« さくら白玉と金時豆 | トップページ | 嵯峨豆腐 森嘉 »

お花見だんご

Dscn8201_2京都御所が年に2回だけ一般公開されるそうで、この春は4月7日〜11日がその期間。

京都御苑の中に京都御所があって、御苑はいつでも入ることができますが、御所はいつもは入れません。ゆえに、御所の門をくぐるのは初めての経験でした。

京都御所は明治天皇のおうちだったとこです。途中まで住んで、東京に移られたとか。「こ〜んなご立派な家を残して、もったいない‥‥」気分はまるで留学生。JAPAN文化を堪能しています。


Dscn8202Dscn8208_3御所見学の帰り、大好きな「出町ふたば」で、お買い物‥‥ 花見日和のせいか、今日の「ふたば」は平日昼間だというのに行列が3列も連なっていました。

いつもの「豆餅」、絶品です。北海道美瑛産 赤えんどうの塩梅が何とも言えません。
この前読んだ「あんこの本」には、餅に塩が入っているとのことでしたが、たぶん赤えんどうも薄い塩味がついていますよね?? たっぷり入った小豆のアンコが「こしあん」なのは、赤えんどうの粒感を際立たせるためでしょう。

ふたばの豆餅、いくつ食べても飽きません。
京都駅や四条河原町あたりの百貨店に入っていたりするけど、やっぱし出町で並んで買うほうが数段おいしく感じます。

ふたばで買うときのキーマンは、いつも豆餅です。ついでに、その他の食べたことない和菓子類を全制覇すべく順に買っています。
今日は3種類ある「柏もち」から「みそ餡」と、田舎大福(だったかな?)=草餅を一つずつ買いました。
草餅は、とってもヨモギ度が高く、まるでさっき すり鉢ですりつぶしたヨモギを、ど〜っさり入れたようなお餅でした。半木の道(なからぎのみち)の桜スポットで、いただきましたとさ。

「みそ餡」の柏もちは、晩のおやつにいただきま〜す (o^-^o)

« さくら白玉と金時豆 | トップページ | 嵯峨豆腐 森嘉 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分さん、こんばんは。

美瑛の丘って、赤いところですよね?
セブンスターの木ってCMの木ですね?
富良野には1度だけ行ったことがあります。
また行きたいなぁ‥‥

料理教室をされるのですね。
赤えんどう探検もステキですが、いつの日か、親分が講師をされる料理教室の助手に入らせていただきたいです。

美瑛の丘には、セブンスターの木があります。美瑛産赤えんどうは、どのあたりで作っているのか気になりますね。今年は、富良野の道田家で料理教室をする予定です。のどかさん、赤えんどう見に来ませんか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/34139948

この記事へのトラックバック一覧です: お花見だんご:

« さくら白玉と金時豆 | トップページ | 嵯峨豆腐 森嘉 »