« とらやの御膳汁粉 | トップページ | 萩も豆なり »

試作は続く

Dscn9933Dscn9934Dscn9935ひよこ豆を煮ました。

京都・出町柳の某豆販売店で「うちは北海道の豆しか扱ってないよ」と言われ、半信半疑で買ったひよこ豆。国産のひよこ豆って、ホントにあるのかなぁ? 北海道にお住まいの皆さん、お近くの畑や農場で、ひよこ豆が育っていたら教えてください。

京都市北区の某飲食店の新メニューに、豆を使った一品を加えていただけないかと思い、メニュー提案させていただくことに (*^-^)

ひよこ豆をやわらかめに煮て、めん棒でつぶし、みじんキャベツを混ぜ、塩コショウ+オイスターソースが調味料‥‥ これを丸めて焼く? or 衣をつけて揚げる?

結果は×
1回目の提案で、採用になろうなんて思っていません。採用にこぎつけるための最初の一歩です。


Dscn9982オーブンの中で回っているのは?

編集を担当している某印刷物のための試作中です。私の役目は、このレシピで素人さんでもちゃんとつくることができるか、検証係。

金時豆の水煮、オクラ、白ネギ、ニンジン、レンコン、そして白身魚。よって、試作会場はマメラボではありません。。。

金時豆は北海道産の大正金時です。お魚は北海道産のタラです。
あぁ〜、北海道!


Dscn9991_2金時豆と魚のオーブン焼き

<素人なりの改善点>

・金時豆は水煮より塩茹でのほうが良いかもしれません。
・白身魚は野菜をのせてオーブンに入れると熱が通りにくいので、野菜の上に置いてから熱するほうが良いみたいです。
・ニンジンもレンコン同様、下茹でして使うほうが良いかもしれません。
・魚には塩をだいぶ強くしないと、味がぼやけるようです。
・オーブンに入れる前、ごま油と酒を全体にふるとき、塩も少しかけたほうが良いかも? もしくは、薄口しょうゆをお酒の半量くらいかけてみては?


試食にご協力くださったYさん、ありがとうございました。このレシピが掲載された印刷物が世に出るのは11月。それまでに試してみたい方は、こちらのレシピをご参照ください。

« とらやの御膳汁粉 | トップページ | 萩も豆なり »

豆な仕事」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんばんは。

北海道でヒヨコ豆を栽培する農家さん、いらっしゃるんですね〜
豆子ちゃんの言うように、その栽培を拡げていけば国産のヒヨコ豆ができる? そうしたら、いま知るところで最も高価なイタリア産ヒヨコ豆より、もっと高値がつくでしょうね。

ああ、でも国産のヒヨコ豆だったら使ってみたい。。。 出町柳のヒヨコ豆、本物の北海道産だったりして!?

のどかさん、確かにひよこ豆を生産している農家が北海道にあります。以前、遠軽のレトルトカレーを作っていたメーカーが三種の豆のカレーに使ってました。その時、産地を聞いたのですが憶えてません。すみません、何しろ5、6年前の話だったので・・・。我が家でも作った事がありますが、採取する時期を誤り全部はじけてました。豆にして豆にあらずの形なので採取時期が難しいです。

可奈さん、こんばんは。

市販の豆水煮缶は、今ひとつ好きになれません。真空パックのも、あんまりおいしいと思ったことはありません。でも、自分で乾物の豆をもどして煮る前は、某サラダ用豆の水煮をよく使っていました。

可奈さん、ご出張、お気をつけて。無理をしすぎず、いつもの可奈さんスマイルで‥‥

豆子ちゃん、こんばんは。

さすが専門家さんのご発言。ひよこ豆って、イギリス産、アメリカ産、カナダ産、メキシコ産などをこれまで使った経験があります。このヒヨコ豆が本当に北海道産だとしたら、初の国産を使用したことになります。

ヒヨコ豆って、温かく乾燥した土を好むのですね。勉強になりました。ありがとうございます。
ヒヨコ豆もさることながら、国産の緑豆も必要とされています。栽培者が出てきたらいいなと思います。

のどかさん、こんばんは。検証係、この任務もとっても重要ですよね!(b^ー°)
「ひよこ豆」もちろん岩手で見かけたことも私はありません。水煮は見つけましたが、手軽さはありますが、やっぱり自分で、ちゃんと作ったのがいいので買うの辞めました。のどかさんが検証されたひよこ豆料理の印刷物が楽しみですね(≧∇≦)
火曜日から仕事でまた上京します!


北海道でひよこ豆を大量に生産している方がいましたら、ぜひお会いしたい!!

ひよこ豆は、温かく、乾燥した土を好むと思っていたので、北海道の気候には合わないのかなと思っていました。

豆資料館に来館されたお客様で、北海道の農家さんは、趣味程度にひよこ豆を育てていると聞いたことはあります。
豆資料館では、鉢植えをして毎年育てています。今年は4粒収穫しました♪少ない…

温暖地を好む豆ですが、寒冷地仕様のひよこ豆を少しずつ生産していけば、ゆくゆくは、大量に生産できるのかな?!

豆って不思議と思うときがあります。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/37146256

この記事へのトラックバック一覧です: 試作は続く:

« とらやの御膳汁粉 | トップページ | 萩も豆なり »