« 萩も豆なり | トップページ | 甘いものは、甘く »

紫野源水にて

姜尚美さんの「あんこの本」、お手にされた方もいらっしゃると思います。この本に登場するあんこと和菓子、実に魅力的です。

私の住んでいる京都市北区の区役所近くに、あんこの本掲載の店があります。「紫野源水」というお店です。気になりながら入ったことがなく、初めて店の中に入ってみると‥‥

瀟酒な店内には、限られた数の和菓子が並んでいました。その中で、迷わず買ったのは、あんこの本登場の「松の翠」。


Dscn9936Dscn9937_2「松の翠」
1個130円だったと思います。箸置きにちょうどいいくらいの大きさです。

勢いよく食べようとすると、ひと口でも食べてしまえますが‥‥ 味わわないとね。

噛むと、自分の歯が砂糖の皮膜に、なんの抵抗もなくスーッと入ります。中にあるのは羊羹ではなく、瑞々しいあんこのかたまり。


Dscn9941_2最後の写真は「松の翠」の横顔。

あんこを長方形に成形して、手にベタベタしないように砂糖の膜で包みました。どっちも、上品にやわらかいですよ、という感じです。

小豆の粒が残り、粒ではないところもあって‥‥何なら箸でひと粒ずつ小豆の粒を味わってみましょうか‥‥ ああ、あんこ!

« 萩も豆なり | トップページ | 甘いものは、甘く »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/37183728

この記事へのトラックバック一覧です: 紫野源水にて:

« 萩も豆なり | トップページ | 甘いものは、甘く »