« 奈良と言えば・・・ | トップページ | 希な望み »

家庭料理のちょぼちょぼ

月末日、今月も方々への支払いが滞りなくできたことを喜びながら、京丹波の黒豆甘納豆でお茶を一服。明日は「おついたち」、お赤飯の用意をせねば‥‥

最近つくった料理を載せておきます。ホントはほぼ毎日自炊してるけど、豆っぽいのしか写真に収めることを致しません。

Dscn4533黒千石大豆ご飯

長谷川清美さんのご著書「べにや長谷川商店の豆料理」P102に掲載されています。
「黒千石」とは、見た目はとっても小さな黒豆。黒い薄皮の内側は緑色をしています。お米と一緒にそのまま炊くと硬すぎてNG。炊く前によく「から煎り」しておくことがポイントです。
本の写真では、黒千石の黒い色が紫色っぽくご飯に色移りして、きれい。煎った大豆の香ばしさも、ご飯にほんのり移り香となって、いい感じです。
私のは紫色というより、なんとなく茶色っぽい?

Dscn4532とら豆入り ひじきペペロンチーニ

とら豆の試作を繰り返していたら、キッチンと冷蔵庫が、とら豆だらけになりました。何にでもとら豆をどしどし使って、早くはけさせようと、とりあえず合わせました。
ひじきペペロンチーニがおいしいので、とら豆に関係なく◎
お好みで、アンチョビーペーストを加えると、なお Good!


Dscn4677めぐりんさんの雑穀おかず

よくお邪魔する めぐりんさんのブログ「はと麦」の8月26日に掲載されていた料理です。
材料は見様見真似で、しめじ、オクラ、タマネギ、いなきび(辻本の親分からいただきもの)を使いました。「味付けは酢、味醂、醤油」とのことでしたが、あいにく味醂どころか日本酒さえも買い置きがなく、省略。
それでも美味しいと感じたのは、めぐりんパワーと親分熱のおかげ?

« 奈良と言えば・・・ | トップページ | 希な望み »

なんでもないようなこと」カテゴリの記事

コメント

めぐりんさま

「適当に作る」って、いいコトバですよね。

家庭料理は四角四面につくるより、冷蔵庫の中身や
台所の流しの下などと相談しつつ、程よく「適当」が
おいしいんだと思います。
計量スプーンや計量カップも、2回目につくる料理は
使わないことも多いです。適当=大雑把? (*^-^)

のどかさんありがとうございます。作って下さったのですね。美味しかったのはのどかさんが上手だったからです☆お皿の形も似ていて自分の写真かと思ったくらいです。私も何時も適当に作ります(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31186429

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭料理のちょぼちょぼ:

« 奈良と言えば・・・ | トップページ | 希な望み »