« 「祝黒」を使って | トップページ | ビーンズフォトコンテストの締切り迫る »

皮むき蚕豆を使って

この前つくった「そら豆グラタン」の残ったそら豆を使って、何かつくれないものかと考えました。皮むきそら豆は、食感がとてもジャガイモと似ている気がしました。茹で上がりがホクホクしています。

前にどこぞで買った乾物のそら豆は、皮が堅くてあまりおいしいとは思わなかったのですが、このように皮をはいで、中の部分だけを乾物にすると、もどした時もとっても食べやすいんですね。「そら豆きんとん」にも向いているとか。

袋には「中国青海地方の大粒蚕豆の皮を剥いたものです」と書かれていました。「蚕豆」は「そら豆」の別名です。

Dscn5630_2そら豆の中華風炒め

合挽き肉とチンゲン菜とを炒めて、塩、醤油、味噌で味付け。そこに別茹でしておいた皮むきそら豆を加え、赤唐辛子を入れてざっくりと混ぜました。確か日本酒も少し垂らしたような‥‥

おいしかったです。白ごはんのおかずにいいです。
今回は皮むきそら豆からの発想ですが、ジャガイモでやっても充分いけると思います。矢沢のビールと合いますヨ (o^-^o)

« 「祝黒」を使って | トップページ | ビーンズフォトコンテストの締切り迫る »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/32153086

この記事へのトラックバック一覧です: 皮むき蚕豆を使って:

« 「祝黒」を使って | トップページ | ビーンズフォトコンテストの締切り迫る »