« セコム、してますか? | トップページ | ひよこ豆のカレー »

「きんつば」と「しがらぎ」

Dscn8915_2久々のお出かけで、大阪に行きました。

誰かに気付いて欲しくて、わくわくしながら初めて付けた帯留め。
ふだんから「豆好き」が知れ渡っていると、こんなプレゼントをくださる方も世の中にはいらっしゃるのですね。
うふふ。歩くとガラスの中の豆粒がゆれる音が、小鈴のように、自分にだけ聞こえます。


集合場所は難波の高島屋正面玄関。迷わないように、遅れないように早めに出て、立ち寄ったところはココです。


Dscn8926Dscn8925大阪市北区堂島
「出入橋きんつば屋」。

姜尚美さんの「あんこの本」で知り、どうしても行きたかったお店です。
梅田駅からもJRの大阪駅からも、すごくわかりにくいところらしく、通りがかりのお姉さんにお訊ねしたところ、ご親切なお姉さんは「出入橋きんつば屋」の見えるところまで連れて行ってくださいました。
リクルートスーツに身を包んだ就活中の、このポニーテイルのお姉さんに、どうぞ良い仕事が見つかりますように‥‥。

で、本題。晩ごはんの約束は夕方7時〜。きんつば屋に着いたのは5時前。ここで思いっきり食べてしまうと‥‥


Dscn8918_2Dscn8924よって、姜さんのページにもあった「しがらぎ」なる和のおやつをいただきました。(写真左・500円)

温かそうに見えるけど、米粉の白い団子は冷たくて、とろりと粒立ちの良いあんこがどっさり、きな粉もたっぷりかかっています。
たぶん、きな粉から食べるほうが良いと思うんです。だって、あんこは甘いから。けど、私は「好きなものを先に食べる派の女」だから、あんこから手を出しました。

うまい(京都の女の人は「うまい」と言ってはいけないそうです。念のため)。足がつりそうになりながらも、はるばる就活レディのペースで着いて来た甲斐がありました。
素朴でやさしいお味です。おばちゃんは、お茶のお替わりを何杯もくださって「着物をきれいに着てらっしゃるね、お稽古の帰り?」なんて褒めてくれて(でも帯留めは気付いてくれなくて、ちょっと残念)‥‥。

人柄の良いお店の食べ物は、それだけでプラスαのおいしさがあります。よって、きんつば(写真右)もいただきました。

きんつばは、ちょっぴり小ぶりで、白い薄皮がアンコのかたまりを遠慮なくたっぷり包み込んでいます。これはもう、手づかみしかありません。ふんわり温かさが指先から伝わり、程よいやわらかな味は1つと言わず、2つ、3つ‥‥ もっと食べたかったです。


この界隈が船着き場で、やさくれ男どもが、きんつばや氷やしがらぎをおやつに食べていたと、姜さんのご著書で拝見しておりましたが、なんのなんの、ここは近代的なビル街の端っこで、やさくれ男というより、気の良いおじちゃんたちのたまり場みたいなお店でした。

また食べたくなったら、今度は一人で無事に行けるかなぁ‥‥?

« セコム、してますか? | トップページ | ひよこ豆のカレー »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分さん、こんばんは。

「あんこの本」の店探検、まだ2軒目です。「ふたば」は、あんこの本の前から行っていましたから、計3軒しか行っていません。ちょっとずつ、探ってきますね。

けど、ベストは「はる さま」の中村製餡所さんのような気がします。豆好き、あんこ好きの直感です。早く親分にも、中村製餡所さんに行ってほしいです。

可奈さん&めぐりんさんとは、豆談義、雑穀談義、赤飯運動談義、食べ物の好き嫌い談義をしました。女3人、姦しいテーブルでした。

お三人の楽しい笑い声が、遠く遠軽まで聞こえて来ました。羨ましかった昨晩です。
のどかさんのおかげで「あんこの本」に掲載されているお店を覗く事が出来て嬉しいです。これからも探検よろしくね!!
豆の可愛い帯留め、素敵ですね・・今日、私も良い物見つけましたよ~

可奈さん、こんばんは。

先日はありがとうございました。
ご出張、おつかれさまです。
大阪で暑がりの岩手っ子、ちょっぴりおかしくて、かわいかったです。
東京の次は大阪。さて、次回はどこでお会いできますやら‥‥

のどかさん、こんばんは♪昨晩は本当に楽しい時間でした。
お着物とっても素敵で、すごくのどかさんにお似合いでしたよ。
(b^ー°)
あ。私も好きなものは絶対先に食べる派です。
またお会い出来ますように(≧ε≦)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/35442256

この記事へのトラックバック一覧です: 「きんつば」と「しがらぎ」:

« セコム、してますか? | トップページ | ひよこ豆のカレー »