« とら豆あんこ | トップページ | 「あんどうぞ」の中村製餡所 »

お赤飯のご用意を‥‥

本日13日につき、明後日はお赤飯の日。
心ある方は明日、どうぞお赤飯を炊くご用意を。私は、親分から届いた北海道・オホーツク産のもち米と小豆を使って、お赤飯を炊く予定にしています。

おいしくできますよ〜に (o^-^o)


お赤飯ではないけれど、豆も使ってないのだけど、最近のヒット作を掲載します。

Dscn8203Dscn8233近くの桜が、あんまりキレイだったから‥‥

お店で買った「桜花漬」が、あんまり塩辛かったから‥‥

自家製の「桜の塩漬け」をつくってみました。
私の予想ですと、桜はソメイヨシノではなく、紅枝垂れのほうが程よい塩梅(あんばい・塩桜とは書かない‥‥)になるようです。花は開いたものではなく、つぼみが良いと思います。

Dscn8234_3
徳島産の「はちく」を使って「竹の子ごはん」を炊き、そこに自家製桜の塩漬けを添えました。竹の子ごはんを薄味にしていたので、桜の香りと塩の具合がいい感じでした。


Dscn8180_2Dscn8185dancyu 5月号のメガヒット・レシピ
5月号は「たまご料理」が特集されています。そのP66〜67に掲載されている平野由希子さんレシピ「ふわふわ スフレオムレツ」をつくってみました。

おやつのような卵焼き。ふ〜わふわです。

ざっとつくりかたを説明しますと、卵黄と卵白を分けて卵白だけのメレンゲをつくり、砂糖を少し加えたメレンゲを卵黄と混ぜ合わせ、熱したフライパンで焼きます。

これがもう、つくってる時からうれしくって、心もふ〜わふわになってきます。

Dscn8192
スフレオムレツに自家製りんごジャムを添え、粉糖とシナモンをふりかけました。

この卵焼き、幼稚園児の息子でもいたら、私のことが大好きになってくれると思います。卵1個でできる「ふわふわオムレツ」、お試しあれ。

« とら豆あんこ | トップページ | 「あんどうぞ」の中村製餡所 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

可奈さん、おはようございます。

どうぞ、どうぞ、15日やおついたち以外でお赤飯を炊いても、なんら問題ありませんよ。
だってねぇ、お店には毎日お赤飯が売られているではありませんか。

「とらや」の超高級お赤飯を、いっぺん食べてみた〜い。
明日のご出張も、お気をつけて (^-^)

のどかさん、こんばんは。
なかなか眠れず深夜にお邪魔で~す(^。^;)15日からも出かけてしまうので今日、お赤飯作ってもいいですかぁ?
『お赤飯の日』予告いいですね(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/34215172

この記事へのトラックバック一覧です: お赤飯のご用意を‥‥:

« とら豆あんこ | トップページ | 「あんどうぞ」の中村製餡所 »