« 空寂と「三色お豆のタルト」 | トップページ | 「豆パン屋 アポロ」探検 その2 »

「豆パン屋 アポロ」探検 その1

1道1都2府43県、タテ長ニッポンの中で、行ったことのない県ってどれくらいあります? 私は、上から山形・秋田・新潟・富山・三重・和歌山・奈良・高知‥‥ ということで、今回の豆な探検の目的地は奈良県に決めました。

「奈良」「豆」で無造作にネット検索し、行き着いたのが「豆パン屋 アポロ」さんです。ホームページを見ていたら、この店を訪ねなければならない気がしてきました。
「ここに行けば、何かある」、見ず知らずの初めての土地へ、何のアポイントもとらず、ただパンを買いに行く。無謀と言えば無謀でしょうが、フリーライターの勘というか、強く導かれるものがありました。

Dscn4567降り立ったのは、近鉄線の大和郡山駅。

アポロさんのHPにあった地図を頼りに、いざ!
「これで大丈夫かいな???」と不安になりながらも、昭和の町並・商店街を遠足のような気分で歩いて行くと‥‥


Dscn4568Dscn4572Dscn4571源九郎稲荷神社の表示を発見‥‥

「きっと、源九郎さんという超男前な人が祀られたお稲荷さんに違いない。男前さんに、商売繁盛のお願いを‥‥」と脇道に入ったら、奈良にも町家がありました。


Dscn4577地図では本来、徒歩10分の道のりを、およそ25分くらい彷徨って、アポロさん発見!

恋しい御方と初めてお逢いするときのように、満面の笑みを称え「こ〜んにちは〜!」と入って行くと‥‥ ホームページで見たお顔の職人さんが、ガラス張りの工房でパンをこしらえておいででした。
パンの棚の向こうにはイートインスペースが。先客がおられたから、はやる気持ちを抑え、はしゃぎ過ぎないように、大人しく、もの静かにと努めました。

Dscn4580_2さて、ここからいよいよ「豆パン」の話しが始まります。

店内で食べたパンのこと、お店の方々との語らい、第2ラウンドのお買い物‥‥、カフェスペースに置かれた手づくりの本のこと‥‥、

豆パン屋 アポロ  〜 To be continue 〜

« 空寂と「三色お豆のタルト」 | トップページ | 「豆パン屋 アポロ」探検 その2 »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31142303

この記事へのトラックバック一覧です: 「豆パン屋 アポロ」探検 その1:

« 空寂と「三色お豆のタルト」 | トップページ | 「豆パン屋 アポロ」探検 その2 »