« アンミツと山鉾リサーチ | トップページ | 本日、15日につき »

明日、15日につき

お赤飯をつくる準備をしています。

Dscn9081_2丹波の大納言を煮ています。

蒸しおこわの赤飯にしようと思うので、大納言はややカタメに茹でます。
その煮汁を冷まして、餅米を1晩ひたしておきます。そうすると、お米にほんのり色が移るのです。
朝から蒸し器を使って、餅米を蒸し、途中で大納言を混ぜて、また蒸します。

降っても照っても、こうして「15日だ」「1日だ」と、月日の移ろいを数えておられるうちは、しあわせなのです。たぶん‥‥

おいしく出来るかな? おいしく出来ますように。

« アンミツと山鉾リサーチ | トップページ | 本日、15日につき »

赤飯運動」カテゴリの記事

コメント

豆子ちゃん、こんにちは。

最近の私の赤飯、蒸してつくる弱点がひとつ。蒸すときに鳴る鍋のガラス蓋のガタガタという音がうるさくて、鍋蓋をほんの少し開けておくのですが、たぶんそのせいで、餅米の蒸し具合が均一になりません。
蒸し布を開いた上の部分はヤヤカタメ、鍋の底から蒸気がよくあたる部分はヤワラカメ。この蒸しムラを解決するには、やはり蒸篭(セイロ)を買うべきなのかも‥‥

北海道の甘いお赤飯、北海道で食べてみないと自分のが本物かどうかわかりませんが、私はけっこう好きでした。お子ちゃまなのかなぁ‥‥ 笑

蒸しおこわ風お赤飯は上手くいきましたか?
私も昨日作り、今日のお昼ご飯に食べました。
今回は、北海道でよく作られる甘いお赤飯を簡単に作れるか試してみました。レポート作り、出来次第のどかさんに提出させていただきます。
実家で作る甘いお赤飯は、辻本さまとほぼ同じ作り方でした。

今回甘いお赤飯を作り、北海道人ですが、本来のお赤飯のほうが私は好みと実感してしまいました。子供の頃は甘いお赤飯好きだったのになぁ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/35753442

この記事へのトラックバック一覧です: 明日、15日につき:

« アンミツと山鉾リサーチ | トップページ | 本日、15日につき »