« 「ばたばた焼き」もどき | トップページ | 豆の生産について思うこと »

錦もちつき屋の「あわ餅ぜんざい」

今週、ある勉強会でご一緒したKさまから「豆に興味があるんだったら、錦市場にある『錦もちつき屋』をのぞいてみたら‥‥」と情報をいただきました。

そして、行ってきました。錦もちつき屋!


Dscn7155Dscn7144Dscn7152もちつき屋は、錦市場の真ん中あたりにありました。

「ヨイショォ!」「ヨイショ!」餅をつくかけ声が通りまで聞こえています。昔ながらの杵と臼で、ぺったんぺったん、若いお兄さんがお餅をついています。聞くところによると、希望すれば餅つき体験をさせていただけるとか‥‥ やってみたい、かも (*^-^)

入口には、赤い大きな傘と、薄墨で書かれた「もち」の文字。
奥行きある店内は、テーブル席と掘りごたつ席に分かれていて、昭和レトロをイメージしたような店づくりがなされています。外国人観光客を連れて来たら喜びそう‥‥。


Dscn7146あわ餅ぜんざい 850円

大きなあわ餅が2つ。岩手県産のもち粟ともちきび(だったと思います)が使われているとのこと。「食べきれないかも‥‥」と相談したら、1個を別皿にのせて出してくださいました。

こんがり、ぷゎ〜ん、香ばしく焼けたあわ餅、ぷちぷちツブツブ、おいしいです。ぜんざいの中に浸して甘くしていただきました。ぜんざいの小豆は、丹波の大納言とのこと。餅つき声を聞きながら、この空間でいただくぜんざいは◎です (o^-^o)

はぁ〜、おなかいっぱい。満足 (゚-゚)満足。次は白みそ仕立てのお雑煮をいただいてみよう。


せっかくなので、ほかの探検SPOTも掲載しておきます。

Dscn7133Dscn7134Dscn7135Dscn7139Dscn7140Dscn7141Dscn7158京都市役所側から寺町通りに入ると、あの本能寺の入口を見つけました。織田信長のお墓は、ここにあるんですね。

鳩居堂で紙を探し、買ったのは‥‥
少し歩くと、あ、「サンボア」って、ここにあったんだ‥‥
「百練」で日替定食・豚肉とキャベツの味噌炒めをいただいて、「SOU・SOU」で、すっごく惹かれる上着を発見。ごっくん、欲しい〜

本題の錦市場では、馴染み(と自分だけ思っている)の漬物屋さんで糠漬けを買い、駄菓子屋さん、乾物屋さん、‥‥市場を横道にそれたら、またもや偶然に「錦湯」発見。ミーツ・リ−ジョナルで見知った名前が、この界隈あちこちにあります‥‥


Dscn7160Dscn7172_2Dscn7175Dscn7191“縁結びの神さま”までバスに乗り、坂道を歩いてお月さまショット。「東山艸堂(そうどう)」をのぞかせていただきました。

よく歩き、よく味見して、よく食べ、よく訊いた一日でした。
道に迷ったとき使うテは今も「福岡から来たんですけど‥‥」

« 「ばたばた焼き」もどき | トップページ | 豆の生産について思うこと »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、こんばんは。

何の豆がいいですかねぇ?
比較的、虫に強い豆は何ですか?

あ、ここはベランダがない。。。
小さな鉢植えで栽培できるような豆って、あるのかなぁ?

そうそう、今度、みんなで同じ豆を蒔いてどう成長するか見てみたいですね。なんの豆がいいでしょうね?

可奈さん、こんばんは

あわ餅ぜんざい、おいしかったですよ〜♪
岩手の雑穀が使われていると知って、よけいにおいしく感じました。

可奈さんが京都にお越しの際、ごあんないしたいところがちょっとずつ増えています。
京都デート、しましょうね〜♪

あわ餅ぜんざい、美味しそうです(^O^)
私は雑穀の中で、もちあわが一番好きなんですnotes
ご飯には必ず、もちあわは入れます。
あっ うちのささげ、実は金時のようでした。毎年畑で作っていくうちにだんだん小さくなっちゃって(>_<)すみません。
のどかさんにはもっと立派な金時豆差し上げたいですconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/33183171

この記事へのトラックバック一覧です: 錦もちつき屋の「あわ餅ぜんざい」:

« 「ばたばた焼き」もどき | トップページ | 豆の生産について思うこと »