いそうです。室内ですと、風通しの良いカーテン越しの日光が当たる場所が良いそうです。

このポットは土に還る素材なので、このまま大きい鉢や地面に植え替えても良いのだとか‥‥

Dscn9683 早く芽を出せ、エンドウさん。えんどう豆って、ツル性の豆ですよね。芽を出して、果たしてどれくらいまで室内で育てられるか今のところわかりません。

けど、私の “希望のタネ” です。一緒に見守ってください。

*昨日の豆なブログに掲載した「関西電力からの節電のお願い」は、デマのチェーンメールだったそうです。すぐに人を信じる安易な自分が情けない‥‥

何ができる?

Dscn9614昨晩、出張からもどり、今は京都のマメラボにいます。

11日午後、出張先のカフェで大豆のフムスがのったオープンサンドや、大豆が入ったオムレツなどを口にしました。おいしそうな食べ物写真を撮りましたが、いまは載せる気になれません。震度5の揺れを経験したのは、そのカフェを出てからでした。

先日書いた岩手の友人とは、未だ連絡がとれません。私と同じ不安を抱えておられる方もたくさんいらっしゃることと思います。電話がつながらないからと言って、現地に探しに行くこともかなわず、今はただ無事を祈ることしかできません。Kさん、どこかで生き延びていてください。


豆と豆料理について書く「豆なブログ」ではありますが、一人でも多くの方にご協力いただけたらと思うので、他から届いたメールを貼付けます。冷静になって、いまの自分が、ここにいてできることをやろうと思います。

=======================
関西電力からの情報

> 関西地区にお住まいのみなさん。東北三陸沖大地震に伴い、
関西電力が東北電力への電力提供を始めました。
>
> 少しの節電でも立派な支援になります。
電子レンジや炊飯器など、普段さしっぱなしのコンセントを
今日だけでも抜き、一人一人が出来る節電のご協力をお願い致します。
>
> このメールをできる限り広め、節電による送電の支援が
出来ればと思いますのでご協力よろしくお願い致します。

岩手県大船渡市の横澤可奈さん

私はいま、渋谷のホテルにいます。

昨日の午後、仕事先の社長と共に渋谷の百貨店地下食品売場で大きな地震の揺れを経験しました。それから以降は、おかしくなった東京の街が不思議な景色として、ナマで視界に映っています。

赤飯運動のメンバーである岩手県の横澤可奈さん、昨日から連絡を取り続けていますが、安否が未だ確認できておりません。

三陸沖でマグニチュード8.8の地震が起きた11日午後2時46分頃、横澤さんは会社にいたはずです。横澤さんの会社は、お菓子「かもめの玉子」で知られるさいとう製菓さんです。「野の穂」というシリーズの雑穀のお菓子も多数出しておられます。

可奈さんの安否がわかりません。さいとう製菓さんは、岩手県大船渡市に本社があります。可奈さんは、本社にいたはずです。テレビで大船渡市が出るたびに、可奈さんのことを思います。

可奈さん、生きていてください。可奈さん、無事でいてください。

京菓子資料館を訪ねて

「京都手帖 2011」の「三月 季節のお菓子」のページに紹介されていた俵屋吉富さんの「久寿湯さくら」がきっかけで、上京区烏丸店併設の「京菓子資料館」に行ってきました。

Dscn9573 Dscn9572 2月24日(木)〜6月12日(日)まで、
花と菓子 ー春の京菓子解説展ー が開催されています。

さすが京都。自転車でヒョイと行ける距離に、こんな素晴らしい資料館があるのです。

しかも、入館料無料

資料館2階に展示された和生菓子の作り方や、砂糖細工の花などを存分に堪能しました。

Dscn9571_3
茶道文化と有職の技により華を咲かせたのが「京菓子文化」であります。 とのこと。その作品の数々は、ホントに見事でした。

私は入る前から、「久寿湯さくら」を買って帰ろうと思っていたのですが、展示された生菓子の作り方など見ていたら、お茶席のお菓子も欲しくなり‥‥

Dscn9585_2 Dscn9586_2 ふふふ。キレイでしょう (゚▽゚*)
「さくら」と「菜の花」の生菓子です。

◎さくらは、こしあんでした。
◎菜の花は、小倉あんでした。

そして、もう一つ発見したのは、左の写真の包装紙。きれいに開けたら、はじっこに「この包装紙は環境に配慮し こしあんの製造過程でできる小豆かすを漉き込んでおります」とのこと。小豆への思い入れが強いから、和菓子がいっそうおいしく感じられました。

Dscn9588

京菓子資料館 京都市上京区烏丸通り上立売上る柳図子町331-2
       市営地下鉄烏丸線「今出川」駅下車 北へ徒歩5分 俵屋吉富烏丸店隣

*注 資料館の入館料は無料ですが、出口はお隣の烏丸店を通らないと出られない順路になっています。

遅ればせながら‥‥

Dscn9580_2 私も買いました。

季刊「うかたま」Vol.22 1冊780円

P107に赤飯運動のことが紹介されています。

これから、もっともっと、いろんな媒体に採り上げていただけたらいいなと思います。

「うかたま」のことは、雑穀のスペシャリスト・めぐりんさんのブログ「はと麦」にも紹介されています。
辻本の親分(赤飯運動実行委員長)のブログ「美麗豊」にも紹介されています。
中村製餡所 はる さまのブログにも、もしかすると、もうすぐ出してもらえるかもしれません。

3人とも、赤飯運動の大切な仲間です (*^-^)

上賀茂の畑

会社勤めでないことの特権は、お昼間にスーパーに買い物に行けること。お天気のいい日、今日は何をつくろう (*^-^) と考えながら買い物に行けるのは、しあわせなことだと思います。

20110206143513_2 20110206143354_2 これは2月6日にケータイで撮った写真。
買い物に行く途中の畑に、豆を植えられたのがうれしくて撮りました。

私の住んでいる上賀茂は、「賀茂なす」や「賀茂とまと」「賀茂ねぎ」「すぐき」などの京野菜が有名です。

この豆は、なんでしょうね?

賀茂まめ? たぶん、ちがう。いんげんとか、グリンピースとか、蔓性の豆だと思います。ツタンカーメンのえんどう豆かも??

Dscn9569
これは今日、3月3日の豆の写真。その道を通るときはいつも、豆の成長を観察しています。1ヶ月足らずで、これくらい大きくなりました。
ちゃんと手になる柵が組まれていました。豆は斜めに張った紐を頼りに天に向ってのぼっていくようです。

Dscn9568 Dscn9566 どんな花が咲いて、どんな実をつけるのでしょう?

春から初夏くらいまで、この道を通るたびに私は、豆の畑に立ち止まるはずです。

自分ちの畑が欲しいなぁ‥‥

大手亡の白あん

Dscn9564_2 本日、3月1日は赤飯の日。

昨日から意識してたけどタイミングを逸し、お昼に炊飯器用に仕込んで、晩ごはんに登場。

いただき物のもち米と父の「ささげ」で作りました。炊飯器バージョンは水浸け時間を長くするより、炊く30分前とかに仕込んだほうがおいしいように思います。
皆さんは、いかがでしょう?

本当は最近入手した在来種の「さくら豆」を使って、土鍋で炊いてみたいです。時間に余裕がないと、ムズカシイですね。

***

某甘味店で購入した回転饅頭・白あんがおいしくなかったので、自分好みの白あんを炊こうと思い立ちました。

Dscn9544 Dscn9545 Dscn9556 業務用のあんこにも使われるという北海道産の「大手亡」豆を使用。

安価で使い道の多いアメリカ産「グレートノーザン」や「バタービーンズ」の代わりにも使える豆だそうです。

ふつうに水浸けして、時間をかけてやわらかめに炊きました。

Dscn9557 Dscn9563 あんこが締まり過ぎないように、ユルユルで火を止め、出来上り状態は私好みの「湿りある白あん」が完成。

*私の好きな回転饅頭のアンコは、福岡市にある「蜂楽饅頭」の白あんです。

が、口にしてみると、大手亡の皮がしっかり残っていて、どうにもモタつく感じです。もしかすると「小豆の粒あん(小倉あん)はキライ。こし餡しか食べない」という人は、大手亡の白あんに私が抱く「舌ざわりの微妙な違和感」を感じているのかもしれないなと思いました。

大手亡は、こし餡にしたほうが良い豆なのかもしれません。
太めの粒あんを望むなら、「手亡豆」や「雪手亡」のほうが良いのかも? そう思って、以前の豆なブログ試作記事を読み返すと、2年前の2月は「大手亡でおいしくできた」と書いている‥‥ 平成22年産は皮がかたかったのかなぁ?


一豆三味 〜 ひとまめさんあじ

常日頃、私が思っていることです。ひとつの豆で3つ(以上)の料理やお菓子をつくろう、という意味。

この大手亡は白あんではなく、別の料理に使おうと思います。

と、こんなことを考えるようになったのも「豆なブログ」を書き続けてきたから。2008年2月26日に書き始めた「豆なブログ」は、ふと気がつけば4年生になっていました。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »