« 丹波篠山 味まつり〈上〉 | トップページ | 「和知黒」を求めて »

丹波篠山 味まつり〈下〉

北村美智子さんと呑んできました。
福岡市清川の一刻堂、何年ぶりかに訪れたのにちゃ〜んと覚えててくださって、店は今夜も大盛況でした。松茸入りコロッケ(750円)は、松茸が本当に4〜5すじ入っていました。おほっ♥

いつもは2杯しか呑めない私です。でも、今宵は梅酒と冷酒と+12の超辛口のお酒を呑んでしまいました。北村さんと、また呑みたい‥‥ 酔いどれモードではありますが、書きたいので、昨日の続きを書きます。


旅は道連れ、世は情け。
ひとり旅が好きです。反して、誰かと共に旅をするのも楽しいなと、最近になって思い始めました。おいしいものは独り占めするより、誰かと分け合うほうが、よりおいしい。素直にそう思えるようになってきた昨今です。

というわけで、黒豆枝豆をお祝いごとやら何やらにお送りすることに。

Dscn5197Dscn5196商店の店先には、枝豆とか栗とかたくさん並んでいます。
松茸は店先ではなく、屋根と扉のあるところで売られていました。

栗も松茸もおいしそうなのだけど、今回は見ないことにしました。だって、見ると欲しくなるんだもん。ひたすら黒豆(黒大豆)に集中です。

黒豆枝豆の今年の相場は、1束1kgにつき700円〜800円といったところでした。祭りの入り口では700円、中心部では800円で売られているところが多かったです。


Cimg0976Cimg0985枝豆を2束、3束、4束と買って、それぞれに発送。自分の試食用もちゃんと買って‥‥ 枝豆って、けっこう重いです。

黒豆の枝豆だったら、中の豆は黒いんだろうな。と思うと大間違い。中は緑色だったり、少し濁った緑色だったりします。
黒豆枝豆は、冬まで置いておいたら丹波の黒豆に成長するはずの豆を、若いうちに伐採して枝豆として食す、ホント贅沢な食べ物なのです。

従って、通常の枝豆より高値がついています。
その黒豆枝豆の中でも、特別扱いされていたのが「川北産の黒豆枝豆」。こちらは、1kgあたり1,100円の値がついていました。

私がその両方を買い求めたのは言うまでもありません。

Fscn5233_2Dscn5200_2食べ比べの結果は、また後日書くことにして、「丹波篠山 味まつり」は、ホント朝から大盛況。
こんなに人が来る祭りって、活気があっていいなぁ〜。

旧穀ではありますが、丹波の黒豆2L(乾物)が、丹波の大納言と同じ250g・500円で売られていたのには大驚きでした。理由を訊ねると「売るとき値段を間違わないように」同じ価格にしているのだとか。さすが産地です。信じられない!

而して、私にはもうひとつ目的がありました。その目的とは‥‥?

« 丹波篠山 味まつり〈上〉 | トップページ | 「和知黒」を求めて »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

可奈さん、こんにちは。土曜日は仕事ですか?

栗三昧の日々とは、うらやましい!

リアス式海岸、いつか私も歩いてみたいです。
潮風に吹かれながら、転ばないように気をつけて‥‥

食欲の秋、全開です。

のどかさん、今晩は(^O^)大好きなもの達に囲まれて幸せな気持ちが私にも伝わってきました。栗の木が私の自宅の庭にあるので、毎日栗三昧の日々です。
辻本さんのブログのコメントのお答えなんですが・・・・
そうなんです。私はまさにリアス式海岸の地に住んでいます。
その昔、短大生のころ、友達に真顔で「ここって普通に人が住めるの?」と問われ、だいぶへこんだ記憶があります。(^。^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31809144

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波篠山 味まつり〈下〉:

« 丹波篠山 味まつり〈上〉 | トップページ | 「和知黒」を求めて »