« 味噌づくりのための準備 | トップページ | お豆たっぷり 国産五目ごはん »

2011 春用味噌の仕込み

日曜日、3軒合同で味噌の仕込みをしました。3軒合同なので、3種類の大豆を使ってみようと思い立ち、「北むすめ」「サトウイラズ」「茶豆」を選びました。


Dscn4720Dscn4721_2まずは、大豆によって味わいが変わるということを感じていただくために、2種類のみそ汁を食べ比べていただきました。

マメラボで3月に仕込んだ「サトウイラズ」と「とよまさり」の味噌を使い、つくったみそ汁。せっかくなので合わせるご飯を、お赤飯にしました。

写真左は、サトウイラズ味噌+白才菜+青ネギ+油あげ
写真右は、とよまさり味噌+ジャガイモ はるか+人参+カイワレ大根

参加者男性に好評だったのは、青大豆のサトウイラズでつくった、甘めでやさしい味わいの味噌汁でした。私の好みも一緒です。


Dscn4730Dscn4725_24時間くらいかけてやわらかく煮た大豆を、皆さんにつぶしてもらいます。

これが、けっこうタイヘン。
最初にとりかかった茶豆が一番つぶしにくそうでした。


Dscn4731

黙々と真剣に、ただひたすら大豆をつぶす、の図

フードプロセッサーを使うとラクなのでしょうが、マメラボにはありません。ごめんなさ〜い。
ですが、初味噌は手間をかけたほうが、出来たときの感動も大きいのです。


Dscn4734_2Dscn4735_2写真左/麹をパラパラにほぐして、塩を混ぜ合わせます。これを「塩切り」というそうです。

写真右/塩切りした麹と、つぶした大豆を混ぜ合わせた状態。
大豆800gは、茹でたら倍以上に膨らみ、重さは3倍近くなります。そこに麹800gと塩400gを加えるので、大きな鍋とボウルを借りてきておいて正解でした。


Dscn4741_2Dscn4740_2写真左/働き者の“先輩”と、口だけ働く私(右)

写真右/仲のいい新婚さん♡ 前回、予告したケンゾーさんは、この男性です。


Dscn4746Dscn4747_23軒分合わせて、15個ほどの味噌玉が3種類できました。

とっても楽しそうに丸めていた味噌玉係中心人物は、ケンゾーさん。

右の写真の白っぽい味噌玉は、小粒大豆「北むすめ」の味噌玉です。色白な“先輩”が、美しい手で丸めてくださいました。


Dscn4749_4

Dscn4748_2

写真上/物覚えの悪い私のために、品種説明を力説してくれたT女史。
写真下/新婚さんから差し入れにいただいた林檎や柿や梨。珍しい品種のものをたくさん食べ比べさせていただきました。

お茶の時間を利用して、3ヶ月後に行う「天地返し」のことや、保管場所、出来上がったときの注意などをお話ししました。

盛り上がった、容器に味噌玉を投げ入れるの図、は写真がありません。


Dscn4754_3

出来上がった3種類の味噌×3軒分を前に、記念撮影。

この味噌が食べられるようになるのは、来年の桜が咲きほこる頃です。おいしい味噌ができますように‥‥

« 味噌づくりのための準備 | トップページ | お豆たっぷり 国産五目ごはん »

豆な仕事」カテゴリの記事

コメント

かのちゃん、こんばんは。

あはは。きものに割烹着、フネさんみたいと言われます。豆のことを話したり、伝えたりするときは、このスタイルでと決めているのです。

自家製みそは安心だし、食べるときうれしいですよ。1回目にして「自分でも、つくれるんだ」という感動が味わえます。自分でつくったのに、ちゃんと味噌の味がするから不思議な感じ。よかったら、かのちゃんも作ってみませんか?

大徳寺納豆は1度だけ買ったことがあります。相当な塩分濃度の高さに驚きました。生菓子にのると美味しいんですね。

味噌まで、手作りなんですね〜素敵です
子供の頃、近所の人と集まって
祖母が味噌豆を煮ている?蒸していた?のを思い出しました

味噌つながりで………
この前、大徳寺納豆と言う、大豆を発酵させた豆を食べましたよ
塩分の強い味噌の味でした
癖が、あるけど、お菓子「生菓子」の上に、のっていたらアクセントになって
美味し〜(^Q^)かったです

のどかちゃん、着物に割烹着、いたについています〜よ♪

しぶ さま

コメントありがとうございます。
また、何かご一緒できたらいいですね。

色気のある黒豆を煮る会
はじめての豆料理

この2つは、既に経験済みです。
新たに「味噌 仕込みの会」がレパートリーに加わりました。
皆さんのおかげです。感謝 (*^-^)

のどかさん、お世話になりました!
大変な下準備を全てやっていただいて…m(_ _)m
冬が来る前から、春が待ち遠しいです♪

可奈さん、こんにちは。

春になったら、3種の大豆ごとのみそ汁を食べに来られませんか?

そんな店があったら、流行るかなぁ? きもの姿に割烹着姿の女の人がやっている「みそ汁バー」。サイドメニューは、白ごはんとお漬物のみ。あ、お茶は宇治茶より八女茶を出したいなぁ‥‥

のどかさんの割烹着姿、艶っぽ~い(o^∀^o)
いつも豆に対する探究心と行動力も、のどかさんの大きな魅力のひとつ☆
それぞれの豆による味噌汁の味わい比べなんて参加してみた~い♪味わってみたいです(≧∇≦)
皆さん、団結力が良くって素敵なお仲間ですね!来年の春が待ち遠しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/37580722

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 春用味噌の仕込み:

« 味噌づくりのための準備 | トップページ | お豆たっぷり 国産五目ごはん »