« ぴーすピザ&ひよこピザ | トップページ | 大阪の黒たい焼 »

温泉湯豆腐「珠美人」

嵯峨野、南禅寺、‥‥京都にはおいしい湯豆腐の名所があるそうですが、偶然入った食品スーパーで、うれしい豆腐を見つけました。


Dscn7446Dscn7447嬉野温泉名物「温泉とうふ」と「温泉とうふ用調理水」

嬉野温泉は、九州にあります。福岡県と長崎県にはさまれた「佐賀県」の代表的な温泉地です。
嬉野温泉にある温泉旅館「大正屋」が、たしか温泉湯豆腐を考案した発祥の宿だったと記憶しています。

今日の豆腐は、平川食品さんの商品です。この豆腐に使われている大豆には「珠美人」の名が付いています(上手やねぇ〜。これ食べたら、お肌ツルッツルになりそうばい)。


Dscn7450Dscn7452左/温泉水でひとっ風呂あびた豆腐
右/「温泉とうふのごまだれ」をかけていただきます。

温泉湯豆腐をつくるには、調理水と名のついた専用の水が必要で、裏書きにある「pH調整済」とは、アルカリ度の高い水ではないかと思います。
透明な水に豆腐を入れて熱すると、その水は白濁した湯になります。イオウ分の高い温泉のような色。

豆腐がね、「あ〜、いい湯加減じゃ〜」と言うておるところを、やさしくすくっていただくのですが、その食感たるや「やわやわと淡雪のような口溶け」です(ラベルの受け売り)。

とろ〜んとして、豆腐なんだけど、あったかいブランマンジェか、なめらかプリンのような‥‥ 大豆の自然な甘みがやわらか〜く広がります。専用のごまだれも、ちょっと甘口です。

豆腐1丁 200円、調理水 100円、ごまだれ 223円。これくらいで、同郷・九州の味が楽しめるんだったら、また買ってもいいかな。
でも、やっぱし嵯峨野や南禅寺の湯豆腐も食べに行きた〜い (o^-^o)

« ぴーすピザ&ひよこピザ | トップページ | 大阪の黒たい焼 »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

めぐりんさん、こんばんは。

南禅寺のおいしい湯豆腐屋さん、「奥丹」か「順正」というお店では?

きものを着て湯豆腐を食べに、南禅寺まで連れて行ってもらえる、かも? 実現する日は近い‥‥? 

可奈さん、こんばんは。

いつも豆なブログをチェックしてくださって、ありがとうございます。拙いブログももうすぐ書き始めて丸2年がたとうとしています。

可奈さんのイメージの中の私と、本当の私は別人かもしれません。なんだか誤解を招いていることが心苦しい‥‥

京都は本日、春の陽気に包まれました。勘違いした桜が、微笑んでいそうです。

南禅寺に美味しい湯豆腐のお店があります♪よく行きますぅ~☆是非のどかさんもぉ~

珠美人notes女性心をくすぐるネーミングですね。
のどかさんとお話してると心がとっても温かく癒されます。
声のトーンというか響きとか。
多分のどかさんのお人柄がそのままお話に反映するのでしょう。
今晩は健やかに眠れそうです、おやすみなさいませconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/33494417

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉湯豆腐「珠美人」:

« ぴーすピザ&ひよこピザ | トップページ | 大阪の黒たい焼 »