« 岩手県住田町の紫花豆 | トップページ | ランチタイムは2倍 姦しい? »

「ゆず餡」の回転焼き

旅先で「日曜市」に行きました。
露店がズラーッと、それはそれは壮観で、まるでバンコクのウィークエンド・マーケットのザ・ジャパン・バージョンみたいでした。


Dscn6607_2Dscn6604_2野菜とか、饅頭とか、天ぷらとか、お茶、盃、手づくりの布袋、たこ焼き、包丁、アイスクリンなど、なんでも売られていました。

全部で‥‥およそ500軒くらい出店しているそうです。
さ〜て、ココはどこでしょう??

Dscn6603_3あさ一番、気になったのはコレ。

ゆず餡まんじゅう たしか、100円?

白あんと、黒あんと、ゆず餡があったのです。おじちゃんとおばちゃんが2人でされていました。
「ゆず餡の豆は手亡豆ですか?」と、お訊ねすると
「うちは、な〜んも混ぜちょらん。柚しか使っちょらんぜよ」みたいな答え。

方言の意味もよくわからず、食べてみると、まるで温かい柚ジャムです。ゆず餡と書いてあったから、てっきりアンコだと思ったらハズレでした。

ゆずの皮を刻んで甘くしたものを煮詰めて粒ジャムにし、回転焼きにたっぷり詰めました、って、そんな感じ。

市では、ほかに「かつお生節」を買いました。400円で、た〜っぷり食べ応えありそうです (o^-^o)

« 岩手県住田町の紫花豆 | トップページ | ランチタイムは2倍 姦しい? »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/32600807

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆず餡」の回転焼き:

« 岩手県住田町の紫花豆 | トップページ | ランチタイムは2倍 姦しい? »