« マメラボ うるおう | トップページ | 合間に料理 »

小値賀産ピーナッツのお赤飯

*予告しておりました《マメラボ うるおう》の後半は、別立てのブログ
nodoka 〜 きもの はじめ」にアップしました。


9月11日の「豆なブログ」に書いたピーナッツお赤飯を、今度は小値賀(おじか)産ピーナッツを使ってつくってみました。

小値賀産のピーナッツは、佐世保で9月12日(土)に開催された「九州豆シンポジウム」の講師・上柿元 勝シェフから頂戴した“とっておき”のピーナッツです。
後日、小値賀在住の「しげマロ」さんと「小値賀町じげもん」さんから寄せられたコメントによると、「かなりおいしくて、即買いしないと次にいっても売切れ」だったり、「地元の人でも手に入りにくいと言われる稀少な落花生」だったりするらしいです。

Dscn4843生の落花生は、甘皮をむこうとしてもなかなかうまくむけません。フライパンで炙って冷ましたら、皮はラクラクむけました。
小値賀産ピーナッツは、香ばしさが違う。濃厚な落花生味がその一粒に凝縮されている感じ。決して炙り立てだったから、だけではないと思います。


Dscn4845Dscn4846_2小値賀産ピーナッツと岡山のささげのお赤飯

前回同様、もち米:白米=2:1の比率にしました。ささげの煮汁で水加減したところに、茹でたささげと煎った小値賀ピーナッツを加えて炊きました。

やっぱ、炊き上がりが違います。なんかね、落花生がプリッとしてるの。この前のピーナッツが熟年としたら、小値賀選手はうら若き競泳選手か、石川遼クンみたいな食感(注:ホントに食べたことはありません。飽くまで、イメージ)でした。これだったらきっと、石川遼クンだって喜んでくれると思いますよ。

この貴重な小値賀ピーナッツをくださったのは、パティスリー・カミーユの上柿元オーナーシェフです。お店は長崎にあります。
明日、お礼をかねて長崎まで探検に行ってきます。礼

パティスリー カミーユ
長崎市茂里町1-55 みらい長崎ココウォーク1F TEL 095-801-5327

« マメラボ うるおう | トップページ | 合間に料理 »

試作しました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31443727

この記事へのトラックバック一覧です: 小値賀産ピーナッツのお赤飯:

« マメラボ うるおう | トップページ | 合間に料理 »