« 「赤飯の日」を前に | トップページ | あずき粥 »

晴れの日に

6月5日、京都は快晴です。6月に入って、しばらく臥せっておりました。書きたいと思いながら書けずにいた、お赤飯のことを書きます。


Dscn8463_2Dscn84661ヶ月くらい前になるでしょうか、自転車で遠出した帰りにこんな看板を見つけました。

左「本家 鳴海の赤飯」看板発見
右 赤飯セット? 441円?

あれからず〜っと気になっていたんですよ。「441円で食べられる本家のお赤飯って、どんなもんだろう?」と‥‥

そうしたら、こんなセットでした。


Cimg3336本家 鳴海餅本店の「赤飯セット」味噌汁・奈良漬・佃煮がついて441円

お赤飯は見目麗しく「さすが本家!」の味わい。
豆は丹波の大納言。煮くずれもなく、ふっくら。もち米にしみた赤飯色は乙女のような色っぽさ。もちもちホワホワで温かい。豆とごはんの相性が何とも言えません。

もち米は、佐賀県産ヒヨクモチを厳選使用されているとのこと。
(ねばり、艶、ふくらみ、味、どれをとっても最高級品とホームページの米紹介に書かれていました)
「ヒヨクモチ」って、穀物屋の赤飯とおんなじ! やっぱしね。さっすが〜、と嬉しくなりました。

お赤飯と奈良漬が、こんなに互いを引き立て合う関係だったとは‥‥ 白ごはんに梅ぼし、みたいな感じ?

赤飯150gは、女性でもペロリ。男性はダブルにしてもいいかも?


Dscn8801Dscn8802_2せっかくなので、和菓子もいただきました。

左/京の季節菓子「水無月 抹茶味」
右/赤飯万寿 

水無月にのる豆も、丹波の大納言ですね。しっとりしたふくよかな炊き上がり。
赤飯万寿は、蒸し上がりに食べたら尚、おいしそう。栗がのってます。


Cimg3347

« 「赤飯の日」を前に | トップページ | あずき粥 »

赤飯運動」カテゴリの記事

コメント

親分、こんにちは。

トマトの漬け物とお赤飯、私では考え及ばぬ組み合わせ。
おいしくできるといいですね。

今日はバナナ+牛乳+みかん+ヨーグルト+氷のジュースをしました。どんどん足していったら、けっこうイイ感じの味になりました。

たくさんご心配おかけしました o(_ _)o ペコッ

元気になって良かった~!
美味しそうに食べていますね。お赤飯と奈良漬けが美味しいのです。今年も張り切ってトマトの漬け物を作りま~す。お赤飯と合いそうです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/35073697

この記事へのトラックバック一覧です: 晴れの日に:

« 「赤飯の日」を前に | トップページ | あずき粥 »