« イスラエルとタイの豆料理 | トップページ | 豆を煮る »

格子屋の小豆かりんとう

この前の連休に、きものを着る用事がありまして、せっかくなので「きもの着用者は無料」になる京都ならではの恩恵を、いくつか受けてきました。


Dscn7947Dscn7942無料になったのは、京都市内の地下鉄やバスの運賃と、神社仏閣・美術館などです。

訪れたのは、二条城(世界遺産)のライトアップ。
夕方6時から、桜のシーズンが終わる頃(4/11)まで、連日ライトアップされた城内を堪能できます。


Cimg2717Cimg2718夕方6時にはまだ少し早かったので、近隣を散策。
「昔なつ菓子 格子家」という駄菓子屋さんを発見しました。
名物は「どろぼう」というお菓子だそうな。

私が買ったのは、食べたあと貝笛になる「黒糖 貝にっき」と「小豆かりんとう」。


Dscn7989Dscn7985小豆かりんとう 630円/280g入

しっとりやわらか 小豆かりんとう 北海道産十勝小豆使用

と貼られたラベルシールを見たら、買わないわけにはいきません。
「小豆かりんとう、どんな味だろう?」と、今日になってワクワクしながら食べてみました。


Dscn7988小豆かりんとう 大きさ比較

一緒に写っているのは「鯛焼き型 箸置き」です。
そう、小豆かりんとうは、けっこうデカイです。私の親指2本分くらいあります。

小豆かりんとうは、書かれているとおり「しっとり やわらか」。かりんとうの回りに、お湯を入れるだけでできる「お汁粉」の中に入っているような「こし餡パウダー」をまぶしてあります。

小豆かりんとうを2つか3つ食べると、お茶が欲しくてたまらなくなります。小豆かりんとう、好きな人はハマルかも‥‥

私は、ふつうに食べている黒糖のかりんとうが食べたくなりました。以上、たまには正直な感想でした。

« イスラエルとタイの豆料理 | トップページ | 豆を煮る »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

めぐりんさん、こんばんは。

「伝統産業の日」特典、主に電車やバスで使わせてもらいました。
2週間でしたっけ? その間に3回、きものでお出かけしましたよ〜

辻本の親分、こんばんは。

小豆かりんとう、小豆パウダーの中の「かりんとう部分」が、なんとなくラスクっぽい味に感じました。
歯の弱い方に打ってつけ、かも‥‥

「京都きものパスポート」なる特典付きの冊子が、我が家にあります。
こんど、送りますね〜♪

のどかさん漸く恩恵を受けれたのですね(笑)良かったですぅ~♪♪それにしても大人のお忍びデート・・・って感じの写真で(笑)のどかさん素敵です☆かりんとうもどっしりですね・・・美味しそう!!

着物で行けば無料・・・この言葉で俄然やる気になってきました。今年こそ、京都まで着物で出かけなくては・・ほっ・・がんばります。でも、この小豆かりんとう興味がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/33921478

この記事へのトラックバック一覧です: 格子屋の小豆かりんとう:

« イスラエルとタイの豆料理 | トップページ | 豆を煮る »