« もやしに「ホットもやしソース」 | トップページ | 紫花豆のグラッセ »

変化の時には、立ち止まらないこと

ライターのNちゃんと、福岡市大名のうら本で食事をしました。

200908191344422009081913531320090819141825携帯電話で撮った写真につき、あまり美しい画像ではありませんが、右端は私が豆なデザートのコーディネートをさせていただいた「緑豆の冷やしぜんざいと わらび餅」です。
デザートの内容決め、器さがし、メニュー用のPOP作成、手づくりキットのコーディネートを担当しました。

このデザートが食べられるのは8月いっぱいで、9月からまた新しい「豆なデザート」が登場します。お持ち帰り用の手づくりキットは、もう少し先まで販売されるとのこと。あ〜、よかった。

お盆前からずっと、次の豆なデザートのことを考えています。もう決まってないと、来月からの入れ替えに間に合いません。試作を何度もやって、総料理長にプレゼンを2回してきました。この分野は、まだ慣れない仕事ゆえ、プレゼン前夜は試作を繰り返して眠れなかったり‥‥
総料理長は「改善ありのOK」をくださっても、豆好きな私が納得しないと、それをお店のデザートとしてお客さまに出すことがためらわれます。よって、2回目のプレゼンとなりました。

いつもズボラな私ですが、仕事はきっと誰よりもクドイです。とことん根をつめます。こんな女、大嫌いと思うけど、仕事師としてはこれで良いと思っています。


先ほど、ある方に電話をしました。1分46秒の短い会話の中で、
「世の中が速いスピードで変化してるよね。変化の時は立ち止まるな。立ち止まったら振り落とされる。変化といっしょに動いていけば、振り落とされることはない。立ち止まったらいかんぜ」と。

相変わらず、カッコいいなぁ。私はこれまで、この方の言葉にどれくらい影響を受けてきたことか‥‥。参加費1万円の講演を聴いたくらい、背筋がピンとしました。

私、がんばるよ。

« もやしに「ホットもやしソース」 | トップページ | 紫花豆のグラッセ »

豆な仕事」カテゴリの記事

コメント

姐さん、コメントありがとうございます。

うら本の9月、10月の豆なデザートは、本日
総料理長のOKがもらえました。
3つの味の中からGをチョイスされ、無事に
写真撮影を終えて帰ラボ後、原稿も書きましたよ。

あとは、デザイナーさんに無理してもらって、
なんとか間に合うかな‥‥ の感じです。ほっ

次の豆なデザート、自信作です。
ぜひ、食べてください。

変化と一緒に動く。どきっとしました。
風がどこから吹いてくるのか、どこへ向かうのか、ちゃんと知らなくちゃ!!

うら本のデザート食べられるのは9月かな。楽しみにしとこ。

辻本の親分さん、こんにちは。

うふふ。私が起こしておるのは小さなつむじ風、
親分は周りをハッピーに巻き込んでいく台風の目、尊敬してます。

手作りキット、来週送ります。しばし、お待ちを (o^-^o)

動けば風が起きる・・・確かにです。のどかさんの周りにはいつも風が舞っているのですね。そうそう、お持ち帰り手作りキット・・興味がありま~す。

辻本の親分、こんにちは。

「危ぶめば道はなし」アントニオ猪木さんですか。
立ち止まらない、進むしかない、って感じの日々です。
動けばそこに風がおきる。がんばります。

礼文島、いつか行ってみたいところのひとつです。
遠軽から、ずいぶん遠いところですよね〜。
コンテストの入賞をお祈りします。

アントニオ猪木の言葉も「危ぶめば道はなし、踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる」うーん、やっぱり立ち止まってはいけないのですね。礼文町の昆布料理コンテスト、豆を使って提出しました。これからもアイデアを振り絞り、新しい料理にチャレンジしま~す。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31033408

この記事へのトラックバック一覧です: 変化の時には、立ち止まらないこと:

« もやしに「ホットもやしソース」 | トップページ | 紫花豆のグラッセ »