« 白い豆のサラダ | トップページ | 炊飯器で炊く お赤飯 »

大文字にて黒豆おにぎりを頬張る

明日、おついたちは「赤飯の日」。ちょうど明日は日曜日。ふだん忙しくされている方も、よかったらお赤飯をつくってみませんか。炊飯器で炊くと、意外に簡単でおいしくできますよ。


早起きをして、大文字(山)に登ってきました。

大文字登山は銀閣寺の入口手前を左方面に向かいます。ヘッホ、ヘッホ、いつも下界から眺める山は、近くて遠いですね。


Dscn9345_2大文字の「大」の字が交わるところで休憩

お楽しみは、黒豆ごはんのおにぎりです。煎った黒豆を白米に混ぜて、炊飯器で炊きました。
汗をたっぷりかいて食べるおにぎりゆえ、一応、塩と醤油を入れて炊いたのですが、もうちょっと塩気が効いていてもよかったかも‥‥ 梅ぼしを入れてにぎるべきでした。


Dscn9355Dscn9357_2左/地面にある「+」の印が、「大」の字が交わるところ。大文字焼きの薪を、ここで燃すのだそうです。

右/手前の「||||」は、「大」の字の「ノ」の字の頂点にあたるところです。薪を燃す土台は、この山に75あるのだとか(75箇所で灯す火が大の字を形づくります)。「||||」のとこで会ったおじさまに教わりました。

京都では、8月16日に「送り火」が焚かれます。いつも下から見上げる山に火が灯る。その前に山に登って、送り火をより身近に感じたいと思いました。

明日から8月。今夜中に「ささげ」を炊いて、お赤飯の準備をしておこう‥‥
「sekihan-suihanki.rtf」をダウンロード

« 白い豆のサラダ | トップページ | 炊飯器で炊く お赤飯 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

はる さま、こんばんは。

大文字の「大」の字の頂点までは行ったのですが、
山頂までは登りませんでした。
あ〜、はるさまの木札があると知ってたら、探したのに〜

1時間もかからず登れる山で、手軽でいいですよね。
でも、ヘトヘトになって、いつになく早寝をしました。
昨夜から今朝までは、11時間ほど眠った計算になります (^-^;

辻本の親分、こんばんは。

炊飯器の赤飯と、豆子ちゃんのあま〜いお赤飯、いかがでしたか?
私も久しぶりに炊飯器で炊きました。
昨日、慣れない登山でヘトヘトになり、蒸す準備もできずに寝入ってしまったため、ちょうど良かったです。

やっぱし蒸して作るほうが、おいしいように思いました。

大文字山、いいですよね。

何年か前に登ったときに、山頂にネーム入りの木札をぶらさげてきたのですが、もうとっくに無くなってるでしょう。

ブログで豆子さんのお赤飯の作り方をアップしました~。明日は、私も挑戦してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/35970086

この記事へのトラックバック一覧です: 大文字にて黒豆おにぎりを頬張る:

« 白い豆のサラダ | トップページ | 炊飯器で炊く お赤飯 »