« 藤井まり先生の精進料理教室に参加 | トップページ | ナチュラル&ハーモニック ピュアリィ(1) »

料理教室〜予習復習

今月は佐世保、久留米、熊本の料理教室に参加したり、見学させていただいたりしています。
お教室で習う料理はデモンストレーションだけのこともあれば、同じ班の方たちと手分けしてつくることもあります。すべての料理を、教室だけで体験することは困難なため、できるだけ自分でもつくってみようと試みるのですが‥‥

料理教室で使う食材すべてを揃えると、たいそうな金額になります。よって、特に関心を抱いたものだけ再現するという横着なおさらいをしています。

Dscn4723カポナータ

NHK朝の料理番組で落合シェフがつくられていました。
「カポナータ」がイタリア語で、「ラタトゥイユ」がフランス語、でしたっけ? ん、逆?

ズッキーニと茄子がたっぷり入ってトマトソースで煮る‥‥その家ごとの味があるため「ママンの味」と称されるとか。


Dscn4966_2金時豆のベーコン煮込み

佐世保の豆シンポジウムで上柿元 勝シェフに習った料理です。
野菜はニンジン、タマネギを使います。上柿元シェフは、砂糖を使うときはたいてい「きび糖」を使うようにしておられるとか。

ベーコンに軽く焦げ目をつけて、出汁替わりに。ブイヨンとローリエがベースになります。塩コショウで味を調え、完成です。


Dscn4967_2薩摩芋の緑酢和え

藤井まり先生のご著書「いただきます。きもちも和む精進ごはん」より、気になる一品をつくってみました。

薩摩芋は、いただきものの種子島産を使っています。緑色はキュウリのすりおろしに、酢とみりんを加えたもの。酢は最近はまっているイチジク・ビネガーにしてみました。甘くフルーティなビネガーは、りんご酢や柿酢より私好み。

新しく覚えた料理は、3回つくればおおかた自分の味になります。料理人になりたいなどという大それた願望はありません。料理人より、主婦になりたい。

« 藤井まり先生の精進料理教室に参加 | トップページ | ナチュラル&ハーモニック ピュアリィ(1) »

おぼえ書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31547139

この記事へのトラックバック一覧です: 料理教室〜予習復習:

« 藤井まり先生の精進料理教室に参加 | トップページ | ナチュラル&ハーモニック ピュアリィ(1) »