« 土鍋とグリンピースのお粥 | トップページ | 格子屋の小豆かりんとう »

イスラエルとタイの豆料理

ここのところ、けっこう「いただきもの生活」が続いています。本日紹介するいただきものはコレ。


Dscn7847Dscn7901左/白い「ル・クルーゼ」24cm
東京のNさま、ありがとうございます!

右/タイの豆菓子「ピーナッツ トム ヤム」
久留米のKさま、ありがとうございます!

いただきものをすると、つい「それを使った何かを‥‥」と張り切ります。今日、トライしたのは、世界の豆料理もどき〜創作豆料理です。

まずは、ル・クルーゼを使って‥‥

Dscn7955Dscn7957ル・クルーゼの初おろしは、ひよこ豆

イスラエルの豆料理「ファラフェル」をつくってみようと思い立ちました。「ファラフェル」って、たったの1回食べただけの記憶でつくりました。

ひよこ豆(福岡の補正屋さんからのいただきもの)を茹でて、つぶして、キャベツとタマネギのみじん切りを加え、塩、粗挽きコショウ、カルダモン、オイスターソースを入れてみました。つなぎがないと固まらないので、そこに「うき粉」を大さじ2杯、それでも心もとないので、北海道十勝産の「つぶつぶ でんぷん(村上農場のちかさんからいただきました)」を大さじ1杯足しました。

大きめのマカロン大に形をつくり、焼きます。


Dscn7959Dscn7961Dscn7971最近、自分で買った「ティファール」の深型小フライパンに、赤水焙煎菜種油「なたねのちから(T苗社・Oさんからのいただきもの)」をたっぷり入れて、チャリチャリ〜っと焼きました。

表も裏も、たっぷりの油で香ばしくカリッと焼き上げます。
油が良いから、焼いてるうちから とってもいいにおい!
夕餉のおかず・その1 ちゃんと、おいしそうに見えますかいね?


Dscn7962Dscn7901_3夕餉のおかず・その2は「なたねのちから」の名前から、シロウト発想な料理です。

菜の花とトマトを「なたねのちから」で炒めました。
本当は、最初にピーナッツ トム ヤムを多めの油で炒めるつもりだったけど、トム ヤムがあまりにも美味だったため、この味を生かすことに‥‥

一緒に炒めず、トッピングにしました。


Dscn7973Dscn7963_2マメラボ 今夜の晩ごはん

左/記憶の中のファラフェル(イスラエルの豆料理)
お肉を使っていないのに、まるでハンバーグのような食感です。おそらくイスラエル人は「うき粉」やオイスターソースは使わないでしょう。
ひよこ豆をつぶすのにフードカッターがあったら、もっとおいしくなる気がします。

これは、配合する野菜や調味料を変えて、またつくってみたいな。

右/菜の花とタイ・ピーナッツの親子炒め
なんで親子かと言うと、菜の花を「なたねのちから」で炒めたからです。
ピーナッツには、ジム・トンプソンのサインが入っていました。ジム・トンプソンって、タイの高級シルクの店ですよね?
このピーナッツ、レモングラスのさわやかな香りとピリッとした魚醤の味が、たまりません‥‥

こんなふうに、試作に費やす時間がとれる日は、しあわせです。せっかくなので、友人・Sちゃんにいただいた葡萄酒器で赤いお酒を少し、いただきました。

« 土鍋とグリンピースのお粥 | トップページ | 格子屋の小豆かりんとう »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

おのさん、気付いてくださって、ありがとうございます。

えへへ、自分で言うのもなんですが、おいしかったです。
たぶん本場の味とは異なると思います。
記憶+我が家の味のアレンジ型です。

ファラフェルの京都の本店は、出町柳にありますよ。
晴れた日のお昼どき、自転車で賀茂川沿いを花見がてら行ってきま〜す。

のどかさん…
つかっていただいて、しかも写真にまで
忍ばせていただいてありがとうございます~
(>_<)めっちゃおいしそう!!!!!!
茹でて、つぶして…メモメモフムフム。

わたしもはるか昔、奈良でファラフェルを食べたことがあります。
京都のお店、調査報告楽しみにしてます!

ちかさん、こんにちは。

ファラフェル、奈良でめぐりんさんと入ったお店の本店が京都にあるみたいで、また食べに行って、味の研究をしてこようと思います。

ベジタリアン用ハンバーグ、これなら充分いけると思います。糖尿病食への応用も可能かも‥‥

めぐりんさん、こんにちは。

奈良つながりに気付いてくださったとは、さすが、めぐりんさん。
毎日「今日の晩ごはんは何をつくろう?」と、午後になると考え始めます。

不思議なんですが、自分でつくる日はあんまりたくさん食べなくて、買ってきたおかずやおやつなどを食べると、かなりの量食べてもおなかいっぱいになりません。

料理は楽しいですね。

私も、なんとなくクスクス笑えました。

ファラフェルは私も一度作らなくちゃと思っています。ウチのお豆でアレンジもしたいし・・・。勉強になりました♪

ルクルーゼをいただけるなんてビックリですね~♪凄い!!今日のお料理とても美味しそうです。でも全て奈良の絡みが入ってますよね♪菜種油・ちかさんのでんぷんにファラフェル!!楽しい晩餐が目に浮びます☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/33908071

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルとタイの豆料理:

« 土鍋とグリンピースのお粥 | トップページ | 格子屋の小豆かりんとう »