« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

らくらく炊きたて 赤飯おこわ

始めたばかりの赤飯運動、あちこちで皆さまにアンケートをお願いしています。

質問1 お赤飯を食べたことがありますか? Yes , No
質問2 お赤飯は好きですか? Yes , No
質問3 お赤飯を自分でつくったことがありますか? Yes , No

食べたことがない、と答える方はおられません。
好きな方がほとんどで、これまで2人だけ「ニガテ」と答えられた方がおられました。
3つ目の質問だけが‥‥ 「自分でつくったことはない」という人だらけです。

そこで‥‥、「初心者でも簡単につくれるお赤飯はないかな?」と探していたら、見つけたのがコレ。


Dscn8365Dscn8366_2Dscn8368京都の北大路ビブレで買いました。

イチビキ らくらく炊きたて 赤飯おこわ 税込398円でした。

「無洗米のもち米入り」とのこと。無洗米は使わないんだけどなぁ‥‥ しかし、ビギナー用だったらいいのかも?


Dscn8369_2赤飯おこわ/袋の中身

無洗米のもち米 2合分
赤飯用のささげ豆
豆の煮汁
ごま塩

つい買い忘れる「ごま塩」まで付いて、至れり尽くせりですね。


Dscn8429Dscn8430_2Dscn8431_2左/無洗米をこっそり洗って、ささげ豆をのせました。

中/添付の煮汁を入れたところ。ちょと色が‥‥ エグくない? 煮汁とアルコールが入っているとのこと。

右/炊き上がったら、ふつうに「赤飯おこわ」の顔をしています。豆の皮がちょっとかたいようにも思いますが、それはおそらく「お国柄」でしょう。
もちもちして、言われなければ、お赤飯の素を使ったとはわからないかも‥‥

これで398円とは、便利なシロモノです。お赤飯は好きだけど、自分でつくったことがない、とおっしゃるビギナーさんにはおすすめかもしれません‥‥

私は、今夜からもち米を水浸けして、蒸してつくるお赤飯に再度挑戦しま〜す!

「駒屋」思い出のお赤飯

ゴールデン☆ウィークに入りましたね。皆さん、どのようにお過ごしですか?
あさって、5月1日は赤飯の日。お休みの方はお赤飯でも炊いてみませんか?

<炊飯器で炊く簡単なつくり方>

1/2カップ程度の小豆(大納言やささげ)を固めに茹でて、1度水替えし、2回目の茹で汁をとっておきます。その茹で汁を使って炊くと色がつきます。

白米0.5合に対し、もち米1.5合を合わせて水洗い。小豆の煮汁で通常の水加減(煮汁が足りなければ水を足す)をしたあと、茹でた小豆と、塩を小さじ1/2程度加えて普通に炊いてください。
そうすると簡単ふっくらお赤飯の出来上り。


週の前半、九州に出張してきました。そのとき立ち寄ったのは‥‥


Dscn8409_2福岡市・大名の紺屋町商店街の一角にある「駒屋」さん。

「豆大福」を始め、お餅や饅頭と共に、お赤飯も販売されています。
駒屋さんのお赤飯に、私は特別の思い入れがあります。

それは、今から5年前、2005年4月20日のこと。福岡は大きな地震の2回目に見舞われました。ちょうどその1ヶ月前、マグニチュード7.2の福岡西方沖地震で、仕事場として借りていたマンションと、自宅アパートの2箇所ともがグチャグチャになりました。
一歩間違えば命がなかったかもしれない危険な体験から1ヶ月後に再び受けた、大きな地震の被害。明け方5時過ぎ、室内の惨憺たる状況に、「このくらいのケガで良かった」と思うしかありませんでした。

Dscn8421_2自宅から仕事場に向かう途中、立ち寄ったのが「駒屋」さん。

「もう、なんでこんなに地震がくるんですかね。家はグチャグチャ、これから仕事場に行くんですけど、仕事場もきっとグチャグチャのはずです‥‥ 前回もすごいことになってて‥‥」などと泣き言をもらしてしまう私に、駒屋の奥さんは
「うちもね、この前も大変だったのよ。とりあえず店を開けて、出せるものだけ出しているけど、もっと被害の大きいところもあるみたいだし‥‥」と言いながら、私が買ったお餅や団子に加え、お赤飯を持たせてくださいました。

「元気を出してね」と。

仕事場に着くと、案の定、玄関から先へ進めないほど割れたガラスが散乱していました。あの日、あのお赤飯があったから、私は気力を振り絞って地震の後片付けをすることができました。

(家+仕事場)×2回、計4箇所の地震の片付け。もう、したくありません。


写真は出張中に買った駒屋のお赤飯。300gで450円でした。買ってすぐではなく、持ち歩いたあとに撮った写真なので、豆大福や桜餅の重さの分、つぶれてしまっていますことを書き添えて、写真を掲載します。

駒屋のお赤飯は、そのままでも食べられるように、塩味がちゃんと効いていました。「豆は北海道産を使っています」とおっしゃっておられました。

「白くま」と「若あゆ」

Dscn8358Dscn8362Dscn8361_2丸永製菓「白くま」198円

「白くま」のパッケージ、かわいいでしょう? 近くのスーパーで「九州フェア」をやっていました。「九州」とか「福岡産」とか「博多の新鮮野菜」とか「JA くるめ」とか、そういう文字を見ると、つい買いたくなってしまいます。

Dscn8359_2「白くま」は、鹿児島で人気のアイスクリーム。夏の季語に使われそうなアイスです。
氷がシャキシャキして、その上に練乳がたっぷり。フルーツや小豆がのっています。

小豆、もっといっぱいのっててもいいんだけど‥‥


Dscn8364_3
          仙太郎さんの「若あゆ」


Dscn8373中には手亡豆の白あんが入っているとばかり思いきや‥‥ 入っているのは、ぎゅうひ(お餅)でした。

「若あゆ」は、いろんな和菓子屋さんで初夏に出るお菓子なので、1年たつと忘れています。


Dscn8371Dscn8372_2
あなたは、頭から食べる派? 尻尾から食べる派?

若あゆ、和菓子もいいけど、本モノの魚が食べたい〜

すくすくと

2010040213210720100402132228クリーニング屋さんへ行った帰り、豆の花が咲いていました。

これは少し前の写真なりますから、これよりもう少し育っています。
白い花と紫色の花、「さやいんげん」だと思うんですが‥‥ どんな実が成るのでしょうね (o^-^o)

母に訊ねようと思って電話をするも、今日はどこかへ出かけているもよう。白と紫、どなたかご存知でしたら教えてください。

私の住んでいる上賀茂は、京野菜の「賀茂茄子」や、「すぐき」の漬物の産地として有名だそうです。「すぐき」は深泥池(みどろがいけ)のあたりが発祥だとか‥‥ どちらも、いいお値段がついてます。

茶々豆

今週の前半は天気がよくて、後半は雨&曇り、またもや寒さがぶり返しています。お天道さまの顔色を見ながら、その日の予定を変えられるところが自営業者の良いところ。

「天気がいいから茶蕎麦でも食べに行こう」。
「明日から天気がくずれるから、着物で博物館(*1)行くなら今日やで」と、誘われるままにホイホイと出かけています。

「そんなに遊んでばかりでいいのか」って? いいんです。来週とゴールデン・ウィークは、目一杯はたらくつもりでいますから。


Dscn8345Dscn8346Dscn8347宇治(*2)にある伊藤久右衛門さんで茶蕎麦セットとデザートをご馳走になり、併設の売店を覗いていたら‥‥

専門店らしく、お茶とお茶にまつわる食べ物がいっぱい売られていました。写真の「茶々豆」も、その中のひとつ。

抹茶色の中には落花生が入っています。食べる前に振ってみると、中でカラカラゆれているのがわかります。
口にするとお茶の味より甘さが立っていて、食感は軽やか。落花生もライトな食感で、80gなんて一気に食べてしまいそう‥‥ 税込 388円でした。


*2 宇治は平等院鳳凰堂(10円玉の寺院)と、宇治上神社のあるところです。どちらも世界遺産なんですって。

*1 博物館とは、京都国立博物館のことです。ただ今「長谷川等伯 没後400年特別展覧会」の会期中。〜5月9日(日) 平日午後で入館まで「55分待ち」でした。「生きることは かくも切なく、美しい」名言ですなぁ‥‥

カンタン汁粉(しるこ)

「甘いものが好きな人が、あんまりガマンしすぎるとストレスになり、かえって良くないですよ」と、天の声。

本日の京都市北区は雨降りにつき、マメラボではお汁粉に初挑戦!
この「初挑戦」がクセ物で、だいたいいつもイメージだけでつくり始め、結局は失敗に終わることが多いです。従って、本日は「自家製汁粉」の実体をつかむべく‥‥ こんな裏技(?)を使いました。


Dscn8338Dscn8341_2左/北海道産あずきあん(乾燥粉末あん)
京の乾物屋「山城屋」さんで買いました。100g入り 250円です。
「こしあん作りが簡単にできます。おしるこ、水ようかんなどに」と書かれています。

どれくらい簡単かと言うと、300ccの湯を沸かし、砂糖100g(好みで加減)と、粉末あんこを入れるだけ。
あとは、弱火にして程よく混ぜたら完成です(写真右)。


汁粉に使うアンコって、西日本では「こしあん」であることが多いのですが、ちゃんと「こしあん」をつくろうと思うと、粒あんより数段 手間がかりなシロモノです。

この汁粉の素を使うと、あまりにも簡単にできるため、先に白玉をつくっておくほうがベターです。


Dscn8340_2Dscn8343_2本日は白玉に加え、「玄米ぽん煎餅」を汁粉の実にしてみました。

本日の「ぽん煎しるこ」は「ほほ〜ぉ」な味です。甘さと汁粉のザラつき、ぽん煎の適度な塩味。ふふふ。

粒あん同様、こしあんの汁粉もまた、熱アツ時の汁感と食べている途中では、水分が著しく蒸発して汁粉密度が変わります。
私みたいに猫舌で食べるのが遅いヤツは、汁粉をすすっているうちに、ぽん煎がみるみる水分を吸収し、汁粉というより「あんかけ白玉&ぽん煎」になってしまいます。

汁粉の素に書かれた分量比を正とすると、世の中の汁粉って、けっこう薄めてあるんだなと思いました。初汁粉、食べ過ぎて満腹。晩ごはんをつくる気が致しませ〜ん (゚ー゚)

あんこ病?

Dscn8256

ある日の朝ごはん。名古屋名物あんトーストは、名古屋人でなくても大好き♡


Dscn8260Dscn8259Dscn8257Dscn8258_2左から「自家製りんごジャム」「スイスチャード・南瓜・レーズンのサラダ」「自家製とら豆あん」「KING of 中村製餡所の粒あん」


それはまだ20代半ば、デザイン事務所に勤めていた頃のこと。毎日、膝丈スカートのスーツを着て、ヒールを履いて、お化粧も一応ちゃんとして、仕事に全精力を傾けていた時代がありました。
会社とクライアントに尽くし、すっごく働き者だった当時、夕暮れどきになると「あんこ」が欲しくてたまらなくなるのです。

あんパン・羊羹・水羊羹・もなか・あずきアイス・饅頭・和菓子・あんドーナツ・ぼたもち、‥‥「あんこ」の入ったものなら何でもOKなのですが、チョコレートやケーキでは満たされない疲労感と脱力感は「あんこ」によってのみ快復します。

ヘンでしょう? 私はそれを「あんこ病」と名付け、昨今まで「遠い過去の武勇伝」のように思っていました。


「低血糖症」なる病気があるそうです。土曜日の薬膳パーティで知りました。
甘いものを口にすると急激に血糖値が上がり、インシュリンがそれを抑えにかかると、今度はアドレナリンが出て、すぐにまた甘いものが欲しくなる、こんな状態を低血糖症というそうです。
「カラダに e - サイト health クリック」に、もう少し専門的な説明が載っていますので、興味のある方はご覧ください。
http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000365_2.html
http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000365_3.html

ふつうに生活している中で、「甘いものが欲しい」と思ったときは既に摂り過ぎている状態にあるそうです。カラダの欲する声に従ってよいのは、甘いものと油っぽいもの以外なのだと‥‥。ショック (-_-。)

いただいた薬膳の資料には、甘いものの利点は「体の衰えを補い、緊張をゆるめ、滋養強壮の働きがあり、脾、胃によく働きます」、マイナス面として「食べ過ぎると腎の機能を弱め、全身がだるく、むくんだりします」と書かれています。


Dscn8261
あれから、甘いものを控えるように努めているのだけど、なんだかむなしい日々‥‥ デス。

それでも私は「あんこ」が好き。和菓子や豆菓子も飽きるほど食べたい。甘いものを取るか、健康を取るか、あなたならどっち??

藤井まり先生 精進料理教室の助手を務める

Dscn8333前日に続き、日曜日もオルターさん主催のイベントに参加させていただきました。
写真左から、めぐりんさん、藤井まり先生、私(終了後、よろよろの表情‥‥)

会場は「クレオ大阪東」、藤井まり先生の精進料理教室には関西一円から参加された方が20数名。
「まり先生のファンです!」という熱心な参加者を前に、助手を務めさせていただけるありがたさを思いながら、初めての会場、初めてのスポンサー様段取りに、右往左往するばかりでした。


Dscn8329メニューは、黒豆ごはん、長芋吸い物、夏みかんと若布の和えもの、だし巻き寄せ豆腐、高野豆腐と野菜の炒め物、アボカド寒天寄せ、胡麻豆腐、昆布の佃煮でした。

この日の食材もすべて生産者のわかるオルター食材で、水や洗剤もオルター商品を持参されていました。世の中には「表示義務の制限ギリギリに混ざりもののある食材」がたくさんあるそうです。
食品偽装のない食材、添加物を含まない食材、無農薬、有機栽培の安心できる食材を手にするのは、なかなか困難なこと。ふだん家でつくる料理に気を遣っても、外で食べる食事は‥‥

この日の豆な食材は、黒豆、もめん豆腐、高野豆腐、絹さや、醤油など。
中でも、卵を使わず「だし巻き」のように見せる「寄せ豆腐」は、アイデア食材だなと思いました。もめん豆腐、長芋、ターメリック、白みそが使われています。蒸し上がり、ふんわり。これなら、卵アレルギーの人でも食べられます。


Dscn8325Dscn8331_2Dscn8330試食のあと、先生との談話の時間が2時間くらい取られ、皆さんとても満足そうでした。

質問に出た「酢大豆のつくり方」と「小豆を始めとする豆類の発芽毒」については、きちんと調べて、後日このブログに書かせていただこうと思います。

オルターの皆さま、藤井まり先生、めぐりんさん、参加者の皆さまには、たいへんお世話になり、ありがとうございました (*^-^)

Bistro 薬膳にて

4月17日(土)、18日(日)と2日間つづけて、精進料理家の藤井まり先生と、雑穀エキスパートの めぐりんさんとご一緒しました。

土曜日の夕方から始まった「オルター食材を楽しむ会」、大阪城が窓からよく見える会場でした。

Dscn8308_2シャトーテル大手前 辻岡 生隆 総料理長

国際薬膳指導師でもあられる辻岡総料理長指揮のもと、春の食養生をテーマに組み立てられたフレンチ薬膳のコース料理。それは正に「職人の技」と呼びたくなる一皿の連続。

料理のおいしそうな写真は、めぐりんさんのブログ「はと麦」に掲載されていますので、そちらでご確認ください。私の特筆すべき「豆を使った一皿」は、コレです。


Dscn8318
興農ファームの牛バラ肉を使ったビーフシチュー。大豆は北海道・渡辺信一さん作、インゲンは真南風さん作

「オルター食材を楽しむ会」にふさわしく、料理の食材のほとんどがオルター食材で、資料にはすべての生産者がわかるよう明記されていました。

このビーフシチューの効能は、「胃腸(の働き)を補い、造血作用(を促し)、体力、気力を高める」と記されていました。
脂身の少ない下腹部分の牛バラ肉は、煮込みに8時間ほど要したとのこと。煮込みの鉄則は、フォークで押さえたらつぶれるかたさがベストだそうです。こんなに大量の牛肉のかたまりを久しぶりに口にしました。おなかはいっぱいのはずなのに‥‥ おいしさのあまり、パン以外は全品完食!

Dscn8322Dscn8321左/デザート 人参のカステラ
人参と卵がたっぷり使われているので「カステラ」とされたそうです。もっと食べたくなる不思議な食感でした。
ソースは「豆乳ヨーグルト」に少量のハチミツを足したソース。豆乳って、こんな使い方もあるんですね。

右/Bistro 薬膳は、ただの食事会ではなく、オルター食材を愛し、深い関心を抱いておられる方々のための勉強会でもありました。私とめぐりんさんはビギナーの視点で学ばせていただきました。


辻岡総料理長のお話しでは「薬膳の考え方からすると大豆および大豆加工食品は、イソフラボンを豊富に含むため、婦人病を抱える女性が摂り過ぎるのは好ましくない」とのこと。
この夜のどんな料理より、どんな話しより、このことが一番強く響いてきました。あれから3日間、私はそのことが気になっています。

今宵の晩ごはんも、青大豆と油揚げと味噌を使いました。意識すればするほど、私の食生活には大豆および大豆加工食品はたくさん含んでいます。この続きは、また今度‥‥

豆に限らず‥‥

精進料理の藤井まり先生にくっ付いて、銀閣寺界隈と大阪城の近くへ。お昼は哲学の道近くの「おめん」でご馳走になり、その足で大阪へ。夕方から始まる薬膳のフルコースをいただく会に参加しました。

大阪では、めぐりんさんも一緒です。日曜日も、大阪で藤井まり先生の助手に入らせていただきます。
食の偏りは、体内の歪みを生じることを痛感しました。いろいろと考えさせられた薬膳の勉強会でした。

朝が早いので、今夜は予告のみ。
また、改めて書きます。


Dscn8300Dscn8304Dscn8305「おめん」にて

あんこ屋さんのもなかセット/続編

あんこ屋さんのもなかセット、最後の1コをさっき食べてしまいました。
中村さん、すみません。一度やってみたかったのです‥‥。

Dscn8271_2

ふとどきにも中村製餡所で買った「あんこ屋さんの小倉あん」の代わりに、自分で炊いた「とら豆あん」を、もなかセットの種(もなかの皮)に挟んでみました。


Dscn8272_2Dscn8273_3先に食べるのは、もちろん自作の「とら豆あん入り もなか」です。だって、あんこ屋さんの餡を先に食べたら、自分でつくったアンコのもなかは、ダメ出しばかりになってしまいますもん。

続けて2個もなかを食べて気付いたこと。プロのあんこは、しっとりしています。素人のあんこは、なんだかソボソボした感じ。
母の表現を借りると「あんたのアンコには、色気がない」と断定されそうなアンコです。味はそこそこだと思うのですが、食感と舌ざわりが未熟。う〜ん‥‥


Dscn8253中村製餡所の「あんこ表示」シール

原材料表示に注目です。
な〜るほど! ふつう原材料は、多く使っている順に表示されます。中村さんとこのアンコは、小豆よりも砂糖のほうが多く使われていて、しかも水飴も入っています!

私のは、甘さをケチって(控えめにして)いる上に、水飴を入れたことは1度もありません。もしかすると、この水飴が「あんこの色気の素」なのかなぁ‥‥?

中村製餡所のあんこ、おいしいです。
もなかが、どんどんデブっちょになっていきます。もなかって、つくづく、アンコを食べさせるためのお菓子だなぁと思わずにはいられません。

次にねらうのは、中村製餡所の「こしあん」です。あんこ LOVE ♥

突撃・赤飯運動〜オホーツク篇

蒸し器でつくるお赤飯に初挑戦しました。

Dscn8284Dscn8281_2これまで私はいつも、炊飯器で手軽に炊くお赤飯しかつくったことがなく、おまけに蒸し器の使い方も不慣れなため、親分のオホーツク産もち米と小豆の赤飯を失敗作にしてはならないと、さんざん迷いました。

挙げ句、夜中にアップされた親分のお赤飯の作り方をプリントして、本格的に蒸すやり方に挑戦。

正直な感想です。
「エライ手間がかり〜。炊飯器の3倍は手間がかかる〜。け〜ど、おいしい! 出来上がったばかりのモチモチ感、サイコー!」


Dscn8286

オホーツクのもち米と小豆を使って蒸した赤飯♡出来立てで〜す!

レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの差、みたいな感じ?
「ちゃんと豆から挽いて煎れましたよ。ネルドリップ式ですよ〜」みたいな味の違いかと思います。

朝はパン食だったにも関わらず、試食はお茶碗いっぱいの赤飯。


Dscn8289Dscn8297試食のあとのは、おにぎりに。

そして、突撃・赤飯部隊(隊員1名)が向かったのは‥‥ 京都で知り合いになった「ポケットくらぶ」の萩原さんのところ。アポなしで、彼がお店にいるかどうかもわからないまま、いざ!


Dscn8292Dscn8294_2左/お店のスタッフさんと、顔なじみのお客さまも誘って、赤飯スナップ (o^-^o)

右/萩原さんは、ポケットくらぶの御曹司です。

皆さん、セール日(毎月ついたちと15日は、ポケットくらぶのセール日。あ、赤飯運動といっしょやん!)にも関わらず、KY突撃隊員にご協力くださり、ありがとうございました〜♪

おにぎりを届け、スナップ撮影を済ませ、自家製赤飯チラシを手渡して、本日の任務完了! 満足満足(*゚▽゚)ノ


Dscn8298_2

自分のお昼ごはんも、赤飯おにぎり。味噌汁は、カブと北海道の「寒干し ふのり」です。滋味ある食べ物を身体に取り込んで、世にはばかるぞ〜 o(*^▽^*)o


【せきはん・うんどう】
 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いてお供えしたりする日とされてきました。また、赤飯はお目出度いことがあったときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたの家でもお赤飯を炊いてみませんか?」と、周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。
 自分で炊けなかったら買ってきた赤飯でもいいのです。腹もちのいいもち米と小豆の組み合わせ。あなたの身体に、元気エネルギーを! 赤飯運動実行委員会(赤飯運動チラシより)

「あんどうぞ」の中村製餡所

今ではもう、村上農場のちかさんも、遠軽町の辻本親分も、アーティストめぐりんさんも持っている姜尚美さんの「あんこの本」


Dscn8240Dscn8239「あんこの本」を見て、最初に訪れたのはココです。
「あん」の紅い文字が、妖怪ストリートの向こうに見えました。中村製餡所、発見!

おほほ、全国の皆さん、ごめんなさいね。京都に住んでいるおかげで、私は「あんこの本」の店に、自転車で行くことができました。


Dscn8242
お店のガラスに貼られた「あん」の説明。中村製餡所では、小豆と白あんの粒あん・こしあんが購入できるそうです。


Dscn8246目当ては「あんこ屋さんのもなか」。

何回も買いに行きたいので、大人買いはしませんでした。
買ったのは、小豆の粒あんセットです。

あんこ、ずっしり500g(これが小サイズ/大は1kg)と、もなかの皮(種というそうです)20枚・10個分のセット。
もなかセットは、どれも1,000円です。
この種に、あんこを好きなだけサンドする‥‥ よかろう?


Dscn8249_2

ご主人から「10個にたっぷり挟んでも、まだ余る量ありますよ」な〜んて言っていただいたものだから、うれしくって、た〜〜〜っぷりサンドしました。

もなかの種からアンコが“びにょ〜ん”と はみ出すくらい‥‥


Dscn8250

見事でしょう? 菊のもなか。美しいでしょう?

在り来たりな表現ですが、「とにかく、おいしいです!」
種のサックサクと、あんこのしっとりした舌ざわり。粒あんなのに、しつこくない。小豆の皮が嫌味に感じない。
これなら、粒あんが苦手な“こしあんフェチ”でも、好きになるでしょう。

ついでに1枚1枚 手焼きの種は、もなか嫌いが言う「上あごにくっ付くしつこさ」なる腰抜けではありません。前歯の健康を喜びたくなるサクサク加減。あは〜ん♡

中村製餡所って、小倉あん発祥の地・京都に100年以上続くあんこ屋さんです。うれし過ぎて「あ〜ん♡」と舞い上がってしまいました。

次にねらうのは、こしあんの最中セット。
ご主人と、あんこ話しをさせていただけるのも、極上のしあわせにございます。

中村製餡所 京都市上京区一条通御前西入大東町88「天神さん」から近いです。
TEL 075-461-4481 8:00〜17:00 日・祝休み


お赤飯のご用意を‥‥

本日13日につき、明後日はお赤飯の日。
心ある方は明日、どうぞお赤飯を炊くご用意を。私は、親分から届いた北海道・オホーツク産のもち米と小豆を使って、お赤飯を炊く予定にしています。

おいしくできますよ〜に (o^-^o)


お赤飯ではないけれど、豆も使ってないのだけど、最近のヒット作を掲載します。

Dscn8203Dscn8233近くの桜が、あんまりキレイだったから‥‥

お店で買った「桜花漬」が、あんまり塩辛かったから‥‥

自家製の「桜の塩漬け」をつくってみました。
私の予想ですと、桜はソメイヨシノではなく、紅枝垂れのほうが程よい塩梅(あんばい・塩桜とは書かない‥‥)になるようです。花は開いたものではなく、つぼみが良いと思います。

Dscn8234_3
徳島産の「はちく」を使って「竹の子ごはん」を炊き、そこに自家製桜の塩漬けを添えました。竹の子ごはんを薄味にしていたので、桜の香りと塩の具合がいい感じでした。


Dscn8180_2Dscn8185dancyu 5月号のメガヒット・レシピ
5月号は「たまご料理」が特集されています。そのP66〜67に掲載されている平野由希子さんレシピ「ふわふわ スフレオムレツ」をつくってみました。

おやつのような卵焼き。ふ〜わふわです。

ざっとつくりかたを説明しますと、卵黄と卵白を分けて卵白だけのメレンゲをつくり、砂糖を少し加えたメレンゲを卵黄と混ぜ合わせ、熱したフライパンで焼きます。

これがもう、つくってる時からうれしくって、心もふ〜わふわになってきます。

Dscn8192
スフレオムレツに自家製りんごジャムを添え、粉糖とシナモンをふりかけました。

この卵焼き、幼稚園児の息子でもいたら、私のことが大好きになってくれると思います。卵1個でできる「ふわふわオムレツ」、お試しあれ。

とら豆あんこ

Dscn8214

「とら豆」は、金時豆同様、いんげん豆の仲間。自然界が描く模様は、似てるけど全部ちがいます。赤っぽいの、肌色にトラ模様入り、白が多いの、少ないの‥‥1粒1粒、模様をチェックすると楽しいです。


Dscn8213Dscn8226_21カップのとら豆を使って、とら豆のアンコをつくりました。

豆を計量するとき、私は計りで「○○g」とか、計量カップを使って「○カップ」とかいう計り方をしています。昔ながらの雑穀商では、「○デシリットル」と計るそうです。略して「1デシ」「2デシ」みたいに。
姜尚美さんの「あんこの本」を読んで知りました。

1晩とちょっと水浸けした北海道産とら豆(親分からのいただき物)を水煮して、粒が煮くずれるくらいまで柔煮にしました。豆1カップに対し、使ったお砂糖は 3/4量、素焚糖(すだきとう)です。
普通にアンコを炊く場合、豆:砂糖=1:1が基本みたいです。が、この砂糖は今のところまだ使い慣れ中で、甘さ加減を把握しきれておらず、小心者的な使い方をしました。

砂糖75%に塩(最進の塩)2つまみばかりで、ちょうどよい甘さになりました。ということは、けっこう甘さが強いお砂糖なんですね。


Dscn8231_3

北海道の豆に、奄美諸島のサトウキビ100%の砂糖を合わせ、出来上がった「とら豆あんこ」、なんに添えようかなぁ (・∀・) !

嵯峨豆腐 森嘉

嵐山〜嵯峨野方面にお花見に出かけた際に、連れて行ってもらったところ‥‥ 「京都でいちばん美味しい湯豆腐はココの豆腐」と聞いて、楽しみに行ってみると‥‥

お花見最盛期の嵯峨野は、観光客でごった返しておりまして、森嘉さんの前にもお客さんがいっぱいでした。お豆腐や揚げなどを店の脇で売っておられ、私たちもそこに混じって買いました。

Img_3068Img_3070「お豆腐1パック、ひろうすとあつあげの大1コずつ、納豆の小粒のほうを2パックちょうだい」。

この「ひろうす」って、何だかご存知ですか? (飛龍頭)とカッコ書きしてあります。京都ではフツウに使う呼び方なんですかねぇ‥‥?


Dscn8145「ひろうす」って、がんもどきのことだったんですね。
1個200円、中にギンナンと、ほくほくのゆり根が入っていました。

森嘉さんで買ってもらった「ひろうす」や「あつあげ」は、晩のビールのアテにぴったり。いつもスーパーで買うのと違って、しっかりコシがあります。
あつあげはザラッと舌を撫でる外側と、ふっくら焼けた中のやわらかさが相反する食感でうれしくなります。どちらも、柚子ごしょう、醤油+京七味でいただきました。

また食べたい。森嘉さんの豆腐やがんもを、近くで売ってるところはないのかなぁ? 嵯峨野まで行くご褒美?


Dscn8149Dscn8160_21パックに2丁分のお豆腐は、食べ応えあり。

冷や奴と、野菜鍋にしていただきました。
お豆腐のキメが細かくて、つるんとしています。白くて「やわ肌」な豆腐。

野菜と共に煮るのではなく、ちゃんと豆腐だけ先にいただくべきですね‥‥。


Dscn8151Dscn8154森嘉さんでは「小粒」扱いの納豆。包装資材には「国産中粒大豆」と書かれています。私の感触からすると「大粒」なのだけど‥‥

しっかりとした粒の納豆は、白いご飯をごちそうに変えます。私は、塩少々とカツオ節たっぷりに、お醤油をちょんと少しだけかけてグルグル混ぜて食べるのが好きです。小ネギがあれば、少し加えます。


嵐山や嵯峨野、南禅寺といった湯豆腐の名所に、「いつか食べに行こう」と言いつつ、今のところまだ実現していません。本場の味リポートも、そのうちに‥‥

お花見だんご

Dscn8201_2京都御所が年に2回だけ一般公開されるそうで、この春は4月7日〜11日がその期間。

京都御苑の中に京都御所があって、御苑はいつでも入ることができますが、御所はいつもは入れません。ゆえに、御所の門をくぐるのは初めての経験でした。

京都御所は明治天皇のおうちだったとこです。途中まで住んで、東京に移られたとか。「こ〜んなご立派な家を残して、もったいない‥‥」気分はまるで留学生。JAPAN文化を堪能しています。


Dscn8202Dscn8208_3御所見学の帰り、大好きな「出町ふたば」で、お買い物‥‥ 花見日和のせいか、今日の「ふたば」は平日昼間だというのに行列が3列も連なっていました。

いつもの「豆餅」、絶品です。北海道美瑛産 赤えんどうの塩梅が何とも言えません。
この前読んだ「あんこの本」には、餅に塩が入っているとのことでしたが、たぶん赤えんどうも薄い塩味がついていますよね?? たっぷり入った小豆のアンコが「こしあん」なのは、赤えんどうの粒感を際立たせるためでしょう。

ふたばの豆餅、いくつ食べても飽きません。
京都駅や四条河原町あたりの百貨店に入っていたりするけど、やっぱし出町で並んで買うほうが数段おいしく感じます。

ふたばで買うときのキーマンは、いつも豆餅です。ついでに、その他の食べたことない和菓子類を全制覇すべく順に買っています。
今日は3種類ある「柏もち」から「みそ餡」と、田舎大福(だったかな?)=草餅を一つずつ買いました。
草餅は、とってもヨモギ度が高く、まるでさっき すり鉢ですりつぶしたヨモギを、ど〜っさり入れたようなお餅でした。半木の道(なからぎのみち)の桜スポットで、いただきましたとさ。

「みそ餡」の柏もちは、晩のおやつにいただきま〜す (o^-^o)

さくら白玉と金時豆

Dscn8087_2半木の道(なからぎのみち)や賀茂街道に咲くサクラがあんまり綺麗なので、しょっちゅう花見に出歩いています。

晩のおかずを買いに行くのも、わざわざ川沿いの道を通ります。
「さくら中毒」にかかっているかもしれません‥‥


Dscn8156Dscn8157_23月28日の「豆なブログ」に、北海道のちかさんが入れてくださったコメントのアイデアを拝借し、さくら白玉をつくってみました。

「桜花漬」本来ですと、
← こういう使い方をするのでしょうが‥‥
ちかさんのアイデアにのっとり、私が試したのはコレです。


Dscn8161              さくら白玉、整列!

寒晒粉(かんざらしこ)で白玉団子をつくるとき、さくらの塩漬けを埋め込みました。ポイントは塩を落とすこと、できれば軽く水洗いして拭き取るのが賢明だろう、と思いました。花びらと蕾を主役に、軸のところは途中までしか使いませんでした。


Dscn8165Dscn8174白玉に合せるのは、金時豆の甘煮。法事とかでよく出てくるような煮豆をつくろうと思いました。
ほっこり煮えるように、Mちゃんの土鍋を使って豆を煮ました。

右は、さくら白玉を茹でて水で締めたあとの姿です。
さくらの色が薄くなります。茹でているときに、花びらが開きます。よって、あまり立派すぎる桜花漬は、白玉用には適さないみたいです。


Dscn8170_2              さくら白玉と金時豆


どんなもんでしょう? おいしそうに見えますかいね?

食べた感想は、桜花漬の塩の落とし方が甘かったように思います。甘かったせいで塩辛くって、とほほ‥‥ 金時豆は明日のほうが、もっと美味しくなっていることでしょう。理想は法事の席に出された金時豆を食べきれずに持ち帰り、冷たくなった煮豆を食べるときの、あの感じです。

そこに、つるんと冷ゃっこい白玉が添えられ、老眼のお婆ちゃんがよぉく見たら「およよ、桜の花がついとるばい‥‥」と微笑むの図。「おじいさん、おじいさん、いっしょに食べんかいね」と手招きしたくなるような‥‥。


気分は春爛漫の さくら白玉、よろしかったらお試しください (o^-^o)

小倉山二尊院

誘われるままに出かけた先で、偶然にも「小倉餡発祥之地」に遭遇しました!

Img_3039Img_3023_3小倉山二尊教院華台寺

「二尊院」は小倉山のふもとにあり、本尊にお釈迦さまと阿弥陀さまが祀られています。

小倉山‥‥小倉餡、この地は「アンコ」と密接な関係のある土地です。

実は、前にご紹介した姜尚美さんの「あんこの本」を読んで、京都に小倉餡発祥の地があることを知ったばかりでした。「日本で最初に小豆と砂糖を炊いた男?/P145」

その碑が、意識せず訪れた先、二尊院の敷地内にあったのです。


Img_3028           小倉餡発祥之地の碑

裏に掘られた碑文によると、日本で初めて小豆と砂糖で餡が炊かれたのは西暦820年のこと。小倉の里の菓子職人・和三郎さんの仕事です。809年に空海が中国より持ち帰った小豆の種を栽培し、御所から下賜された砂糖を加え、煮つめて餡を作り、御所に献上したのが始まりだそうです。


Dscn8136小倉山を臨む 小倉餡発祥の碑

この碑の建立は、井筒八ツ橋本舗創業200年の記念事業とか。発祥も建立も、いかにも京都どすなぁ‥‥

二尊院も、桜が満開でした。

「願わくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ」と詠んだ西行の廟も、ここにあるそうです。


Dscn8126_2たね

本堂の奥に常設展示されていた是廣信一氏の染色作品が素晴らしいと思いました。

「人」「誕生」「たね」‥‥ スーッと引き込まれるものがありました。

ビーンズフォトコンテスト 入賞!

Dscn8089_2
サ・ク・ラ・咲・く・!

これは、京都市北区・賀茂川沿いに咲くサクラ。。。 うふふ、私にも「サクラ咲く!」なニュースがあります。


Dscn8113_2昨年11月に応募した「第3回 ビーンズフォトコンテスト」に入賞しました〜 ヽ(´▽`)/
カメラ部門の2等賞です。

見事「☆豆畑拓男賞☆」に輝かれたマロニーさん、おめでとうございます(写真上)。写真タイトルは「大安吉日」、白花豆と紫花豆のヒヨコちゃんが、仲よく2羽お散歩しているお写真です。


2等に選んでいただいた私の写真(写真2段目の左)は、
タイトル「そら豆の赤ちゃん」。

コンテストの審査員は、今年1月から3月に北海道中札内村にあるビーンズ邸を訪ね、投票してくださった一般の方々。「そら豆の赤ちゃん」に投票してくださった皆さま、ありがとうございます。


Dscn3167_2
作品コメント「自分で育てた豆を初収穫。記念に写真を撮りました。ふかふかのベッドに、ヘソの緒がついたまんまの“そら豆”クン、可愛いでしょう (^0^)!」

そら豆は、星の王子さまからいただいたフランスのそら豆・ファーベの種を蒔いて、旧マメラボのベランダで育て、最初に成った2莢(さや)です。

このコンテストに応募するきっかけをつくってくださったのは、北海道遠軽町の親分こと、辻本宜子さん。ビーンズ邸に、辻本さんご夫妻と伊藤さんが連れて行ってくださらなかったら、コンテストを知ることもなく、応募もしなかったと思います。

おやぶ〜ん、2等に選ばれましたよ o(*^▽^*)o

応募を呼びかけてくださった、まめこちゃんにも感謝しています。
豆畑拓男さんから「豆がとても生きていて、あなたの優しさが伝わる作品です。これからも豆をこよなく愛してください」と、コメントが添えられていました。


Dscn8097Dscn80962等の豪華賞品

中札内 田舎どり6点セット&えだ豆餃子、黒えだ豆、そのまま えだ豆、すじなし いんげんのセット (・∀・)

今夜のビールは、おいしいぞ〜!

100回練習〜百練

方々からのご声援にお応えしたくて、新しく「赤飯運動」のカテゴリーを設けました。これから、おついたちと15日付近で、このカテゴリーが登場します。よろしく!


Dscn8068        2010.4.1 のお赤飯/北海道十勝産小豆 使用

で、昨日、4月1日の、お赤飯にまつわる話し。


Dscn8084京都四条河原町のOPA裏あたりに「百練」というお店があります。
キリンビールとお酒があるゴハン屋さん。昼は定食屋さんみたいな感じ。木曜夜恒例の「聞いて語る祭 !!」で、新しい本の企画アイデアと赤飯運動について意見をいただきたく、へんこ者の大将をお訪ねしました。

アポなし直撃訪問に、残念ながらVさん不在。嗚呼‥‥
相変わらず「お一人様」な私は、カウンターに座し、梅酒やらキリンの生ビールやら‥‥ そして、思いついたのが、毎回どなたかにお赤飯を食べて(もらって)いただくという案。


Dscn8074料理人歴10年の大島 冠さん。厨房の中から訥々と私に話しかけてくださったご縁で、思い切ってお願いしてみました。

「お赤飯をもらっていただけませんか」のどか
「?」冠さん
「今日から、お赤飯運動を始めたんです。店主に、と思って持参した赤飯おにぎりがあります。もらって食べていただけませんか?」のどか
「え?」冠さん
「毎月おついたちと15日に、お赤飯を炊こうよ、という運動なんです。このお赤飯を食べて、おついたちと15日はお赤飯を食べる日と憶えていただけたらと思って‥‥」のどか
「僕でいいんですか?」冠さん
「お願いします」のどか

店のお客さんに配りましょうか、と言ってくださった心やさしき冠さん。それでは営業妨害になりますからと、冠さんとお店のスタッフの方に食べていただきたいとお願いしました。

赤飯おにぎり、どうだったかなぁ‥‥? 炊き立て(このブログ最初の写真)はおいしかったけど、おにぎりを握っている途中に、ちょっとやわいような気がしないでもなく‥‥

これから忙しくなろうとする宵の口。厨房の中で、赤飯おにぎりを手に記念すべき第1号の「赤飯記念撮影」にご協力くださった冠さん。どうも、ありがとうございました。


Dscn8078Dscn8081百練では、鮭の焼いたのやホタルいか、出汁巻きなどをいただきました。

締めに頼んだ百練のお茶漬け、豪快でした(600円)。
丼飯の別皿に、千枚漬・すぐき・菜の花・昆布・でっかい梅ぼしがのったお茶漬けです。ほうじ茶をかけて、幾通りもの楽しみ方ができます。

お茶漬け用に焼き鮭を残しておいて、トッピングに加えました。


Dscn8083百の扉、千の酒

何事も練習あるのみ、継続は力なり、と教えてくれた百練の扉‥‥。

お赤飯がおいしく炊けるように精進します。そうして、これから、おついたちと15日は、お赤飯を食べていただくために、身内以外の誰かをお訪ねして回ろうと思います。

地道に地味に、私なりの赤飯運動の始まりです。

豆腐いろいろ

Dscn8023        黒豆おぼろとうふ 98円/京のとう富 藤野

この頃買った豆腐の中で、この豆腐はけっこうおいしかったです。「おぼろ感」たっぷり。不用心に箸でつかもうとすると、儚く(はかなく)くずれ落ちます。たぶん、日本人と日本食経験に長けた人以外は、箸でつかめないかも‥‥

ザ・黒豆ほどではありませんが、淡く広がる大豆のほのかな甘み。冷や奴でいただくのがよろしいかと思います。

「京のとう富 藤野」さんは、北野天満宮・通称「天神さん」近くに店があるお豆腐屋さん。「ここの豆腐は、おいしいでぇ」と名前で選ばれる豆腐みたいです。ふ〜ん。。。

Dscn8026Dscn7993Dscn8059左/「黒豆おぼろとうふ」の冷や奴に、大根スライスをのせ、京七味をかけました。柚子のポン酢で

中/京 山城屋さんの「あんかけ揚出し豆腐」の素を活用。木綿とうふに米粉ミックスの衣をつけました。

右/京 山城屋さんの「白和え」の素を活用。木綿とうふを使いました。白花豆を混ぜたのは、ご愛嬌(゚▽゚*)


月末。ブログを書いているうちに、日付が変わっています。
3月おわり〜4月はじまりの頃、京の桜は、そろそろ見頃にございます。


Dscn8016         京都市上京区「水火天満宮」の枝垂れ桜

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »