« 「初めての豆料理」講座と割烹着 | トップページ | 黒豆の活用法 その1 »

北海道の豆、岩手の豆

緊張とドキドキの12月5日を終え、ほっと一息ついているところです。皆さまの応援、本当にありがとうございました。

さて、今週から保留にしておいた興味本位の試作いろいろを始めてみたいと思います。いただきものの豆が、たっくさんあるんです♥

Dscn6464_2師匠の北海道土産

北海道中札内村で収穫された「黒花豆」と「白金時」
どちらも私にとって、初めての豆です。

黒花豆は、白花豆や紫花豆の仲間。まずは甘煮+洋酒から試してみます。黒々とした漆黒の黒さが碁石のように光っています。

白金時は、鮭といっしょにホワイト・シチューをつくってみたい。タマネギ・スライスやジャガイモも入れて‥‥ おいしかろう。


Dscn6458可奈さんが送ってくださった岩手の豆
全部で11種類。すごいでしょう。

写真左上から右へ
横澤家のささげ豆、陸前高田産 青大豆(平)、陸前高田産 茶豆、奥州市産 貝豆、住田町産 白花豆、住田町産 紫花豆、陸前高田産 青大豆、横澤家産 黒豆、陸前高田産いんげん、住田町産 くらかけ豆、住田町産 うずら豆


Dscn6462可奈さんから届いた豆の袋には、ぜんぶに豆の名前が手書きされています。
可奈さんの字は、整った大人の字です。

この「うずら豆」は見覚えがあって、過去の豆なブログをたどってみたら、佐世保の豆シンポジウムで見かけた「クランベリー」という豆でした。
模様がクランベリーのような赤ワイン色。
S社長だったら、この豆も「キワモノあつかい」ですね。

せっかくなので、赤ワイン煮にしてみようかな‥‥

« 「初めての豆料理」講座と割烹着 | トップページ | 黒豆の活用法 その1 »

いただきもの」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分さん、こんばんは。

可奈さんの豆、いっぱいあってドキドキします。
今日は可奈さんの紫花豆と師匠の白金時を水浸けしています。

豆料理教室、またやらせていただけたらうれしいです。
どこか、ほかの地域でも、皆さんの前で豆の話しがした〜い。

豆と豆好きさんたちをつなぐ役目ができたらいいなと思います。

可奈さん、こんばんは。

親分からいただいたパンダ豆を、私の友人・Mちゃんがベランダで栽培して実をつけました。パンダ豆の生命力はすごいです。

豆の選別、ですか? それって、豆農家さんならではの風物詩では?
あ〜、私も豆の選別をしたいよ〜

私も可奈さんからお豆をいただきました。鞍掛豆が、私の豆と違って緑の部分が鮮やかです。お豆って楽しいですね。

5日の豆料理教室、ご苦労様でした。次回の予定が決まりましたら、また教えてくださいね。

のどかさ~ん、ご紹介下さり恐縮です。
私のは質より量ということで。(^。^;)
昨日岩手の道の駅で変わった豆を見つけ、まとめ買いしました。
白黒の模様で牛の模様みたいな豆←パンダ豆なんですね。知らなかったです。めぐりんさんに教えて頂きました。(^O^)勉強になります。
今夜も豆の選別。終らないまま来年に突入しそうですsweat01
また珍しい豆を見つけたら、のどかさんに送ります。(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/32526921

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の豆、岩手の豆:

« 「初めての豆料理」講座と割烹着 | トップページ | 黒豆の活用法 その1 »