« スンドゥブチゲ初挑戦 | トップページ | 北海道の“黒飯”? »

北海道スタイルの甘いお赤飯

1日でも15日でもないのに、赤飯をつくりました。タイトルそのまま、北海道スタイルの甘いお赤飯です。いつもは、白いおこわに甘納豆を和えるつくり方ですが、今日はじめて色紅を使ってみました。


Dscn9418食用色素 粉末タイプ 赤 230円

「ベニコウジより得られる色素です」と書いてあります。
色紅は食品添加物につき、これまであまり使う気がしなかったのですが‥‥ いつもの白いおこわに甘納豆の粒ツブは、どうにも「色気なし」に感じて、一度使ってみようと思い立ちました。


Dscn9420Dscn9421_2最初の写真の右端に写っている「耳かき」のような透明スプーン1杯が、約0.1g前後だそうです。

写真左は、耳かき1杯の色紅を餅米に入れたところ。
写真右は即効性に期待して、耳かき3杯入れてかき混ぜたところ。

けっこうすぐに、餅米に色が移ります。


Dscn9424Dscn9426_3それを、いつものように蒸し器で蒸して(写真左)、甘納豆(右)を加え、豆の形をくずさないように、さっくりと混ぜます。

今日の餅米は、北海道遠軽町の辻本の親分にいただいた「オホーツクの餅米」です。上手になって使おうと残しておいたうちから、1合使いました。

今日の甘納豆は、中村製餡所で買った「かの子あずき」です。大さじ4杯を使いました。
粒がしっかりしてて、あったかおこわに混ぜると、ほっこりとした食感とやさしい甘さを発揮してくれます。


Dscn9429じゃじゃ〜ん、完成です!

北海道・遠軽町+京都・中村製餡所のマリアージュ heart あま〜い♪お赤飯


中村製餡所の「はる」さまいわく、「京都では、甘いお赤飯を食べる習慣はありませんもんねぇ‥‥」とのことでした。が、はる さまのところの「かの子」ちゃんは、甘いお赤飯になりましたよ〜 (o^-^o)

試食してもらった人の声
「見た目は赤飯だけど、食べたらまるで、お菓子やね」。色紅でつけた色が、本来のお赤飯より加工食品っぽいとのご指摘も受けました。


Dscn9437_3甘いお赤飯をピンポン玉くらいに丸めて、冷ましてみると、ホントに和菓子のようです。

美味しくするコツは、豆選びですね。東京・赤坂の雪華堂さんの「あまなっとう」でつくったときも、京都・中村製餡所の「かの子あずき」でつくったときも、品のいいお味になりましたもん。

ほんのり甘くて、丸っこくコロコロしてて、かわいいかも?

北海道スタイルの甘いお赤飯が全国区になるように、赤飯運動と共に、皆さんにお知らせできたらいいなと思います。


« スンドゥブチゲ初挑戦 | トップページ | 北海道の“黒飯”? »

赤飯運動」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、神道のおばあさんの話し、もしかすると全国共通かもしれないような気がします。
実体はわかりませんが、自然の素材で色づけしたお赤飯に対し、色紅を使ったもの(人為的なもの)はヨシとされない。

神棚には、甘いお赤飯ではなく、オーソドックスなお赤飯を上げるのが正なのですね。なるほど、勉強になります。

我が家に来ているおばさんのお話です。神道のおばさんは、神社の神主さんに「甘納豆入りのお赤飯は、お供えしないで、小豆で色付けをしたお赤飯をお供えしてください。」と言われたそうです。理由を今度聞いて見なくては♪

可奈さん、おはようございます。

「色気なしのおこわ」のほうが、私に合っているような気が致します。「小豆ばっとう」は、たぶん好きだと思います。うどんにアンコ、でしょう? どこかで食べたことがあるかも‥‥ うどんにきな粉の組み合わせは、かつて口にしたことがありますよ (o^-^o)

豆子ちゃん、おはようございます。

同じ色紅を使われているんですね。「ほんのりピンク色」を期待するなら、おそらく耳かき1〜2杯が適量だったような‥‥ 私は即効性を期待して、入れ過ぎました。

「黒飯」については、初耳です。またもや、皆さんにお知らせするネタに使わせてくださいね。

はる さま

おはようございます。ステキなアイデアをありがとうございます。
「あんこ屋さんのもなかセット」のあんこがあるうちに、やってみようと思います。
でも、中に入れて合うのは粒あんより、こしあん、ですか?

のどかさん、私んちでは『色気のない』白おこわ(甘い豆入り)が主流です(笑)でも、やっぱり餅米がほんのりピンク色だと華やかさが増していいもんですね♪
辻本さんから問い合わせのあった岩手の郷土料理『小豆ばっとう』うどんみたいなのに善哉風のつぶしあんが絡みあった食べ物があります。ゲゲッ(;_;)ナゼにうどんにあんこ!?と思う人も多そうなんですが、のどかさんには気に入ってくれそうな岩手の食文化です♪

先日、私がお赤飯を作る際に使用した色素と同じものです。天然色素は色が薄く可愛らしくつきますよね!
この色素は、ねりきり菓子を作るときにもオススメです♪とても可愛いピンク色になります!

中にあんを入れて赤飯饅頭にしても美味しそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/36045355

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道スタイルの甘いお赤飯:

« スンドゥブチゲ初挑戦 | トップページ | 北海道の“黒飯”? »