« 明日、15日につき | トップページ | 初はかり/デジタル篇 »

本日、15日につき

お赤飯をつくりました。


Dscn9092
遅めのお昼ごはんに、ちびッ子サイズのおにぎりと奈良漬、サツマイモとわかめの味噌汁

丹波大納言と福岡県産餅米「ヒヨクモチ」を使った赤飯をおにぎりにしました。私の手は大きいので、意識しないとデカイおにぎりになります。

3合の餅米を蒸してつくった赤飯。小さいサイズのおにぎりだと、たっくさんできます。


Dscn9083_2Dscn9086_3Dscn9084_2私のいまのつくり方は、北海道遠軽町の親分のやり方に、師匠(穀物屋 森光商店)の方法、三条商店街のおばちゃんのやり方をミックスしたつくり方です。蒸している過程を写真に撮りました。

1)餅米3合:豆(丹波大納言)大さじ5のバランスでつくりました。餅米を豆の煮汁に1晩浸しておきます。すると、色が移って蒸し上がりがキレイな色になります。

2)蒸し器で蒸すこと20分。

3)残しておいた豆の煮汁(餅米を浸しておいた汁)に塩を小さじ1ほど加え、蒸し器から出した餅米を蒸し布のままジャブンと浸します。


Dscn9085_2Dscn9086Dscn90874)そこに、茹でておいた豆を加え、さらに25〜30分ほど蒸します。

5)蒸し上がったら、餅米と豆をざっくりと混ぜ合わせて出来上り。好みでゴマ塩をふりかけてください。

« 明日、15日につき | トップページ | 初はかり/デジタル篇 »

赤飯運動」カテゴリの記事

コメント

可奈さん、こんばんは。

大きな手でにぎる小さなおにぎりは、形がなんともイビツですよね‥‥ その時はわからないけど、写真にしたら大わかり。
可奈さんがにぎると、小さくて丸っこいおにぎりになりそう!? あ、失礼! ドラえもんの手って、そんな手ですよね・笑

辻本の親分さん、こんばんは。

いつも皆さんのお赤飯写真を出してくださって、ありがとうございます。私のいびつなおにぎりも載せてくださって、ありがとうございます。

この前の「はる さまブログ」で、親分のところ宛に「中村製餡所のもなか」が送り出されたのだろうなと思っていました。やっぱりそうだったのですね。
北海道まで、もしかすると、もなかセットより送料のほうがかかるかも‥‥? 送料をかけても惜しくないくらい、中村製餡所のもなかセットは美味しいですよね。

私もこんなお昼ごはんが食べたいです。
フフッ( ̄∀ ̄)のどかさんて大きい手だったんですか?なんか意外でウケました(笑)
私は身体に見合った小さい手ですが、ドラえもんのような手だとよく言われます(¬з¬)ふぅ~

なななななんと今日の私のお赤飯の作り方と同じです。
小豆を入れ忘れ4)になってしまったのです。豆も割れないのでこの方法が良いと思います。
今日、はるさんに注文したもなかセットをお茶の先生の家に運びました。と言う訳でブログアップも今の時間になりました。
赤飯おにぎりの写真、ブログに頂きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/35762073

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、15日につき:

« 明日、15日につき | トップページ | 初はかり/デジタル篇 »