« 「入港ぜんざい」と佐世保バーガー | トップページ | マメラボ うるおう »

しょうず豊作の秋

Dscn4802八女茶と仏壇、電照菊と「ちゃっぽんぽん(祭り)」で知られる福岡県八女市が、私の生まれ故郷。
久しぶりに帰郷してみると、6月に田植えをした稲が、すくすくと育っていました。背後に見える山は三河小学校の校歌にも登場する「飛形山(ひぎょうさん・とびかたやま)」です。

この田んぼの端っこに減反のためにできた小さな畑があって、この夏、そこに北海道産の白小豆(しろしょうず)を、父が植えてくれました。


Dscn4799Dscn4827「痩せた土地で育つから、豆は性(しょう)が悪い」と、糸島あたりの老婦人はおっしゃったと聞きますが、ホント、よくぞここまで育ってくれました、って感じの貧弱な土地です。

葉っぱに虫食いあとがいっぱい。田んぼを埋めてできた畑だから、収穫もしづらいです。しかし、そんなことより、北海道の白い小豆が八女の田舎の畑に生育することが嬉しくて‥‥ 少ししか成っていない乾燥した莢(さや)を見つけては切って‥‥

右側の写真は、収穫した豆を莢ごとよく乾かして、中の小豆(しょうず)だけにした状態です。母が先にちぎって整えてくれていました。

Img_0684今回学んだこと‥‥
莢ごと食べる「きぬさや」や「モロッコいんげん」は、朝露の残るみずみずしいうちにちぎったほうが良いそうです。乾燥した莢を収穫する場合は午後、陽が落ちかかっている頃が収穫には良いとのこと。

ナルホド〜、理にかなっていますね。

Dscn4819_2Dscn4826こちらは、実家の勝手口を出た空き地に植えてくれていた黒小豆。宮古島産の黒小豆をタネにして増やしました。
同じく母が、天日干しして整えてくれていました。

こんだけあったら、ぜんざいや汁粉にもバッチリな量ですね (o^-^o)
白小豆の白餡と黒小豆の黒餡も、つくってみたいなぁ〜。

« 「入港ぜんざい」と佐世保バーガー | トップページ | マメラボ うるおう »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31419481

この記事へのトラックバック一覧です: しょうず豊作の秋:

« 「入港ぜんざい」と佐世保バーガー | トップページ | マメラボ うるおう »