« ひよこ豆とあんずのタルト | トップページ | 赤飯に合う お漬物って? »

明日の赤飯 準備

明日15日は「赤飯の日」。
北海道の辻本の親分と共に「毎月1日と15日は赤飯の日」と言い出して、ちょっとずつ賛同してくださる方が増えて来ました。

私が明日、挑戦してみようと思っているのは、三条通商店街の「福島米穀店」で買った「高級もち米 羽二重もち」と、丹波の大納言でつくるお赤飯。蒸し器でつくるので、今夜から準備しなくては‥‥


最近、つくった豆料理を掲載します。

Dscn8804そら豆とプチトマトの煮びたし

ku:nel 「京都のこみち。」号についていた高橋みどりさんの伝言レシピに習って、つくりました。
かつおだし、薄口しょうゆ、塩が浸し汁になります。茹でた そら豆と、湯むきしたプチトマトを使います。

浸し汁は、かつおだしもいいけど、コンソメの冷たいスープでも美味しいように思います。

Dscn8839Dscn8840左/えだ豆入り ふわふわポテトサラダ
実家からジャガイモがたくさん送られてきました。粉ふきいもにして、塩、バター、牛乳を加えてつぶし、少し冷まします。
彩りに、えだ豆を混ぜました。この枝豆は、北海道中札内村ビーンズ邸のフォトコンテストに入賞していただいた記念のえだ豆です。ほほほ♡

右/豆腐ハンバーグ
いつも視ている「ゲゲゲの女房」を思いながらの節約レシピ。牛肉100%に、みじんタマネギ、かさ増しで木綿豆腐を加えました。
この写真は焼き上がり。これに、たっぷりの大根おろしとポン酢や梅ドレッシングをかけて食べました。

ぼちぼち、元気にやっております。

« ひよこ豆とあんずのタルト | トップページ | 赤飯に合う お漬物って? »

赤飯運動」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんにちは。

お友だちのお母さまがつくっておられるという「甘納豆でつくるお赤飯」、できることならお話しをお聞きしてみたいです。

電話インタビューとか、お願いできませんか?

準備万端ですね。
一日にお友達のお母さんにお赤飯をご馳走しました。いつも、甘納豆で作っていたので小豆のお赤飯が懐かしかったそうです。
明日は、小豆で炊くそうです。お母さんのお赤飯食べてみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/35255750

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の赤飯 準備:

« ひよこ豆とあんずのタルト | トップページ | 赤飯に合う お漬物って? »