« 秋の始まり? | トップページ | 「おからや 熊谷」さん »

スゥンドゥブチゲ☆実践 (゚▽゚)

スゥンドゥブチゲというのは、豆腐を使ったチゲ(韓国料理)です。辛いよ〜

8月4日の豆なブログに丸大食品のスンドゥブチゲの素を使って試作したスゥンドゥブチゲのことを書きました。いつもの自分へのダメ出しの記録みたいな内容について、ハイリホーさんがとても詳しい向上術をコメントしてくださり、「ようやく実践できました」報告です。

ハイリホーさん、たいへんお待たせ致しました。お盆やら夏休みやらで、出張料理メニューに登場する日が延びました。すみません。


Dscn9596_2

前回の失敗は、辛さが乏しく感じられたこと。その原因は2つ。水っぽい野菜を使ったことと、「素」を温めずに中身の液体を鍋に入れ、大事な辛味成分が袋の中に残ってしまったこと。

ハイリホーさんのアドバイスに従い、その辺はクリア。
使った材料は、丸大食品のスンドゥブチゲの素・タマネギ・豚肉・しめじ・アサリ・絹ごし豆腐・ニラです。写真では、絹ごし豆腐があまり見えていませんが、1人分140〜150g入っています。

<食べた人の声>
二十歳の大学生「俺、これメチャメチャ好きです。アサリは苦手‥‥」
三十代男子「カレーは辛いのが好きだけど、この辛さはキツイ‥‥」
私の感想「今回は大成功の感じ。この辛さ、たまりませんわ。おほほ」

食べてくれる人のおかげで、出張料理人は毎回ちがう料理を試させていただいております。


Dscn9600_2せっかくなので、もう1品、冬瓜のズワイガニあんかけの写真も載せておきます。
アツアツの辛いチゲと、冷たくした冬瓜カニあんかけ、対称的な味で私は好きでした。

出張料理人奮闘記は、これからも続きます。


« 秋の始まり? | トップページ | 「おからや 熊谷」さん »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

miyuさま、コメントありがとうございます。

スンドゥブを始め、韓国鍋は好きです。アドバイスは他へも応用できそうですね。次回、やってみます。

あさりの匂いとかが嫌な場合は和風だしに(市販のうどんだしでもok)辛味が欲しい場合は韓国のプッコチィ(日本の青とうみたいな)刻んで入れると辛味を味わえますよcatface

ハイリホーさん、こんばんは。

そうでした。今回のスンドゥブチゲには、生卵が入っておりませんで‥‥ 卵を入れると辛味がやわらぐのですね。

アサリが苦手という男子は、貝類全般が苦手な人です。彼の皿にはアサリ抜きでついだつもりでしたら、ただ1コだけ混じっていたそうです。
「将来、結婚したら奥さんになる人が困らないように、今から好き嫌いはなくしておいたほうがいいかもよ」と切り返しました。

キムチスンドゥブ、イタリアンスンドゥブ、どっちもおいしそうです。また丸大食品さんの素を買いに行かなくては (*^-^)

再挑戦、ありがとうございます。辛いのが苦手な方には、玉子1個増量がオススメ。
あさりの味は………、
残念ながら消せませんm(__)m
キムチを加えたキムチスンドゥブや、トマトとチーズのイタリアンスンドゥブにもぜひお試しください(^O^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/36432806

この記事へのトラックバック一覧です: スゥンドゥブチゲ☆実践 (゚▽゚):

« 秋の始まり? | トップページ | 「おからや 熊谷」さん »