« お赤飯のご用意を‥‥ | トップページ | 突撃・赤飯運動〜オホーツク篇 »

「あんどうぞ」の中村製餡所

今ではもう、村上農場のちかさんも、遠軽町の辻本親分も、アーティストめぐりんさんも持っている姜尚美さんの「あんこの本」


Dscn8240Dscn8239「あんこの本」を見て、最初に訪れたのはココです。
「あん」の紅い文字が、妖怪ストリートの向こうに見えました。中村製餡所、発見!

おほほ、全国の皆さん、ごめんなさいね。京都に住んでいるおかげで、私は「あんこの本」の店に、自転車で行くことができました。


Dscn8242
お店のガラスに貼られた「あん」の説明。中村製餡所では、小豆と白あんの粒あん・こしあんが購入できるそうです。


Dscn8246目当ては「あんこ屋さんのもなか」。

何回も買いに行きたいので、大人買いはしませんでした。
買ったのは、小豆の粒あんセットです。

あんこ、ずっしり500g(これが小サイズ/大は1kg)と、もなかの皮(種というそうです)20枚・10個分のセット。
もなかセットは、どれも1,000円です。
この種に、あんこを好きなだけサンドする‥‥ よかろう?


Dscn8249_2

ご主人から「10個にたっぷり挟んでも、まだ余る量ありますよ」な〜んて言っていただいたものだから、うれしくって、た〜〜〜っぷりサンドしました。

もなかの種からアンコが“びにょ〜ん”と はみ出すくらい‥‥


Dscn8250

見事でしょう? 菊のもなか。美しいでしょう?

在り来たりな表現ですが、「とにかく、おいしいです!」
種のサックサクと、あんこのしっとりした舌ざわり。粒あんなのに、しつこくない。小豆の皮が嫌味に感じない。
これなら、粒あんが苦手な“こしあんフェチ”でも、好きになるでしょう。

ついでに1枚1枚 手焼きの種は、もなか嫌いが言う「上あごにくっ付くしつこさ」なる腰抜けではありません。前歯の健康を喜びたくなるサクサク加減。あは〜ん♡

中村製餡所って、小倉あん発祥の地・京都に100年以上続くあんこ屋さんです。うれし過ぎて「あ〜ん♡」と舞い上がってしまいました。

次にねらうのは、こしあんの最中セット。
ご主人と、あんこ話しをさせていただけるのも、極上のしあわせにございます。

中村製餡所 京都市上京区一条通御前西入大東町88「天神さん」から近いです。
TEL 075-461-4481 8:00〜17:00 日・祝休み


« お赤飯のご用意を‥‥ | トップページ | 突撃・赤飯運動〜オホーツク篇 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

湯たんぽさん、こんばんは。

命がけのレポートをありがとうございます。
中村製餡所のもなか、おいしかったでしょう (o^-^o)
おんなじ「小豆の粒あんもなか」を私もいただきました。
白餡もいずれ‥‥

世の中に、あんこという食べ物があって、日本という国に生まれて、私はしあわせです。

 本日中村製餡所の最中セットが届きました。悩んだ挙句小豆の“つぶあん”、しろあんは“こしあん”を注文。勤務先の面々にも好評でした。私は最中のように挟むことなく、皮の上に餡をてんこ盛りにして頂いてしまいました。このような食べ方をしていると、お迎えが来るのもそう遠くないかも?命がけのレポートでした。

豆子ちゃん、こんばんは。

豆子ちゃんも「あんこの本」仲間なのですね。うれしい。
あんこの本は、いいですよぉ〜。
間違いなく、あんこを食べたくなります。

北海道の小豆が、全国の銘菓となって活躍していますね。
豆の王国・北海道バンザイ!

湯たんぽさま、こんばんは。

もなか、もう注文されましたか?
さすが甘いものには目がない‥‥

菊の種のサクサク感と、餡のマリアージュ、欲張りにあんこをた〜っぷり入れて、おいしいですよぉ〜。

私も次は、こしあんを買います。
その次に白あんを‥‥

最近、自転車圏内がどんどん広くなっています。。。

中村製餡所の中村さま

こんばんは。
コメントをいただけるなんて、うれしいです!
ありがとうございます。

地味なブログですが、コアなファンとなってくださっている豆好きさんも多いので、「あんこの本」同様、中村さまの「あんこ屋さんのもなか」も、皆さん興味を持ってくださると思います。

中村さまのあんこと、もなかの続編を、またそのうち書きます。
今後とも、よろしくお願い致します。

可奈さん、こんばんは。

京都にお越しの際は、中村製餡所さんもご案内致します。
中村製餡所さんは、北野天満宮を目指して行くといいですよ。

ところで、可奈さんは自転車に乗れますか?

辻本の親分さん、こんばんは。

いつもいつも大変お世話になりまして、ありがとうございます。
親分の材料、親分のレシピで出来上がった赤飯の行方は‥‥
このあと書きま〜す♪

中村製餡所さんの小豆も、北海道産でした。おいしい!

あんこの本が気になり、豆子も本屋さんに注文したところです。
豆畑さんが帰ってきたときに、見せたいので、資料館におきます。
読むのも楽しみですし、豆本の仲間として並ぶ日が楽しみです♪
早く届かないかな~

そして、京都を自転車で散策できるのどかさんが羨まし過ぎる!!
ブログでたくさん伝えてください!いつも楽しみにしています♪

 中村製餡所が日曜祝日はお休みと聞いてがっくり。しかしホームページを覗いてみると地方発送可能である事が判明。さっそくこしあんとしろあんの最中セットを注文することに。でも食べきれるかな・・・?

のどかさん、こんにちは。
中村製餡所の中村です。

もなかセット、喜んで頂けて嬉しいです。
写真、とても綺麗に撮ってもらって感激です。

次回は小豆のこしあんを是非どうぞ。


のどかさん、こんばんは。
『とら豆きんとん』仕事が一段落したら是非作ってみようと思います♪ありがとうございます。
お赤飯、1日フライングですが先ほど出来上がりました。
京都に遊びに行った際には私にも中村製餡所さん連れていって下さいね。(*^_^*)

北海道はから広がった豆は、更なる旅を続け美味しい餡へと変化していく・・・豆探検家も北海道(豆資料館を)を出発点に豆の旅を続けるのであった。
お~ドラマのよう、のどかさん、超素敵!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/34230543

この記事へのトラックバック一覧です: 「あんどうぞ」の中村製餡所:

« お赤飯のご用意を‥‥ | トップページ | 突撃・赤飯運動〜オホーツク篇 »