« 小値賀(おじか)産のピーナッツ | トップページ | しょうず豊作の秋 »

「入港ぜんざい」と佐世保バーガー

佐世保報告の3回目。

「豆シンポジウムのほかに、何か豆な探検ができないかな?」と思い、JR佐世保駅に着いて観光案内所へ。「SASEBOの名物 入港ぜんざい」と「佐世保バーガーMAP」をいただきました。

「入港ぜんざい」は、海軍さんが伝えてくれた港街グルメ、‥‥らしいです。昔は砂糖が貴重品だったから、海軍さんが母港に帰る前夜に、無事に帰港することと慰労をかねてふるまわれたので「入港ぜんざい」と名付けられたとか。

パンフレットの説明だけでは言葉足らずですね。推測するに、おそらく佐世保に帰る船の中で、乗組員にふるまわれたぜんざいなのでしょう。
パンフレットには、9軒のぜんざいが掲載されています。その中で、私が選んだ店は

Dscn4747Dscn4749_2和食処 麦半の入港ぜんざい 500円

9つ並ぶぜんざいの中で、一等賞。
だって、ぜんざいの中に鯛焼きが入っているんですもん!

ワクワクしながら島瀬町にある店を探し、ウキウキしながら注文しました。

中くらいのサイズの揚げ鯛焼きと、焼き餅、白玉3個が入ったぜんざい。お漬物とお茶がついています。鯛焼きの意外性は、観光客の心をワシづかみにするんだと実感しました。

ぜんざいの甘さと、やさし気な接客に、雨に濡れしぼられた身体が温まります。これが、昼ごはん代わり。


Dscn4771_2スペシャルバーガーS 530円

「特急みどり」発車8分前、佐世保駅の改札を通って買った佐世保バーガー。トマト、レタス、ベーコン、チーズ、卵焼き、ビーフパテ、甘めのケチャップソースがバンズでサンドされています。Sで充分なボリュームでした。

バーガーとぜんざい、「佐世保は海軍さんの街」を実感する豆シンポジウム&プチ旅でした。

« 小値賀(おじか)産のピーナッツ | トップページ | しょうず豊作の秋 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

辻本の親分、おはようございま〜す!

入港ぜんざい、名前とエピソードががカッコいいですよね。
うふふ、十六ささげ‥‥♥


しかし、ぜんざいの中に鯛焼きとは・・・恐れ入りました。なかなか、そんなアイデア浮かばないです~。どんな味か興味あります~。そろそろ、十六ささげ着く頃で~す。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31351037

この記事へのトラックバック一覧です: 「入港ぜんざい」と佐世保バーガー:

« 小値賀(おじか)産のピーナッツ | トップページ | しょうず豊作の秋 »