« 豆を煮る | トップページ | 「あんこの本」と、ぜんざい »

土鍋でお粥/その2と3

Dscn7949Dscn7950いただきものの土鍋、「最初の3回目までは、お粥を炊いて‥‥」のアドバイスを守って、お粥を炊いているつもりなのですが‥‥

な〜んか、お粥っぽくないです。


Dscn7948Dscn7952_2Dscn7953_22回目・大納言入りのお粥

いただきものの「ポクポク蒸かし豆 大納言あずき」を使いました。炊き上がりに急いで蓋を開け、大納言あずきをササッとのせて、蒸らすこと15〜20分。

すると、前回同様、お粥と言うより「やわごはん」・・・


Dscn8008Dscn8012_23回目の今日は、いなきび+貝豆入りのお粥にしました。

「いなきび」は、北海道遠軽町上白滝の共立農場さんのものです。「貝豆」も北海道産です。
北海道は、福岡からも京都からも遠いけど、こころの中では近くにあります。

それはそれでいいのですが、お粥を炊いているのに、なんでか今日も「やわごはん」。
今日は途中で蓋を開けて豆を入れるのではなく、固茹での豆といなきびを最初から入れておいたので、前回、前々回より「やわ度」が高かったものの、やっぱり「お粥」ではない‥‥

土鍋でお粥を炊くとき、皆さんはどうされていますか?
失敗の少ないノウハウを教えてください。


あと、大阪の友人が、イギリス人の彼(うまくいけば夫になる人)を探しています。40代独身のイギリス人男性で、日本女性との♡を希望されている方がおられましたら、こちらもご紹介ください。
私の友だちは、才女です。かなりの働き者です。英語はもちろん、フランス語も話せます。豆料理は、あんまりしないみたいです。。。

« 豆を煮る | トップページ | 「あんこの本」と、ぜんざい »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

めぐりんさん、こんばんは。
詳しいアドバイスをありがとうございます。

やっぱり私のは水が足りなかったのですね。
今日は炊飯器で「さくらごはん」を炊きました。
明日は「お赤飯の日」だし、お粥は2〜3日おあずけです。

昔むかしも、やっぱり私は「お粥の炊けない女」でした。
お粥が炊けなかったおかげで、つらい思いをしたのです。。。

お粥を上手に炊くことも、女っぷりの良さにつながる気がします。
「土鍋でお粥」、マスターしなければ‥‥

のどかさんやっぱり水が随分少ないように感じます。どのようなお粥にしたいかによっても違いますが(サラサラやねっとりなど)どちらにしてもその倍量は入れても大丈夫だと思います。因みに私はもっと入れてますよ。結構土鍋で炊くと水分が吸収され易いので多めに入れても直ぐに少なくなります。足りなくなったら遠慮なく継ぎ足します。生米から炊いてますよね??初め強火でその間だけ少しかき混ぜ後は弱火と水分に気をつけて触らない。。。(触るとのり状に仕上がります)蓋もきっちりしなくて大丈夫です。私は蓋をずらしているか開けたままか・・適当ですが・・・小豆がゆはそうやって炊いていますよぉ~蒸らしは必要ないと思います。再度挑戦してみてくださいね。

めぐりんさ〜ん、ヤワごはんの分量は、米1合に対し、水2カップにしています。
この分量は、土鍋についていた普通に炊くご飯の分量を参考に、勝手に想像で水の量を倍にしました。
(土鍋の普通のご飯は、白米3合に600ccの水と書いてあります)

お粥は蒸らしたらダメなんですね。
次は、炊いてすぐ食べるようにしてみます。。。

ヤワご飯になる理由を教えてくださいぃ~どう言う分量で炊いているのですか??私は一回もそんなことになった事ないのですが適当に炊いてちゃんとお粥になってます。この土鍋は私はほぼお粥用になってる気がします。ひょっとしたら水の量が少なすぎるのでは??土鍋でお粥は余り蒸らさなくても大丈夫なのでは??炊き上がってから食べている間に徐々に水分がお米に吸われていくのが分かるので多分お水の量を少し多くするので解消されるのではないでしょうか??水気がなくなってますモンね。何でやろぉ~???

可奈さん、こんにちは。

合格おめでとうございます!!
さすが、可奈さん、たっくさん勉強したのでしょう?
えらいなぁ。
いつもグングン前に進んでいかれる可奈さんのバイタリティ、尊敬します。

最近は、好きなお稽古事からも遠ざかり気味です。
新しい刺激を入れて、脳ミソが錆びないようにしないと‥‥

のどかさん、こんばんは(^O^)
私は土鍋がイマイチ活用出来ず、気の利いたアドバイスも出来ず、すみません。
のどかさんなら回数を重ねるごとに今以上に上達されることでしょう!
私は今日初めてマクロビオティック料理教室に参加してきました。楽しかったです。
あと、先日仙台で受けた試験、合格通知を今日もらいました。(^_^)
料理は日々勉強ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/33964111

この記事へのトラックバック一覧です: 土鍋でお粥/その2と3:

« 豆を煮る | トップページ | 「あんこの本」と、ぜんざい »