« 初はかり/デジタル篇 | トップページ | 土用入りの「あんころ餅」 »

土用餅

いつも楽しみに読ませていただいている京都・中村製餡所の「はる 毎朝、あんトーストを食べている人のブログ」に書かれていました。

土用の入りの日に食べるあんころ餅を「土用餅」というそうです。京都や金沢に残る風習だとか。

私のふるさと・福岡では、そんな話しを聞いたこともありませんでした。おまけに初代マメラボは、うなぎ屋さんの隣にあったため、土用ともなれば、うなぎを食す行列、予約して買っていく人の群れで賑わっておりました。午前11時頃になると、マメラボにはうなぎのニオイがただよってくるのでした。

土用の入りに食べるあんころ餅、ぜひとも味わってみたい♡
土用の入りは7月20日(火)で、土用の丑の日は26日(月)とのこと。

明後日、忘れずに「あんころ餅」を買いに行かなくては‥‥

« 初はかり/デジタル篇 | トップページ | 土用入りの「あんころ餅」 »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

可奈さん、こんばんは。

鴎のたまご社製あんころ餅は、どんなあんころ餅ですか?
「暑さを乗り切るために、あんこを食べて精をつけ、邪気を取り払う」いいですねぇ〜。

暑いときにアンコを食べるのはキツイ? あ〜、可奈さんやほかの人はそうなのですか? 私は今まで一度もそんなふうに感じたことがないので、その感覚は初耳でした。

春夏秋冬、アンコだったらいつでもOKです o(*^▽^*)o

辻本の親分、こんばんは。

土用餅、食べましたよ〜♪ おいしかったですぅ!
残念ながら「魚焼き禁止令」のマメラボで、うなぎを食すことは叶いません。よって、あんころ餅は、思いっきり食べます。あんころ餅、あと3つあります。

ウナギは中国からの輸入品か国産かで値段がずいぶん違いますね。国産でまかなえる量が限られるから、国産のうなぎに、より高値が付いているのかも‥‥

のどかさん、こんばんは。
土用もち、私の会社のお店でも出しています。これからの厳しい暑さを乗り切る為に、あんこを食べることで精をつけたり邪気を除く為にという古くからの風習だったと思います(少し違っていたら、すみません)
暑さ厳しい時のあんころ餅は食べるのが正直キツイ時がありますが、あんこ好きなのどかさんならきっと大切に頂くことでしょう(*^o^*)
のどかさんの身体が欲する気持ちに逆らわずに、お好きなもの食べて、いつも朗らかなのどかさんでいらして下さいね。

今日のTVの放送で、ウナギの生産が少ないため高くなっているそうです。北海道では、今でこそウナギを食べますが、私が小さいときには田舎な為か・・ウナギに似たヤツメウナギを食べてました。長いと言うのだけ似ていますが、味も全然似ていない名前だけのウナギでした。このウナギ、どうも私の口には合わず、ウナギが嫌い(ウナギと思っていたため)でした。土用のウナギも楽しみですが、土用餅食べてみたいですね。

地域設定ボタン、購入時に設定していました。(タニタ社製)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/35800238

この記事へのトラックバック一覧です: 土用餅:

« 初はかり/デジタル篇 | トップページ | 土用入りの「あんころ餅」 »