« 植物園に豆のなる木があるよ! | トップページ | 錦もちつき屋の「あわ餅ぜんざい」 »

「ばたばた焼き」もどき

北海道遠軽町のおかん料理に「ばたばた焼き」なる食べ物があるそうな。
これまで何度も何度も耳にして、未だかつて食べたことがありません。

遠軽町のスタア・長谷川清美さんと、我らが親分・辻本宜子さんを通じて何度も耳にし、活字や写真を目にしているものの、現物にお目にかかったことがないのです。

「ばたばた焼きが食べたい。ばたばた焼きって、どんな食べ物?」
と、自分でつくってみることに‥‥


Dscn7123Dscn7122本当だったら、「未粉でんぷん」という馬鈴薯でんぷんを使うそうです。しかし、ないので小麦粉の業務用バイオレットを水溶きしました。

本当だったら、「前川金時」を使うそうです。しかし、手持ちが切れているので、いただき物の「横澤家のささげ」を甘煮にしました。
「横澤家のささげ」は、通常のささげ豆とは異なり、見るからに食べるからに金時豆のように思えます。岩手県産の豆は、ほっこりしておいしいです。


Dscn7118Dscn7127_2Dscn7129左の写真と真ん中の写真、違いをよ〜く見てください。

左の写真は、粉をすくったお玉の中に豆を入れて南部鉄のフライパンに広げました。真ん中の写真は、先に水溶き粉をフライパンにのばし、あとから豆を散りばめたもの。どっちが上手に焼けるか、試してみました。
右の写真は、裏返して表面もよく焼いているところ。


Dscn7125焼き上がったら、少し焦げてしまいます。
おそらく、豆の汁の糖分があるから焦げやすいのだと思います。そのくせ、豆のゴツゴツ段差があるから、オモテの衣のところは焼けにくいです。う〜ん‥‥

焼き上がりに甘さを加えるため、シロップみたいに豆の甘い汁をかけました。食べた感想は、ふるさと・八女の「ふな焼き」と似ています。う〜ん‥‥
もしかすると、岩手の「なべやき」も、こんな感じなのでしょうか?

きっとこれは、「ばたばた焼き」とは別物だと思います。大きな違いは、馬鈴薯デンプンと小麦粉でしょう。
「未粉デンプン」って、どこで売っているのでしょう? 北海道紋別郡遠軽町まで行かないと買えないのかなぁ???

3月21日に開催されるという「おかん料理を楽しむ会」に、ますます参加したくなりました。その頃、遠軽町はもう雪どけしてるでしょうか?

« 植物園に豆のなる木があるよ! | トップページ | 錦もちつき屋の「あわ餅ぜんざい」 »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分&ちかさん&羽田の玉さま

皆さん、でんぷんのことでお言葉をいただき、ありがとうございます。ますます使ってみたくなりました。

ばたばた焼き、本場で食べたい。

それってきっと、博多のとんこつラーメンを博多で食べるのがおいしく感じるようなことですよね?
あ〜、ばたばた焼きが食べたい。

士別町のカワハラデンプンさん。道内で
は、「でんぷん団子」等と呼ばれていた
ようです。昭和30年代まで。現在でも
斜里町等でも料理されています。
その当時は、ストーブの上で、豆やあんこを
いれて食べていたとか・・・・。

のどかさん、辻本さん、そのうちの一軒は十勝のでんぷん会社だと思います。
やはり質が良く、私は家ではそれしか使っていません。今度お二人にご用意しておきまーす。

未粉でんぷんという、低温乾燥でしっくり時間をかけてつくる馬鈴薯でんぷん。
昔の作り方をしている工場は、今では日本国内に2工場だそうです。
この澱粉でないと長谷川さんのばたばた焼きと同じ物ができないようです。
同じ澱粉でも製法によって違って来るのですね・・・不思議。

のどかさん、私もぱたぱたやきは食べた事が無いのですが、粉末でんぷんと言うのは片栗粉の事だと思います。

片栗粉って書いてくれた方が分かり安いですよね(笑)

片栗粉はお芋で出来ているので、芋団子等、北海道の郷土料理などに時々登場します。
葛の代わりに使いますが、こちらでは葛が一般的ではないので、その認識は北海道人にはないかもしれません。


十勝に一軒、良いでんぷんを作る会社があります。今度何かの機会にお送りしますね。

可奈さん、こんばんは。

「なべやき」「石垣もち」、どっちも知らない名称でした。
可奈さんのおかげでちょっとずつ岩手に関する興味が増しています。

粒入りの小豆葛湯、お写真ありがとうございました。
フリーズドライのお汁粉みたいに、豆を乾燥させて入れたら、商品化できませんかねぇ??

あずき+小豆、抹茶+白小豆、生姜には何が合うと思いますか?

めぐりんさん、こんばんは。

長谷川さんちって、遠軽のお父さんとこですよね?
豆を語ると熱くなる男前なお父さん。愛妻家のお父さん。

おかん料理に行きたいなぁ‥‥

のどかさん、今晩は。ささげもいろいろなお料理に変化させて頂いて、母もささげもとっても喜んでいますnotes
「なべやき」は決まった作り方はなく各々なんですが、具と小麦粉を最初から混ぜて大雑把に焼くことが多いですね~
ささげを入れてカットしたものは切り口が石垣に似ているので「石垣もち」とも呼ぶんだそうです。
今、また自室で紫花豆煮ています。
のどかさんみたいに美味しく出来るかなconfident

長谷川さんちで売ってるよぉ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/33164075

この記事へのトラックバック一覧です: 「ばたばた焼き」もどき:

« 植物園に豆のなる木があるよ! | トップページ | 錦もちつき屋の「あわ餅ぜんざい」 »