« 白花豆入りラタトゥイユ | トップページ | 札幌では‥‥ »

甘納豆おこわ

札幌のS先生より、「日本の歳時記を味わう 祝いの料理」という冊子と共に、「甘いお赤飯」のつくり方指南のお手紙をいただきました。S先生、ありがとうございます。

北海道在住の辻本の親分も、甘いお赤飯をつくられたと、この前ブログに書かれていましたし‥‥ 私もつくってみたかったのです。


Dscn9008_2Dscn9009せっかくなので、とびっきりの「あまなっとう」を使いました。
もちろん、いただきものです。

東京・赤坂の雪華堂さんの「あまなっとう」。そのまま食べても、とても美味しいので、どうしようかと迷いましたが、S先生の2つめのつくり方に習い、思い切って使わせていただくことに‥‥


Dscn9037Dscn9038_2「お米が蒸し上がった段階で甘納豆を混ぜると、豆とお米の一体感はありませんが、甘納豆の歯ごたえがあって、好評です」とのこと。

もち米に色紅で色をつけると赤飯ぽくなるのでしょうが、あえて白いままの「蒸しおこわ」をつくり、「大納言」が型くずれしないように丁寧に混ぜ、器に移して「白花豆」と「お多福豆」を飾りました。

そのまま口にしても、とってもおいしい「あまなっとう」が、おこわになると‥‥


Dscn9039_2
ほんわり温かさの残る段階で味見してみました。ふっくら、ふんわり、あまなっとうの甘味がうっすらと おこわに移り、熱が加わることで あまなっとう自体も、味が濃くなったように感じました。
おはぎや桜餅が好きな人には、好まれる味だと思います。

素材が良いと、上品で上質な味になるのですね。
赤飯のときみたいに、塩を少し加えてみようかとも思いましたが、よけいなことをしなくて良かったです。

次回、スーパーのミックス甘納豆を買って砂糖を洗い落としてつくって、同じ感想を抱くかどうかはわかりませんが‥‥
甘納豆おこわ、私は好きです (・∀・)!!

« 白花豆入りラタトゥイユ | トップページ | 札幌では‥‥ »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、おはようございます。

7種類の具材が入った煮しめ、おいしそうです。
おばあちゃんの味がいろいろあって、いいですね。

私のおばあさんは、お祭りには必ずお赤飯(甘くない)と煮しめを作ってました。煮しめの材料は、椎茸、人参、大根、ガンモ、こんにゃく、しみ豆腐、細竹の子の7種類を入れてました。
そう言えば、神社のお供えも奇数ですよね。

可奈さん、こんにちは。

「甘納豆おこわ」には、お煮しめを合わせる。これも初耳情報です。
お煮しめは、いも・人参・れんこん・玉ネギ・鶏肉・いんげん、などを入れたもので大丈夫でしょうか?
郷里・福岡では「がめ煮」と呼ぶんですよ。昔は鶏ではなく、精力がつくように亀を入れていたのだとか‥‥ ホントかいな・笑 ?

のどかさん、甘納豆おこわ作られたのですね!
立派な甘納豆で作られたおこわは、きっととびきりの美味しいおこわだったのでしょう。
私の地方(私の家?)でも、色をつけないで甘納豆の色だけを生かしたほうを、普段作ります。
おかずは、お煮しめなんかとよく合わせます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/35718495

この記事へのトラックバック一覧です: 甘納豆おこわ:

« 白花豆入りラタトゥイユ | トップページ | 札幌では‥‥ »