« 吉宗の十六寸豆 | トップページ | 本当は洋食をつくりたかった‥‥ »

紫ずきん

今日、たまたま見つけてしまいました。
「紫ずきん」なる豆があることをご存知ですか?

               ・・ ・・
薄皮が薄紫色の秋の枝豆 豊かなコクと甘み だそうです。

さいさい京野菜倶楽部」のホームページで見つけました。
丹波くりと紫ずきん 現地探訪会」なんでこんなサイトにたどり着いてしまったのだろう‥‥
10月の探検先は、既に心に描いているというのに‥‥

10月3日(土) 定員40名 参加費3,500円 とのこと。
参加申込み期間は9月1日〜18日、今はまだ受付期間ではありませんか!
参加費には昼食代と農園・畑での収穫体験が含まれます。収穫体験、したい‥‥

紫ずきん、どんな枝豆なんでしょう‥‥?
これに参加するとしたら、参加費の10倍くらい交通費がかかります。。。うぅ


9月の探検は、佐世保です。
第3回 九州豆シンポジウム」に初参加します。上柿本勝シェフに学んできます。
後半に久留米決定。熊本、宮崎も調整中です。9月は地元・九州を廻ります。

« 吉宗の十六寸豆 | トップページ | 本当は洋食をつくりたかった‥‥ »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

クックパッドはキッチンを開設しないとコメント出来ないのが難点ですね。ブログもあると便利だなとは思うのですが、目下クックとmixiで精一杯。気軽に書き込んで頂けなくて申し訳ないです。

9月だけでも、九州の2県(3県?)を回るのですから、豆で九州全制覇なんて、豆・豆料理探検家の手に掛かればあっという間ですね~。レポ、楽しみにしています。


辻本の親分、拝復でございます。

ひと昔前になるかならないかの頃、私は年賀状に
「100万回 恋をしよう」と印刷して、大ヒンシュクを受けたことがありました。

「恋」を男と女の戯れ事としか捉えきらんヤツらの稚拙な品性が、私にヒンシュクの
嵐を向けるのだと、心の中だけで思いました。

親分もきっと、
「100万回 恋をしよう」スピリッツを持った人間だと思います。
いっぺんしかない人生、大いに楽しみましょう。See You!

すごい、すごい、私も行きた~いです。でも、11月か12月に東京のお豆博に行く予定なので・・・無理ですね。今日、ずーっと会いたかった「ヤマムロ」さんに会いました。ちかさんのブログで紹介されていた会社です。農林水産大臣賞を取った「茜姫」(完熟梅の砂糖漬)の横尾さんの講演会に来ていて紹介されました。うーん、人生は出会うべきして出会うですね。不思議・・・!!

辻本の親分さま

こんばんは〜。10月のこのイベント、楽しそうでしょう!?
10月は、この翌週に開催される「丹波篠山味まつり」に
行きたいなと思っているのでした。
丹波の黒豆のお祭りですよ。すごいでしょう・・・!

沖のこいし さま

こんにちは。コメントありがとうございます。
お元気そうですね。葡萄の原稿読ませていただきました。
そちらへのコメントの入れ方がわからず、ごめんなさい。

宮崎まで行けたらいいのですが、おそらく熊本か宮崎か、
どちらか一方になると思います。
「染色こだま」さん、ネット検索してみま〜す♪

のどかさん、羨ましいなぁ・・豆シンポジュウムですか・・近ければ行ってみたいです。紫ずきんって黒豆の枝豆なんですね・・丹波の黒豆のように粒が大きいのでしょうか。めぐりんさんは、食べているのでしょうね。羨ましい~!!10月のイベントも楽しそうですね。

九州豆シンポジウム、佐世保で開催されるんですね~。以前、3年程佐世保に住んでいたんですよ。実は長崎県出身なのです。

上柿本シェフと言えば、料理界に疎い私のような者でもお名前を知っている、有名な方です。「豆」というテーマでどのような料理やお話が出てくるのか、とっても楽しみです。

宮崎にも行かれるんですか?豆とは関係ないのですが、お時間が許せば、是非「染織こだま」さんを訪れてみて下さい。お知り合いの着物屋さんなのですが、木綿着物が充実しているアットホームなお店です。

私も着物が好きで時々着るので、のどかさんの着物姿も楽しみに拝見しておりますよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31233268

この記事へのトラックバック一覧です: 紫ずきん:

« 吉宗の十六寸豆 | トップページ | 本当は洋食をつくりたかった‥‥ »