« 小雨にて | トップページ | 北海道へ豆探検 その1 »

小豆より

「小豆より」の「より」は、「選り」の意味です。

農場長のお母さんに、中長うずらとエリモ小豆の豆選りを習いました。
「トウミ」という農機具は、お母さんがお嫁に来る前から、おそらく農場長のひいおじいさんが新調されたものらしいです。
小豆のロス率が少なくて驚きました。
コンバイン泣かせの中長うずらは、未熟豆や割れ豆がけっこう入っていました。

豆選りしながら、お母さんに教わったこと。お赤飯は「おふかし」、もち米を水に浸しておくことを「うるかす」と言うそうです。

広い広い農場の一角にある小さな豆選り小屋は、これから一気にしばれそう。夕暮れどき、初雪がちらついていました。

« 小雨にて | トップページ | 北海道へ豆探検 その1 »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/37407685

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆より:

« 小雨にて | トップページ | 北海道へ豆探検 その1 »