« 中長うずらのガレット | トップページ | 2011 春用味噌の天地返し »

ビルマ豆の「さくらごはん」

伊藤美由紀さんからの年賀状」と題して、1月の豆なブログに書いたのですが、その題材となった「さくら咲く お赤飯」を真似て、自分でも作ってみました。

伊藤さんのすごいところは、お赤飯を土鍋で作られるところ。土鍋ですと、短時間でふっくらモチモチのお赤飯ができあがるんですね♪

Dscn9313
固茹でにしたビルマ豆(在来種の豆・ひね)を使いました。最初から餅米に混ぜて土鍋で炊いたあと、蒸らした状態が上の写真です。

Dscn9311 Dscn9315 左/桜のつぼみの塩漬けを水に浸し、塩抜きして使いました。

右/蒸し上がったビルマ豆ごはんに、桜を混ぜます。

写真ではわかりにくいですが、ビルマ豆の煮汁を使うことで、ほんのり お赤飯状態になります。

Dscn9317_2
ね、お赤飯っぽいでしょう (*^-^) さくらの花びらに、ココロはればれ♪

伊藤さんから届いたレシピは、1月18日の豆なブログに掲載しています。
私の使っている土鍋ですと、伊藤さんの分量では しっかりお焦げになってしまいました。よって、水の量1と2/3カップから、次回は2カップに増やしてみようと思います。

ビルマ豆は皮がしっかりしています。

土鍋で蒸すと、いんげん豆のように中ホクホク (゚▽゚*)

ひと足お先に、お花見気分を味わいました。こんなお赤飯も、良いですね〜♪

« 中長うずらのガレット | トップページ | 2011 春用味噌の天地返し »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんにちは。

伊藤さんの豆料理の写真、ホントおいしそうですよね。
豆が好きで、料理が好きで‥‥ というのが、伝わってきますよね。

伊藤さんと暮らす人は、しあわせですよね。。。
居候したいよ〜

かのちゃん、こんにちは。

ビルマ豆は大豆くらいの大きさの豆です。戻して茹でると、けっこう大きくなります。

いろんな豆があって、おもしろいですよ〜 (*^-^)

のどかさん、なぜか、只今、伊藤さんからのハガキがあります。
白小豆と赤米のお赤飯です。
う~ん、相変わらず美味しそうに写真を写しますね。

ビルマ豆、見た事も聞いた事も、ありません
ほくほくの豆、いいなぁ〜
桜が入ると、色っぽいですね

豆のシチューも、凄く美味し〜(^Q^)そうでした
ジャガ芋の代わりに豆!って言葉で、新しいメニューが出来そうです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/38795028

この記事へのトラックバック一覧です: ビルマ豆の「さくらごはん」:

« 中長うずらのガレット | トップページ | 2011 春用味噌の天地返し »