« 「豆パン屋 アポロ」探検 その1 | トップページ | 奈良と言えば・・・ »

「豆パン屋 アポロ」探検 その2

奈良県大和郡山市にある「豆パン屋 アポロ」さんを訪ねました。ここから先は、昨日の続きです。

Dscn4587Dscn4580第1ラウンドで買ったパン

一体、お前の胃袋はいくつあるんだ‥‥ というくらいたくさん、調べておいた名前のパンをトレイにとって、レジで梅スカッシュもお願いして、お勘定は締めて1,791円でした。

午後2時は回っていたと思います。テイクアウトのパンを買い求める人々が、引っ切りなし。アポロは、町の人気者パン屋さん (o^-^o)

Dscn4581_2Dscn4582Dscn4583Dscn4584記憶にある限り‥‥

◎バナナとクルミのケーキ‥‥集合写真の右上のパウンドケーキ。すごく相性良しの組み合わせ。
◎ひよこ豆カレー(パン)‥‥集合写真の右下のパン。カレーも絶品でした。
◎赤ワインとうずら豆ドーナツ‥‥集合写真の次、ジュースの横。うずら豆のパンは遠軽町以来!
◎黒豆きなこワッサン‥‥ジュースの次の写真、ザリガニみたいな形がキュート。さくさく香ばしい。
◎フライ THE モンキー‥‥ザリガニ横の小判型の揚げパン。緑豆+バナナ+ココナッツ、キャ〜
◎玄米と黒豆(パン)‥‥ザリガニ横のまん丸と、その隣の割った写真。食事パンにGood!


第2ラウンド 持ち帰り用に買ったパン
ナーン 焼きそばパン あんこの入ったデニッシュ系のパン バナナとココナッツの入ったドーナツ‥‥(詳しいパンの紹介は、アポロさんのHPにて

ふつうのパン屋さんとアポロさんの違うところ・・・
ふつうのパン屋さんで使う豆は、小豆、手亡豆、青えんどう、くらいです。
ちょっと気の利いたパン屋さんですと、ひよこ豆やレッドキドニー、黒豆、枝豆なども使われます。
アポロさんは、その気の利いたパン屋さんプラス、うずら豆、大豆、緑豆なども使われています。

その上、アポロさんほどたくさんの「豆パン」を製造販売するパン屋さんを、私はほかに知りません。
昨日も書いたけど、アポロさんのホームページ、手づくり感あふれる とってもやさしい味が伝わってきます。ご主人・征四郎さんのつくるパンとおんなじやさしさが‥‥

全国の豆好きさん、パン好きさん、大和郡山の「豆パン屋 アポロ」さんへGO!
あ、でも、9月2日(水)までは夏休みです。ご用心。

Dscn4585右は奥さまのアキエさん。接客と企画担当。アポロの本もアキエさん作ですよね。

真ん中が“おっちゃん”こと、大淵征四郎さん。
1966年6月生まれ。福岡市早良区出身!!(偶然です・オドロキ)
朝の8時焼き上がりに間に合わせるため、午前3時前から仕込みをしているそうです。。。

豆パン屋 アポロ 〒639-1132 奈良県大和郡山市高田口町40-4
TEL 0743-52-8106 営業 8時から18時くらい 定休日 毎週水曜日と第1・3日曜日

« 「豆パン屋 アポロ」探検 その1 | トップページ | 奈良と言えば・・・ »

豆・豆料理探検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003783/31144020

この記事へのトラックバック一覧です: 「豆パン屋 アポロ」探検 その2:

« 「豆パン屋 アポロ」探検 その1 | トップページ | 奈良と言えば・・・ »