« 傲慢さは豆に出る? | トップページ | 紫ずきん »

吉宗の十六寸豆

「主婦はタイヘン、タイヘン!」のカヲルコさんにいただきました♥

Dscn4705Dscn4707吉宗(よっそう)の十六寸豆

ふっくらと大きな白花豆の甘煮です。ひと粒、ふた粒、いただいてみると‥‥芯から豆のお味がします。甘煮の甘さと豆の甘さが中枢神経まで届く感じ。って、大げさ?

で、不思議に思ったのは、ふつう「十六寸」と呼ばれる豆は、大福豆のはず。なぜなら「豆の長いほうをタテに10粒並べたら6寸(約18.2cm)になる」からです。とすると、大福豆より大きな白花豆(甘納豆に入っている一番大きな豆)ですと、6寸どころかおそらく10寸超えるかもしれません。

何でだろう? 長崎では、白花豆を十六寸豆と呼ぶの? 
そう思って少し調べてみたら「大福豆の収穫量が少ないため、白花豆で代用する」といった記述に遭遇。しかし、長崎を代表するあの卓袱料理で有名な「吉宗」ですから、もしかすると大福豆より大きな白花豆を、意図的に登用したのかもしれません。

卓袱料理の白花豆は「バラ煮」というみたいです。砂糖以外に水あめも使って煮上げてあります。おいしい。カヲルコさん、ありがとう!

Dscn386820090709131148左・吉宗の前で/一度だけ行ったことがあります。
右・吉宗名物の茶碗蒸し/とろ〜んとおいしいの。また食べたいなぁ‥‥

« 傲慢さは豆に出る? | トップページ | 紫ずきん »

いただきもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31224846

この記事へのトラックバック一覧です: 吉宗の十六寸豆:

« 傲慢さは豆に出る? | トップページ | 紫ずきん »