« 小値賀産ピーナッツのお赤飯 | トップページ | すごい生命力! »

合間に料理

「おくりびと」を放送していますね。私は公開間もない頃に映画館の大スクリーンで観ました。庄内平野でチェロを弾く本木雅弘は、聖者のように映りました。

近頃、豆・豆料理探検家らしく探検記ばかり書いていたので、ご心配をいただいているようで‥‥ 料理もやっています。アップしていないだけです。ご安心を。

初めてトライしたレシピは書き残したいものですが、何度もつくっている豆料理は写真すら撮らなくなって‥‥ いつでも、まるで「初めて」のような心でキレのある料理をつくりたいものです。

<最近つくったもの、残っている限り公開します>

Dscn4746_2トマト肉じゃが

北海道遠軽町近くの白石(でしたっけ?)在住のニョッキさんに教わりました
ニョッキさんレシピはベーコンとじゃがいも、野菜などでつくります。ベーコンのストックがなかったので、この日は牛肉でつくりました。トマト味にすると、いつもの肉じゃがのイメージは皆無です。次はベーコンで再トライ (o^-^o)


Dscn4773_2ひじきペペロンチーニ 紅大豆入り

元は有元葉子さんのレシピだったと思います。何度かつくるうちに、すっかり自分流のアレンジになって好き勝手につくっています。
ひじきが麺の代わりだから、たっぷりどっさり食べられます。ビールかワインで召し上がれ。


Dscn4890白いんげんの酢の物

酢の物と言っても、洋風です。紫タマネギのスライスとキュウリの薄切りを、白いんげんと一緒に白ワインビネガーで和えました。

写真を取り損ねましたが、今夜の「白いんげんとサーモンのマリネ」には、いちじくビネガーを使ったところ、何だかうれしい味になりました。


Dscn4948Dscn4950_2Dscn4951野菜とマッシュルームのベーコン脂いため

このテキト〜な料理の主役は、土曜日にNさんからちょうだいした「しんかいの塩」。長崎県五島列島の自然海塩です。

岩田屋で買ったマッシュルーム(白は岡山県産・ブラウンは福岡県産)が、あんまり美味しそうだったので、厚切りにして在り合せの野菜と共に炒めました。いつものオリーブオイル炒めではなく、ベーコンをカリカリに焼いて、その脂を炒め用に使っています。

料理は楽しいです。自分一人のためにつくる料理はストレス解消。誰か食べてくれる人がいるときは、ウキウキ。

明日もまた、世の中の休日です。金時豆と虎豆と紫花豆を水浸けしていま〜す。

« 小値賀産ピーナッツのお赤飯 | トップページ | すごい生命力! »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

めぐりんさま

10月の逢引化計画、楽しみにしています。
スィー ユー !

きゃぁ~♪そんな事 言ってくださるのはのどかさんだけぇ~☆ドキドキ!!嘘でも嬉しいですぅ~(笑)

親分、おなかぱんぱんまで食べたら、おなかがはち切れますよ〜
パン! プシュ〜〜〜

土地の食べ物をおなかいっぱい食べて、お陽さまが元気で、身体もイキイキ、
いっそう美貌にみがきがかかりますね (*^-^)

今日の遠軽は、秋晴れでした。カボチャ団子とジンギスカンをお腹ぱんぱんまで食べちゃいました。カボチャ団子に澱粉の他に小麦粉を入れる作り方は、私のとは違うけど美味しかったです。

めぐりんさま

こんばんは。
めぐりんさんが死んじゃったら、私は生きていけない。
もしも私が男だったら、めぐりんさんの彼になりたい。
かも‥‥

辻本の親分さん、こんばんは

カボチャのお祭り、いかがでしたか〜?
きっと今日も大盛り上がりだったんでしょうね。
北海道はいいなぁ〜。秋が似合う北の大地。

福岡もだんだん、秋らしくなってきましたよ。

のどかさんはとても素敵な奥さんになりますよねぇ~こんな料理何時も出してもらえたら嬉しくって死にそうです(笑)

豆料理、がんばってますね。今日、瀬戸瀬でカボチャ祭りです。長谷川さんが来ていま~す。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31468652

この記事へのトラックバック一覧です: 合間に料理:

» メイキング「おくりびと」 [映画制作裏話ブログ]
映画「おくりびと」"Okuribito" HD Trailer 1 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEsL0whvv2Bj3TDfDE8mGDA2xS4P1czEhKQSAKC7Dj4=] 主人公の大悟を演じた本木雅弘はインタビューで本作について次の通り語っています。 「棺にご遺体を納める”納棺”という仕事を知った瞬間に、 とても映画的だと感じました」と、いうようにこの企画、 実は本木雅弘の発案を機にスタートした背景があります。 人間の死を扱うというデ... [続きを読む]

« 小値賀産ピーナッツのお赤飯 | トップページ | すごい生命力! »