« お月見だんごと黒豆あんこ | トップページ | そら豆スタンプ♪ »

熊本発東京行のお多福豆

今日は昼からずっと、熊本からのお客さまとご一緒でした。
福岡の飲食店や雑貨屋さんなどを11軒ほど廻りました。充実した1日でした。

そう言えば、この前、熊本に行った際にNさんとご一緒した煮豆屋さんの話しを書き漏らしていました。熊本の歴史遺産になりそうな職人がいらっしゃるお店なので、書き残さねばです。


Dscn5049Dscn5051Dscn5050長府屋商店

Nさんが「おいしい煮豆屋さんがあるってよ」と連れて行ってくださったのは、熊本市中唐人町のピュアリィさんと同じ通りにある「長府屋商店」さんです。

のれんに描かれた「お多福さん」の図柄が、なんとも言わせず魅力的。


Dscn5052Dscn5066_2長府屋商店のご主人/お多福豆 1,050円

ピンクの包装紙がキュートです。
その包装紙に「東京長府屋」と書かれているのは、築地にも店を出しておられるからだとか。
どうして「熊本長府屋」の名で、この豆が築地に並ばないのだろう‥‥?


Dscn5075この豆は、ボリビアからやって来た豆で、このご主人が製法を築地の店員さんや息子さんたちに伝授されています。

黒が漆黒の黒さ。粒がデカくて、煮具合はとろけそうにやわらかいです。しかし、煮くずれたりはしていません。箱の中に整然と並ぶ姿は、いかにも職人の仕事です。

文句なしに、おいしいです。おそらくご存命の限り、このお多福豆の煮豆をつくり続けてくださるであろう御仁に、できることなら1日弟子入りができんもんかな‥‥ と思った次第。

« お月見だんごと黒豆あんこ | トップページ | そら豆スタンプ♪ »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31660341

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本発東京行のお多福豆:

« お月見だんごと黒豆あんこ | トップページ | そら豆スタンプ♪ »