« 一乗寺 中谷の「みな月」 | トップページ | 赤飯エピソード »

豆かんてん/試作の3回目

ワールドカップを視ながら「KIRINビール」を飲むか、それとも「豆かんてん」を食すか、あなたならどっち?

Dscn8880_2市販の粉寒天は、1包4g入りを500ccの水で溶かしてつくるように書かれていました。その分量比でつくったのが、初回バージョンでした。

茹でて塩に浸した赤えんどうをのせて、黒蜜をとろ〜んとかけて、これはこれでおいしかったと思います。
でも、期待される雰囲気と違う‥‥


Dscn8892そこで、試作の2回目がこれ。粉寒天4gに対し、水を600ccに増やしました。

出来上がった“ぷるぷる”かんてん。
かんてんと赤えんどうだけではさみしいので、甘味あっさりフルーツを加えてみました。
「今度こそ!」と思ったものの、やっぱり何かが違う‥‥


Dscn8977それじゃあ、もう1回‥‥

今度は粉寒天4gに対し、水800ccです。これだったら、“ぷるる〜ん&ぽよよ〜ん”になると思いきや‥‥

初回、2回目より「やわらかめ・かんてん」になってきたと思うのですが、なんでだろう‥‥? 理想とする「大きめのスプーンで適当な大きさにすくって、器に盛る」の状態にならない。。。

赤えんどうの煮方、塩加減は回を増すごとに美味しくなっている自信があるのに、かんてんとの相性は今ひとつ‥‥ なんで、うまくいかないのかなぁ?

買い置きの「4g×4袋入り」粉寒天、残すはあと1袋。次は4g対1,000ccでやってみます。だって、ちゃんとおいしくできたら、「寒天嫌いを克服できるほど美味しい豆かんてん」に成るらしいです。

かんてんは食物繊維が豊富。試作&イートの繰り返しで、おなかの調子も◎です。

« 一乗寺 中谷の「みな月」 | トップページ | 赤飯エピソード »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

@媛さま、こんばんは。

「大極殿栖園の琥珀流し」、存じませんでした。京都の老舗なんですね。
さすが、京都ツウであられますね。

「今度、イノダコーヒー本店のモーニングを食べに行こう」という約束があるので、その足で寄ってみようかなぁ‥‥

ペパーミント蜜って、どんな味がするのでしょう?

大極殿栖園の琥珀流し、偵察なさいましたか?
あのカンジ!タマランですね♪
7月ですから、ペパーミント蜜ですねぇ~♪らぶheart01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/35578181

この記事へのトラックバック一覧です: 豆かんてん/試作の3回目:

« 一乗寺 中谷の「みな月」 | トップページ | 赤飯エピソード »