« 9月15日のお赤飯 | トップページ | 汲み上げ湯葉丼 »

22年度産〜新豆だより

Dscn9757

岩手在住の友人から、豆とお菓子が届きました。

豆は、彼女のお母さまが育てられたという虎豆(写真左)と、金時豆(写真右)です。
きれいにラッピングされた平成22年度産の新豆。京都は未だ夏を引きずっている感がありますが、東北地方ではすでに、夜は暖房器具も使っているとのこと。新豆は、ひと足早い秋の訪れを告げています。

これからも、大好きな豆を使って、いろんな料理と甘味をつくっていこうと思います。
食べてくださる方、随時募集中です。感想やダメ出しの声に励まされ、腕をみがいていきたいな。

« 9月15日のお赤飯 | トップページ | 汲み上げ湯葉丼 »

いただきもの」カテゴリの記事

コメント

羽田の玉さま

こんばんは。ご無沙汰を致しております。コメントを入れてくださって、ありがとうございます。

銀座三越にも仙太郎さんが入っているのですね。
雑穀のおはぎ、私も今日、京都大丸で見かけました。けっこうボリュームありますよね。今日のところは、おはぎではなく、カステラ巻きみたいなのと栗がのった三角の和菓子を買いました。商品名をちゃんとチェックしておかないとダメですね‥‥

はる さま、こんばんは。

虎豆も金時豆も、おいしそうでしょう o(*^▽^*)o
うふふ。友人のお母さんがつくられた豆を分けてくださいました。
(友人のお母さんの顔を存じませんが)つくった人の顔が浮かぶ(イメージできる)食べ物って、うれしいです。

先般、この金時豆が莢に入ったものも送っていただいたんですよ。

辻本の親分、こんばんは。

岩手県と北海道、どっちも遠い北の国のイメージなのですが、やっぱり気候は大きく異なるのですね。

農作物の生育に天候の影響は大。枝豆は発育途中のウブな豆を食べているんですよね。
丹波篠山の黒豆枝豆は、来月の味まつりの頃に合わせて栽培されているのでしょう? 今年も行きたいなぁ‥‥

可奈さん、おばんです。

もしかすると将来、私は定食屋でも開くかも‥‥ と、そんなことを考えたりすることがあります。そしたら、試食係&お客さんになってください。

将来のために、くさらず料理を続けます。いつも、ありがとうございます。

お久ぶりで~す。
仙太郎のおはぎを買いに銀座三越
に買いにいったら、「雑穀入りの
おはぎ」がありましたよ。おいし
かったです。

虎豆も金時豆もとっても美味しそうですね。
羨ましいです!

可奈さんのお豆、もう出来たのですね。
我が家は、昨日、黒豆の枝豆を食べました。美味しかったです。
緯度が違うと食材も育ち方が違うことを改めて感じました。

のどかさん、おばんです。
豆はハハが自家用で食べる分だけ作っているので、
立派でもないし、金時豆なんて、ささげと間違うようなちっささですが(汗)
試作用にでもお使い下さいませ。
試食でしたら、いつでも私が担当させて頂きますね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/36790423

この記事へのトラックバック一覧です: 22年度産〜新豆だより:

« 9月15日のお赤飯 | トップページ | 汲み上げ湯葉丼 »