« from 五島列島 | トップページ | もちもち食感「赤飯風味」? »

あんこ屋さんのもなか/こしあん編

豆なブログに何度か登場する中村製餡所のもなか、粒あんの次は店主自信作の「こしあん」を購入しました。

Dscn8469Dscn8470中村製餡所の「こしあん」

こしあんもなかは、あんこが500gともなかの皮(種)20枚/10セット分で税込 1,000円です。粒あんもなかや白あんもなかも、同じ値段です。

きめ細やかな、このアンコ。おいしそうでしょ〜 ( ̄▽ ̄)

Dscn8472_2


中村製餡所のもなか、「1日に3個まで」と自分を律しながら、日々いただきました。

Dscn8479Dscn8481中村製餡所の「こしあん もなか」

こしあんは砂糖と小豆で出来ています。小豆より砂糖の表示が先についています。粒あんに入っている水飴は、こしあんには入っていません。

こしあんは、粒あんより更に手間がかりなのに、粒あんと同じ値段です。舌の上で、上生菓子のようにとろけます。そのなめらかなザラツキは、汁粉にしても美味しそう‥‥


Dscn8484「こしあん もなか」のアンコを使って、イングリッシュ・マフィン生地に挟んでみました。

あんトーストは美味しいのに、イングリッシュMサンドが美味しく感じないのは何故?

サンドせずにアンコをのせただけで食べても、今ひとつ‥‥


Dscn8515Dscn8509答えは簡単。アンコともなかの種(皮)の組み合わせが絶妙だからです。

サクッと軽やかに噛み切れるもなかの皮に挟まれた上質なアンコ。た〜っぷり挟んで食べると、尚おいしい!

中村製餡所の「粒あん」と「こしあん」、2種類を味わってみて思うこと。
「粒あん」と「こしあん」は、全く別の食べ物です。私にとって「粒あん」がアンコで、「こしあん」は生菓子なのです‥‥。夜中の2時過ぎに、一人こっそり もなかを食べながら思いました。

さ〜て、お次は「白あんもなか」‥‥ 全味制覇まで、じっくり楽しませていただきます。

« from 五島列島 | トップページ | もちもち食感「赤飯風味」? »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

のどかさん、さすがですね。

こしあんと粒あんが同じ値段だということは、こしあんが「ワリ安」だと気づかれましたね。
作る手間もこしあんの方がかなりかかっていますし、皮を捨てる分、原材料費も高くつくわけです。
この点に気づかれるのは、通(ツウ)の証です。
こしあんと粒あんが全く別の食べ物、という指摘もするどいと思いました。
感心させられてばかりです。

可奈さん、こんにちは。

お仕事なかなかハードそうですね。
時には自分を甘やかしましょう。
甘いものを食べるのもいいし、ふらっと遠出でも‥‥

可奈さんに紹介したい甘いもの、いっぱいありますよ〜♪

辻本の親分さん、もとい、実行委員長、こんにちは。

中村製餡所さんでは、「New 白あん」が誕生するそうです。
興味あります。次はそれを買ってレポートしますね。

中村製餡所のホームページに、「はる」というブログが掲載されています。私はブックマークして、読ませていただいてます。あんこ好きには、おすすめですよ。
http://nakamuraseian.jugem.jp/

のどかさん、こんばんは。(^_^)v
やはり、あんこは勿論のこと、最中の皮の品質も大事なポイントですね。
毎日プレッシャー、理不尽なある圧力、神経が細くなってきております。見た目には残念ながら影響しませんが(笑)
のどかさんの温かい雰囲気に囲まれて一緒にあんこもの食べてノンビリしてみたいな(*^_^*)

中村製餡所のあんこ、一度食べてみたいですね。今年は、是非のどかさんとめぐりんさんとの3人で「あんこの本」のお店に行きたいなぁ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/34658586

この記事へのトラックバック一覧です: あんこ屋さんのもなか/こしあん編:

« from 五島列島 | トップページ | もちもち食感「赤飯風味」? »